PIONEER A-700
STEREO AMPLIFIER ¥82,000
1979年に,パイオニアが発売したプリメインアンプ。アメリカのスレッショルド社の「ダイナミックバイアス・クラスA」
に端を発する可変バイアス方式による疑似A級動作のノンスイッチング方式は,1970年代後半には,日本の各
メーカーのアンプに様々な名称で採用されるようになりました。パイオニアも1979年にA-900,A-700,A-500
といったプリメインアンプのシリーズに初搭載し発売しました。A-700は,その中の中核機種といったモデルでした。
一般的なプッシュプル方式のアンプでは,交流波形のプラス側とマイナス側を独立して別の出力トランジスターで増
幅し,波形を合成するようになっています。その際,常にプラス側からマイナス側という風に切り替えのスイッチング
が行われているため,合わせ目でスイッチング歪みやクロスオーバー歪みが発生していました。バイアス電流を少
可変とすることでコントロールし,常に電流が両波形のトランジスターに流れるようにしてこれらの歪みを抑えたの
が「ノンスイッチング方式」でした。
パイオニアの「ノンスイッチングアンプ」は,ノンスイッチング・サーボモジュールに内蔵されたハイスピード・バイアス
サーボ回路により,入力信号の強弱に応じて,終段トランジスターのバイアス電流をコントロールし,トランジスター
を常に能動領域で動作させるもので,通常の音楽再生では,どのような入力信号が入ってもトランジスターはスイッ
チングしないようになっていました。しかも,入力信号に応じてバイアス電流が変化するため電力効率が良く,比較
的容易に大出力が取り出せるというものでした。そして,バイアス回路がスイッチングしたり,バイアス電流が出力
点に流れることもないため,信号系回路はもちろんバイアス回路も含めた全パワーステージがスイッチングしない完
全なノンスイッチングの回路構成となっていました。
さらに,従来からのアイドル電流に加えて入力信号に応じてコントロールされるノンスイッチング動作のためのバイ
アスが付加され,パワートランジスターの動作点が最適ポイントに設定されるため,プラス側とマイナス側の波形が
合成されてもスムーズに合成され,クロスオーバー歪みが低減され,トータルで高次高調波歪みが低減されていま
した。
また,ノンスイッチングアンプとなっているパワーアンプには,前段にパイオニア独自の新カレントミラー回路が採用
され,終段には高域特性にすぐれた集団トランジスター(EBT)が採用され,広帯域にわたって低歪率が確保されて
いました。
全体の回路構成は,MCヘッドアンプ,イコライザーアンプ,パワーアンプからなり,イコライザーアンプとパワーアンプ
は,DCサーボ回路によって不要な超低域(パワーアンプは1Hz以下,イコライザーアンプは0.2Hz以下)をカットし
信号経路のカップリングコンデンサーが排除されたDCアンプとなっていました。
さらに,新たに搭載されたラインストレートスイッチをONにすると,トーン回路やラウドネススイッチだけでなく,バラン
スボリューム,MODEスイッチまでもパスすることになり,入力信号をパワーアンプにダイレクトに送り込むことができ
るようになっていました。
MCヘッドアンプは,初段にローノイズトランジスターを使った3段直結型DC構成が採用され,SN比は73dB(100μV
感度)を確保しつつ,ハイゲイン(28dB)低歪率が実現されていました。また,HIGH(100Ω),LOW(33Ω)2段切
換のMCカートリッジロード切換が装備されていました。
イコライザーアンプは,デュアルFET入力,DCサーボ回路により,入力,出力ともカップリングコンデンサーのないDCア
ンプとなっており,パイオニア独自の新カレントミラー差動回路と終段SEPPにより,超低歪率と高SN比90dBが実現
されていました。カートリッジロード切換は,負荷抵抗,負荷容量がそれぞれ独立して切換えられる設計で,負荷容量
は,100,200,300,400pFの4ポイント,負荷抵抗は10k,25k,50k,100kΩの4ポイントで,組み合わせるこ
とにより16種類の特性の設定が可能となっていました。
トーンコントロール回路は,初段デュアルFET,新カレントミラー差動,終段エミッタフォロワーのNF型で,低歪率,高
SN比が実現されていました。また,15Hz(−12dB/oct)のサブソニックフィルターも搭載され,ラインストレートスイッ
チONの際にもはたらくようになっていました。
電源部は,大型の電源トランスとコンデンサーが搭載され,しっかりした電源部が構成されていました。また,パワーア
ンプ基板,イコライザーアンプ基板にそれぞれの電源を組み込んだダイレクトパワーサプライ方式が採用され,コードの
引き回しのない低インピーダンス化実現されていました。同時に,大信号回路と小信号回路間の相互干渉も低減され
ていました。電源の回路構成はインバ〜テッドダーリントンで,高帯域にわたって低インピーダンス特性が確保されて
いました。さらに,MC回路基板からトーンアンプ基板まで厚い銅板でアースを連結するなど,入念なアース設計が行わ
れていました。

パーツの面では,微少な歪みの原因も徹底的に追求し,音質に影響のある箇所のコンデンサーや抵抗類を非磁性化
していました。パワートランジスターのエミッター抵抗には銅リード抵抗,ボリュームにも銅端子低インピーダンスタイプ
が使用されていました。コンデンサーには,オーディオ用電解コンデンサーが使用され,インダクタンス成分を抑え,電
流変化に対するインピーダンスのノンリニアを解消していました。
以上のように,A-700は,A-900を頂点とする第1世代ノンスイッチングアンプのシリーズの中核機として,機能と性能
のバランスのとれた使いやすいプリメインアンプでした。上級機のA-900がゆったりとした朗々とした音であったのに対
し,中庸ながらも少し引き締まった音を持っていました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



90W+90Wのノンスイッチングアンプ。
音の純度を高める
ラインストレートスイッチ。

◎スイッチング歪みを完全に解消した
 ノンスイッチングアンプ。
 音の透明度と力強さを両立させています。
◎純粋な音の透明感を大切にした,
 ラインストレートスイッチを装備。
◎イコライザーアンプとパワーアンプには
 DCサーボ回路を採用。
 カップリングコンデンサーによる
 音への影響を取り除いています。
◎電源のインピーダンスを下げ,動特性を高めた
 ダイレクトパワーサプライ。
◎信号経路から,音質に悪影響のある磁性体を追放。
 微少な歪みの発生もおさえています。
◎MCカートリッジをダイレクトに接続できる
 MCヘッドアンプを内蔵。
◎DCサーボ回路でカップリングコンデンサーを除いた
 イコライザーアンプ。C・R独立のカートリッジロード
 切換えを装備。




●主な仕様●

実効出力 90W+90W(20Hz〜20kHz,両チャンネル駆動,8Ω)
高調波歪率
(20Hz〜20kHz)
0.007%(実効出力時)
0.005%(45W出力時,8Ω)
混変調歪率
(50Hz:7kHz=4:1)
0.005%(実効出力時)
0.003%(45W出力時,8Ω)
出力帯域幅 5Hz〜100kHz(IHF,両チャンネル駆動,歪率0.05%)
出力端子 TAPE REC:150mV/2.5kΩ
SPEAKER:A,B,A+B
ダンピングファクター 60(20Hz〜20kHz,8Ω)
入力端子
(感度/入力インピーダンス)
PHONO(MM):2.5mV/10kΩ,25kΩ,50kΩ,100kΩ
           負荷容量100pF,200pF,300pF,400pF
PHONO(MC):0.1mV/33Ω,100Ω
TUNER,AUX,TAPE PLAY1・2:150mV/50kΩ
PHONO最大許容入力
(1kHz,THD0.005%)
MM:300mV
MC:12mV
周波数特性 PHONO(MM):20Hz〜20kHz±0.2dB
TUNER・AUX・TAPE PLAY:5Hz〜200kHz +0,−3dB
SN比
(IHF,Aネットワーク,ショートサーキット)
PHONO(MM):90dB
PHONO(MC):73dB
TUNER・AUX・TAPE PLAY:110dB
トーンコントロール BASS:±10dB(100Hz)
TREBLE:±10dB(10kHz)
フィルター LOW:15Hz(12dB/oct)
ラウドネスコンター
(ボリューム−40dB時)
LOW:+6dB(100Hz)
HIGH:+3dB(10kHz)
アッテネーター −20dB
電源電圧 AC100V,50/60Hz
消費電力 250W(電気用品取締法)
外形寸法・重量 460W×135H×404Dmm・14.7kg

※ 本ページに掲載したA-700の写真,仕様表等は1980年9月のPIONEER
のカタログより抜粋したもので,パイオニア株式会社に著作権があ ります。した
がって,これらの写真等を無断で転載・引用等することは法律で禁じら れていま
すのでご注意ください。


★メニューにもどる             
 
★プリメインアンプPART7のページにもどる



現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp

inserted by FC2 system