A-X900の写真
Victor  A-X900
STEREO INTEGRATED AMPLIFIER ¥79,800

1983年に,ビクターが発売したプリメインアンプ。1981年に発売されたプリアンプP-L10に初めて 採用され
Gm プロセッサーをベースにして「Gmサーキット」の技術を新開発し,プリメインアンプに初搭載したモデルが
A-X900でした。

「Gmサーキット」の技術は,もともと電流増 幅素子であるトランジスターをストレートに機能させるための,電圧・
電流変換増幅方式という技術で,A-X900 では,イコライザーアンプを除くすべての増幅段に搭載されていまし
た。

実使用時のアンプの音質に大きな影響のあるボリュームには,「Gmボリューム」が搭載されていました。電圧
電流変換増幅方式によるGmボリュームは,通常の減衰量可変型の可変抵抗に対し,ボリューム自身が増幅
機能を持つボリューム回路で,マキシマム位置では従来方式のボリュームと同等のS/N比ですが,ボリューム を
絞れば絞るほどノイズも減少し,実使用時のS/N比がすぐれていました。また,ボリューム素子(抵抗素子) が信
号経路に直接入らない形になるため,歪みやクロストークなどの音質劣化が少ないという特長も併せもっていま
した。Gmボリュームでは,さらに,3段階のパワー段のゲイン切換スイッチである「Gmセレ クター」が装備され,
実使用時におけるアンプの不要増幅度をカットして残留ノイズを5〜10dB低減させ,Gmボリュームとの併用に
より,実使用時のS/N比は10〜25dBの改善が実現されるということでした。

A-X900のボリューム

電力増幅段(パワー段)ををドライブする電圧増幅段(プリドライブ段)には,電圧・電流変換増幅を応用した「Gm
ドライバー」が搭載されていました。Gmドライバーは,パワー段を定電圧駆動することで出力インピーダンスを低
減し,周波数特性をフラットに保つ働きをするということでした。これにより,パワー段は,スピーカーのインピーダ
ンス変動や逆起電力などの影響を抑え,パワートランジスター自体の歪みも抑え,高忠実度な信号送り出しを実
現していました。
パワー段は,出力トランジスターのスイッチング歪みを可変バイアス方式により抑えるビクター自慢の「スーパーA」
をさらに改良した「ダイナミック・スーパーA」を 搭載し,上記のGmドライバーとの組み合わせにより,さらに安定し
たスピーカー駆動力を誇り,スペック的にも 150W+150W(8Ω,THD0.003%)という大出力のパワー段とな
っていました。

全体の回路構成は,プリメインアンプという形を生かし,パワーアンプとイコライザーアンプだけというシンプ ルな2
アンプ構成となっていました。イコライザーアンプは,入力にビクター自慢のEL・FETを使用したハイゲインDCサ
ーボイコライザーで,MCカートリッジにも対応していました。新技術を駆使した極低歪率イコライザーが採用 され
DCサーボも,中低域での動作レベルをDC領域よりもずっと低く抑えて,イコライザーの裸特性を改善した デュア
ル・スロープDCサーボ回路が搭載されていました。

電源部は,大容量の電源トランスと18,000μF×2の電解コンデンサーが搭載されていました。この広帯 域ロー
インピーダンスの大容量電解コンデンサーをパワー段の基板上に配置したうえに,大電流が流れるパワー・トラ ン
ジスターには太い銅板バス・バーで給電するダイレクト・パワーサプライが採用されていました。また,電源イ ンピー
ダンスによる干渉歪を排除するために,前後段独立方式シャント・ロック電源が採用されていました。

A-X900の内部

コンストラクション,パーツの面でも,各部に配慮が行われていました。パワーアンプの電磁的・静電的干渉で イコ
ライザーアンプに歪を誘発することを防ぐために,大型ヒートシンクを利用して回路基板をセパレートし, PHONO
端子をはじめとするリア・パネルの入力端子はすべて基板へダイレクトに接続されていました。入力端子には, 時
代に合わせDAD表示の端子も設けられ,テープ回路は3系統設けられ,そのうち1系統はメタルカバー付きの フ
ロント端子として装備されていました。そのほか,セラミック・ケース入りの無接点・無誘導・無共振化エミッ ター抵
抗や高速ダイオード,低雑音ツェナー・ダイオードなど,音質重視の素子が使用されていました。

以上のように,A-X900は,プリメインアンプの中級機ながら,Gmサーキットをはじめ各部に上級機で開 発された
ビクター持ち前の技術を投入し,しっかりと物量も投入された力の入った1台でした。バランス のとれた,音楽を楽し
く聴かせる音をもつ,コストパフォーマンスの高いプリメインアンプでした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹 介します。



Gmサーキットがアンプを一新する。

◎デジタルソースの真価を生かす
 高S/N Gmサーキット。
 (GmボリュームとGmセレクター)
◎Gmドライバーでスピーカー実装時の
 動特性と駆動力を大幅に改善,
 ダイナミック・スーパーA
 リアル・ハイパワー・アンプ。
◎DADやフロント・テープ端子をはじめ
 充実した入力端子とコントロール機能。
◎ダイレクト・パワーサプライを基本に
 オーバーオールな極低歪率化設計。

●高級カメラ・フィーリングのノン・クリアランス・
 ボリューム・ノブ。
●不必要な超低域と超高域の変化量を抑えた,
 音のよいトーンコントロール回路。
●着脱式のメタル・カバー付きフロント・テープ
 入出力端子。




●A-X900仕様●



■回路方式■

イコライザーアンプ部 ICL,初段EL-FET,MC/MMデュアルスロープ
DCサーボ・ハイゲイン・イコライザーアンプ
パワーアンプ部 Gmサーキット+ダイナミック・スーパーAハイゲイン・パワーアンプ
電源部 ダイレクト・パワーサプライ(パワー段)



■総合特性■

実効出力
DAD,TUNER,AUX,TAPE→SP OUT=
 150W+150W(20Hz〜20kHz,8Ω,THD0.003%)
 160W+160W(2kHz,8Ω,THD0.0005% 
           BY JVC AUDIO ANALYZER SYSTEM)
全高調波歪率
DAD,TUNER,AUX,TAPE→SP OUT=
 0.003%(実効出力時,20Hz〜20kHz,8Ω)
 0.0005%(実効出力時,1kHz,8Ω
           BY JVC AUDIO ANALYZER SYSTEM)
PHONO・MM→SP OUT=
 0.007%(実効出力時,20Hz〜20kHz,8Ω,VOL−30dB)
混変調歪率 DAD,TUNER,AUX,TAPE→SP OUT=
 0.001%(60Hz:7kHz=4:1,実効出力時,8Ω)
スイッチング歪
TIM歪 0(LPF fc=100kHz)
出力帯域幅 5Hz〜60kHz(IHF,両ch動作,8Ω,THD0.05%)
(DAD,TUNER,AUX,TAPE→SP OUT)
周波数特性 2Hz〜100kHz(+0,−3dB)
(DAD,TUNER,AUX,TAPE→SP OUT)
ダンピングファクター 80(1kHz,8Ω)
(DAD,TUNER,AUX,TAPE→SP OUT)
入力感度/インピーダンス
 (1kHz)
PHONO(MM) 2.5mV/47kΩ
PHONO(MC) 200μV/100Ω
DAD,TUNER,AUX,TAPE 200mV/39kΩ
SN比 PHONO(MM) 86dB(IHF-Aショートサーキット)
           83dB(新IHF)
PHONO(MC) 70dB(IHF-Aショートサーキット,250μV入力)
           75dB(新IHF)
DAD,TUNER,AUX,TAPE 110dB(IHF-Aショートサーキット)
                     92dB(新IHF)
トーンコントロール BASS   100Hz±8dB
TREBLE  10kHz±8dB
サブソニックフィルター 18Hz−6dB/oct
ラウドネス 100Hz+4dB
ミューティング −20dB



■イコライザーアンプ部■
(PHONO→REC OUT)

PHONO最大許容入力 MM 150mV(1kHz,THD0.002%)
MC 11mV(1kHz,THD0.003%)
PHONO RIAA偏差 MM ±0.2dB(20Hz〜20kHz)
MC ±0.2dB(20Hz〜20kHz)
全高調波歪率 MM 0.002%(7V出力時,20Hz〜20kHz)
MC 0.008%(7V出力時,20Hz〜20kHz)
REC出力電圧/インピーダンス 200mV/660Ω




■電源部その他■

電源電圧 AC100V(50/60Hz)
定格消費電力 225W(電気商品取締法基準)
電源コンセント SWITCHED    2コ
UNSWITCHED 1コ
寸法/重量 435W×149H×406mm/12.6kg

AX-S900の写真
Victor AX-S900
STEREO INTEGRATED AMPLIFIER ¥79,800

1985年に,A-X900はモデルチェンジを行い,AX-S900が登場しました。基本的な部分は受け継が
れ,いくつかの改良・強化が施されていました。

第1の強化点として,新たにCDダイレクト・スイッチが設けられ,ソース切換やテープモニターなどのファ
ンクション・スイッチとフィルター類をジャンプして,パワーアンプ部に直接CDの信号を送る形がとれるよ
うになっていました。欠くことのできない入力ボリュームあるいはアッテネーターによる入力インピーダン
スの変動の問題に対しては,電圧・電流変換増幅Gmサーキットによってアンプそのものがボリュームの
働きをし,入力インピーダンスも一定に保たれるため,すぐれた直結の形が得られるようになっていまし
た。
第2の強化点として,PHONOイコライザーにも電圧・電流変換増幅Gmサーキットが採用されていたこ
とがありました。NF型では得難いすぐれた過渡特性とCR型では得難い高S/N,高リニアリティが矛盾な
く両立する,一般的なNF型とCR型の長所を併せもつ高性能イコライザーとなっていました。これにより
上級機A-X1000と同じく全信号回路にGmサーキットが採用される形になりました。
そのほかの強化点として,電源部の見直しがありました。信号経路のなかにあるオーディオ・トランスと考
えて,ワイドレンジ化が徹底され,高い周波数までローインピーダンスを保って損失を極小化するとともに
外乱ノイズの影響を受けにくく,みずから発生するノイズも少ない独自の構造とした,新開発のワイドレン
ジ・トランスが電源部の中核にすえられていました。

新開発ワイドレンジ・トランス

外観上分かる大きな変化として,サイドウッドが装備され,増加した重量(14.1kg)を支える大型のフッ
トが新たに採用され,上級機のA-X1000を思わせるような外観となっていました。音質的にも,ビクター
らしい音楽を楽しく聴かせる,よりバランスのとれた音に仕上げられていました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



CD DIRECT虹色の感動,Gmアンプへ一直線。
新電源がささえる全段Gmサーキット,
休止符まで生きている。


◎CD が生きるハイグレードの極致へ,
CDダイレクト・スイッチONで,
Gmアンプにダイレクト・イン。
◎アンプの残留ノイズを最大25dBも
低減,GmボリュームとGmセレクター。
◎電源思想を革新するニュー・トランス搭載,
広帯域,ローインピーダンス,極大容量。
◎160W+160W(6Ω)のハイパワー,
ハイクオリティGmパワーアンプ。
◎全信号回路をGmサーキット化,
Gmイコライザーでアナログ・ディスクも
MCダイレクト,極上のクオリティ。

●テープ3入出力端子をフロント・パネルに装備。また
 5ポジションのフル・モード・セレクターでモノ・ソースに
 も全面対応。デジタル/AV時代にふさわしい多彩なコ
 ントロール機能をそなえています。
●DCとPHONO入力端子は金メッキ。錆びにくく,高い
 接触効果を長時間維持します。
●総重量14.1kg(サイドウッド取付け時)のヘビィウェ
 イト・アンプをガッチリと支える大型フット。ピュアな音質
 を守ります。
 ●パラレル駆動もできる2系統スピーカー・セレクター・ス
 イッチ。



●AX-S900仕様●

■回路方式■

イコライザーアンプ部 ICL,初段EL-FET,MC/MMハイゲイン
Gmイコライザーアンプ
パワーアンプ部 Gmサーキット(Gmボリューム/Gmセレクター/Gmドライバー)
+ダイナミック・スーパーAハイゲイン・パワーアンプ
電源部 ダイレクト・パワーサプライ


■総合特性■
<(CD)はCD DIRECTスイッチON時>

定格出力
(CD)=
 160W+160W(6Ω,20Hz〜20kHz,THD0.006%)
 150W+150W(8Ω,20Hz〜20kHz,THD0.003% 
           BY JVC AUDIO ANALYZER SYSTEM)
全高調波歪率
(CD)=
 0.003%(定格出力時,20Hz〜20kHz,8Ω)
(PHONO・MM)=
 0.007%(定格出力時,20Hz〜20kHz,8Ω,VOL−30dB時)
混変調歪率 (CD)=
 0.001%(60Hz:7kHz=4:1,定格出力時,8Ω)
スイッチング歪
TIM歪
出力帯域幅 7Hz〜60kHz(IHF,両ch動作,8Ω,THD0.05%)
(CD)
周波数特性 3Hz〜100kHz(+0,−3dB)
(CD,TUNER,AUX,TAPE→SP OUT)
ダンピングファクター 80(1kHz,8Ω)
(CD,TUNER,AUX,TAPE→SP OUT)
入力感度/インピーダンス
 (1kHz)
PHONO(MM) 2.5mV/47kΩ
PHONO(MC) 200μV/100Ω
CD,TUNER,AUX,TAPE 200mV/39kΩ
SN比 PHONO(MM) 86dB(IHF-Aショートサーキット)
           83dB(’78IHF)
PHONO(MC) 70dB(IHF-Aショートサーキット,250μV入力)
           75dB(’78IHF)
CD,TUNER,AUX,TAPE 110dB(IHF-Aショートサーキット)
                     92dB(’78IHF)
トーンコントロール BASS   100Hz±8dB
TREBLE  10kHz±8dB
サブソニックフィルター 18Hz−6dB/oct
ラウドネス 100Hz+4dB
ミューティング −20dB



■イコライザーアンプ部■
(PHONO→REC OUT)

PHONO最大許容入力 MM 150mV(1kHz,THD0.002%)
MC 11mV(1kHz,THD0.003%)
PHONO RIAA偏差 MM ±0.2dB(20Hz〜20kHz)
MC ±0.2dB(20Hz〜20kHz)
全高調波歪率 MM 0.002%(5V出力時,20Hz〜20kHz)
MC 0.008%(7V出力時,20Hz〜20kHz)



■電源部その他■

電源電圧 AC100V(50/60Hz)
定格消費電力 270W(電気商品取締法基準)
電源コンセント SWITCHED    2コ
UNSWITCHED 1コ
寸法/重量 475W×157H×406mm/14.1kg(サイドウッド取付け時)

※ 本ページに掲載したA-X900,AX-S900の写真,仕様表等は,
 1983年9月,1985年10月のVictorのカタログより抜粋したもの
 で,日本ビクター株式会社 に著作権があります。したがってこれらの
 写真等を無断で転載・引用等することは法律で禁じられていますの
 でご注意ください。

 

★メニューにもどる
  
 
★プリメインアンプPART6のページにもどる

 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あ るいは,思い出や印象の
ある方そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
inserted by FC2 system