アナログプレーヤーのコーナー
                                           PART2
 かつてはオーディオシステムの中で中心的役割を果たしていた
アナログプレーヤー。国産機の中にも数多くの名機・銘機,はたま
た迷機がありました。デジタル時代の今では,忘れ去られたかのよ
うなアナログプレーヤー。今,その時代を振り返ってみましょう。
アナログの名機たちも取り上げる機種数が多くなってきたのでいよ
いよ2ページ目に入ります。
 
 
SR-929のページへ
SANSUI SR-929
サンスイが1976年に発売したマニュアルプレーヤー。アンプでは有名な
サンスイもアナログプレーヤーの分野ではあまり知られていませんが,本
機は,突如といった感じで出てきた力作でした。ピアノフィニッシュの美しく
頑丈なキャビネット,高感度のナイフエッジ方式のアーム,クォーツ制御の
高精度なターンテーブルなど,価格からは考えられないほど充実した内容
を持つ名機だったと思います。

GT-2000xのページへ
YAMAHA GT-2000x
ヤマハが1985年に発売した重量級プレーヤー。アナログのコーナーの
1ページ目で紹介したGT-2000/2000Lのスペシャルモデルで,ターン
テーブルシャフト,キャビネットなどを強化し,ベースモデルのGT-2000
をさらに強力なものにしていました。¥320,000はさすがに高価ですが
現在ではこれだけの内容のプレーヤーをこの価格ではとうてい作れない
ことでしょう。

SZ-1T/SZ-1Mのページへ
MICRO SZ-1
超弩級のアナログプレーヤーで名をはせているマイクロの中でも恐らく
頂点に立つと思われる超超弩級機がこのSZ-1でした。ターンテーブル
の「エアーベアリング」による浮上のみならず,レコードの吸着,さらに,
モーターの軸受け部の摩擦をなくすためにモーターユニットまでに「エア
ーベアリング」を取り入れた徹底した設計は驚異的なものでした。しかし
理想を追求するあまり,重量や価格の面で超超弩級となってしまい,
1983年に発売されたものの,短命に終わり,幻の名機となってしまい
ました。

XR-Q7のページへ
SANSUI XR-Q7
サンスイが1981年に発売したフルオートプレーヤー。外観はオーソドック
スなプレーヤーですが,ターンテーブルの回転変動によるキャビネットの振
動を抑えるための「サイレントシンクローター」というユニークな仕組みをター
ンテーブル下部に備えた私にとってある意味記憶に残る個性的なプレーヤー
でした。

PX-3のページへ
YAMAHA PX-3
ヤマハが1981年に発売したリニアトラッキング方式のプレーヤー。PX-1
PX-2とリニアトラッキング方式の高級プレーヤーを出してきたヤマハがよ
り身近な価格で出してきたプレーヤーでした。しかし,それまでに上級機
で蓄積した技術やノウハウを注いで作られていたため,上級機に負けず
優れた性能と操作性を持っていました。洗練されたそのデザインも印象的
でした。

SX-777のページへ
MICRO SX-777
マイクロが1982年に発売したアームレスプレーヤーシステム。同社の
超弩級機SX-8000,5000シリーズを音楽ファン向けにソフィストケート
して,よりプレーヤーらしい形にした高級機といった感じのモデルでした。
同社の超弩級機のようなメカメカしさは感じられないものの,中身に投入
された「エアーベアリング方式」をはじめとする高精度な技術は,滑らかな
回転を実現し,アームの性能を引き出してくれる,超高性能なターンテー
ブルとなっていました。

SL-1200シリーズのページへ
Technics SL-1200
テクニクスが1972年に発売したプレーヤーシステム。「SL−1200シリー
ズ」は,(2001年)現在でも,現役の機種であるため懐古録といえるのか
とも思いましたが,初代から,モデルチェンジを受けながら,超ロングセラー
を続けている名機ということで取り上げました。その安定性と信頼性が世界
中で認められた名機といえるでしょう。

SL-M1のページへ
Technics SL-M1
テクニクスが1983年に発売したプレーヤーシステム。比較的メカニックな
デザインが多いテクニクスの中ではウッドキャビネットが目立ちますが,恐
ろしくオーソドックスにまじめに作られたプレーヤーで,価格から考えられ
ないほどしっかりした中身を持っていました。

QL-A70のページへ
Victor QL-A70
ビクターが1983年に発売したマニュアルプレーヤーシステム。オーソドック
スな作りですが,重量級のターンテーブル,優れた性能のトーンアーム,美
しいキャビネットを持つプレーヤーシステムでした。今から見ると「これほどの
プレーヤーがこの価格で!」といった感じを持つのは私だけではないでしょう。

LT-5Vのページへ
DIATONE LT-5V
ダイヤトーンが1980年に発売したフルオートプレーヤー。リニアトラッキング方
式を採用し,縦型というユニークな形式を採用した1台として記憶に残っている
方も多いでしょう。

PL-88Fのページへ
PIONEER PL-88F
パイオニアが1981年に発売したフルオートプレーヤーシステム。アナログ
プレーヤーにフロントローディングというカタチを導入し,セッティングの自由
度を高めた1台でした。テクニクスのジャケットサイズ,ダイヤトーンの縦型
とはまた違った意味でユニークな存在として記憶に残る1台だと思います。

QL-Y7のページへ
Victor QL-Y7
ビクターが1979年に発売したプレーヤーシステム。ソニーなどとともに
ビクターも早くから電子制御アームに取り組んでいたブランドで,ビクタ
ーらしい美しいキャビネットが印象的な1台でした。

Tt-1000のページへ
marantz Tt-1000
マランツが1980年に発売したプレーヤーシステム。硬質ガラスとアルミを
組み合わせたキャビネットが美しいプレーヤーでした。デザインだけでなく
正攻法で無共振を追い求めたその設計は,名機として記憶に残る1台だ
ったと思います。

DP-59Lのページへ
DENON DP-59L
デンオン(現デノン)が1984年に発売したアナログプレーヤー。それまでの
デンオンのプレーヤーとは違ったイメージのオーソドックスなデザインの中に
ACサーボモーター,デンオンクォーツといった伝統の技術を投入し,電子制
御アームをも搭載した使いやすい高性能プレーヤーでした。

DQX-1000のページへ
MICRO DQX-1000
マイクロが1978年に発売したターンテーブルシステム。回転メカニズムの「原器」
とマイクロ自身が称していたとおり,キャビネットのないターンテーブルそのものの
デザインはシンプルで美しく,また,アームを使い分けたりしてアナログを楽しむ
オーディオファンに使いやすい設計でした。

DP-EC1のページへ
DIATONE DP-EC1
1976年にダイヤトーンが発売したフルオートプレーヤー。フルオート機構の制御に
電子制御を取り入れた国産初の電子制御プレーヤーとして画期的な1台でした。そ
のキャビネットの内部がパーツでぎっしり埋まっている様子は,このプレーヤーを作り
上げたダイヤトーンの技術者の情熱が感じられます。

AR-110のページへ
AUDIOCRAFT AR-110
1983年にオーディオクラフトが発売したプレーヤーシステム。オーディオクラフトは
ワンポイントサポート・オイルダンプ方式トーンアームやイコライザーアンプなどアナ
ログの分野で趣味性の高い製品を作っているブランドですが,このAR-110もフロ
ーティング式キャビネット,ベルトドライブ方式など,ひと味違った個性を感じさせる
1台だったと思います。

PX-1のページへ
YAMAHA PX-1
1977年にヤマハが発売したフルオートプレーヤーシステム。同社初のリニアトラッ
キング方式アーム搭載機で,機能的で精悍なデザインをもっていました。後に続く
PX-2,PX-3の上位に当たる1台で,これらと比べても最も贅を尽くした内容を持
った最高級機でした。

PS-B80のページへ
SONY PS-B80
1978年にソニーが発売したフルオートプレーヤー。電子制御アーム「バイオトレー
サー」を搭載したプレーヤーの第1号機で,後に,ESPRITブランドのプレーヤーと
して売られていた当時のソニーを代表する高級機でした。

YP-D10のページへ
YAMAHA YP-D10
1977年にヤマハが発売したプレーヤーシステム。ターンテーブル,アーム,
キャビネットと各部がオーソドックスかつしっかりと作り上げられた音質重視の
マニュアルプレーヤーでした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その
版権・著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,
これらの写真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行
為ですのでご注意ください。        
       
 
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 
 

メニューにもどる

 
inserted by FC2 system