アナログプレーヤーのコーナーpart3
                     PART3
 かつてはオーディオシステムの中で中心的役割を果たして
いたアナログプレーヤー。国産機の中にも数多くの名機・銘機
はたまた迷機がありました。デジタル時代の今では,忘れ去ら
れたかのようなアナログプレーヤー。今,その時代を振り返っ
てみましょう。アナログの名機たちも取り上げる機種数がさら
に多くなってきたので3ページ目に入ります。

 
 
DD-100のページへ
MICRO DD-100
1976年にマイクロが発売したDDプレーヤーシステム。大型重量級のタ
ーンテーブルと頑丈なキャビネット,別筐体の電源部など,正攻法で追求
された作りが実にマイクロらしい1台でした。

TP-L1のページへ
OTTO TP-L1
1978年にオットー(三洋電機)が発売したプレーヤーシステム。一見目立
たないオーソドックスなプレーヤーですが,DD方式の理想を追求した独自
の駆動方式を搭載した意欲作でした。

QL-7Rのページへ
Victor QL-7R
1976年にビクターが発売したプレーヤーシステム。単体発売もされていた
クォーツロックのターンテーブルTT-71を搭載するなど,美しいキャビネット
をもつ実力派のプレーヤーでした。

PS-8750のページへ
SONY PS-8750
1975年にソニーが発売したプレーヤーシステム。当時のソニーのプレーヤー
システム中の最高級機で,複合素材のキャビネット,クリスタルロックによる
回転制御など,ソニーらしい理詰めの設計の1台でした。

SR-510Eのページへ
Aurex SR-510E
1974年にオーレックス(東芝)が発売したプレーヤーシステム。ウッドキャビ
ネットの落ち着いた外観の中に,光電形サーボ,コンデンサー形カートリッジ
など個性的な技術を投入した1台でした。

KP-7300のページへ
TRIO KP-7300
1975年にトリオ(現ケンウッド)が発売したプレーヤーシステム。重量級の
ターンテーブルをはじめ,手ごろな価格ながらしっかりと物量を投入した正攻
法の設計が光る1台でした。その後のケンウッドのプレーヤーシステムでの
活躍につながったモデルだったと思います。

PL-1800のページへ
PIONEER PL-1800
1975年にパイオニアが発売したプレーヤーシステム。当時,パイオニブランド
の中での最上級機で,モーター,アーム等,黒色の精悍なキャビネットの中に
しっかりと技術を投入した先進的な内容をもつ1台でした。

HT-840のページへ
Lo-D HT-840

1977年にローディー(日立)が発売したプレーヤーシステム。単売もされ
ていたローディー自慢のユニットを組み合わせたともいえる内容を持った
実力機でした。


SP-10のページへ
Technics SP-10

1970年にテクニクスが発売したターンテーブル。言わずと知れたDD
(ダイレクトドライブ)方式を世界で初めて実用機として採用した画期的
なターンテーブルで,名機として世界に名をとどろかせた1台でした。


CP-900Fのページへ
ONKYO CP-900F

1977年にオンキョーが発売したフルオートプレーヤー。アナログプレー
ヤーではあまりメジャーといえないオンキョーですが,オーソドックスなが
らしっかりした作りの使いやすいプレーヤーとしてすぐれた1台でした。


3533のページへ
MELCO 3533

現在バッファローで知られているメルコがもともとオーディオメーカーで
あったことは知る人ぞ知る事実ですが,この3533はあのマイクロ精機
の製品を思わせるマニアライクな1台でした。今考えても,メルコがこの
ようなものを作っていたことはちょっと驚きです。


SR-370Dのページへ
Aurex SR-370D

1975年にオーレックス(東芝)が発売したプレーヤーシステム。それほ
ど大型でもない中級機ですが,A・Dソリッドという重量級の樹脂製キャビ
ネットにより,優れた性能を実現していた隠れた実力機でした。


SL-1015のページへ
Technics  SL-1015

1979年にテクニクスが発売したプレー ヤーシステム。高性能な単体ユニ
ットを組み合わせたともいえるプレーヤーシステムで,DDのテクニクスなら
ではの完成度の高さを感じさせる1台でした。


YP-1000のページへ
YAMAHA YP-1000

1975年にヤマハが発売したプレーヤーシステム。モーター部,アーム
部など,他社製の高性能なパーツを組み合わせ,高性能をヤマハらし
い優美なデザインにまとめ上げた1台でした。


TN-400のページへ
TEAC TN-400

1973年にティアックが発売したターンテーブルユニット。ダイレクトドライブ
時代になってターンテーブルの分野でやや遅れをとったティアックが,再び
ターンテーブルの分野をリードすべく発売した意欲作でした。


DP-5000のページへ
DENON DP-5000

1971年にデンオン(現デノン)が発売したターンテーブルユニット。既に
放送局用にはダイレクトドライブ方式のターンテーブルを開発していたデ
ンオンのDD方式ターンテーブルの民生用の第1号機でした。

KP-7700のページへ
TRIO KP-7700
 
1977年にトリオ(現ケンウッド)が発売したプレーヤーシステム。重量級
ターンテーブルにより安定した回転を目指した「大慣性質量ターンテーブ
ルを搭載した実力機KP-7300の設計思想を受け継ぎ,さらにクォーツ
ロックの搭載などで精度を高めた実力派の中級機でした。

MICRO1500シリーズのページへ
MICRO  1500

1983年にマイクロが発売したプ レーヤーシステム。8000シリーズ
等の超弩級機の技術を受け継いだモデルで,より手ごろな価格で
マイクロらしい1台が手に入るモデルでした。 

HT-860のページへ
Lo-D HT-860

1979年にローディー(日立)が発売し たフルオートプレーヤーシステム。
同社のフルオートプレーヤーの中では最上級機にあたる1台で,ユニトル
クモーターをはじめ同社の優れた基本技術が投入された使い易く,優れた
性能を持つプレーヤーでした。


XR-Q9のページへ
SANSUI XR-Q9

1979年にサンスイが発売し たフルオートプレーヤーシステム。当時の同社
のフルオートプレーヤーの中では最上級機にあたる1台で,回転 系,キャ
ビネット,アームなど各部に技術をしっかり投入した力作でした。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その
版権・著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,
これらの写真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行
為ですのでご注意ください。
       
 
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system