アナログプレーヤーのコーナーpart3
                     PART4
 
 かつてはオーディオシステムの中で中心的役割を果たして
いたアナログプレーヤー。国産機の中にも数多くの名機・銘機
はたまた迷機がありました。デジタル時代の今では,忘れ去ら
れたかのようなアナログプレーヤー。今,その時代を振り返っ
てみましょう。アナログの名機たちも取り上げる機種数がさら
に多くなってきたので,4ページ目に入ります。




AP-M1のページへ
MICRO AP-M1

 1987年にマイクロが発売したプレーヤーシステム。超弩級のイメージ
が強いマイクロが,比較的コンパクトで上品で落ち着いた外観にまとめた
ベルトドライブプレーヤーで,CD時代におけるマイクロの存在感を感じ
た逸品でした。


JL-B77のページへ
Victor JL-B77

 1972年にビクターが発売したプレーヤーシステム。プレーヤーシステムと
いうより,単体ユニットを組み合わせたシステムプレーヤーというモデルでした
が,積層構造キャビネットをはじめ,各部に先進的で高度な技術が注ぎ込ま
れた画期的な1台でした。

XL-A700のページへ
PIONEER XL-A700

 1977年にパイオニアが発売したプレーヤーシステム。落ち着いた木目
調のキャビネットに,当時最先端のクォーツロック制御のDCサーボホール
モーターを搭載した実力派の中堅機でした。


PD555のページへ
LUXMAN PD555

 1980年に,ラックスが発売したターンテーブルシステム。独特の
横長の筐体を持っていますが,レコード吸着システムを持つターン
テーブル部をはじめ,アーム支持機構など,ラックス独自の個性が
表れた高級プレーヤーでした。

ST-930のページへ
CEC ST-930

 1989年にCECが発売したプレーヤーシステム。ベルトドライブ方式
のプレーヤーで伝統的な技術を持ったCECが,CD全盛時代にあえ
て開発・発売したコストパフォーマンスのすぐれた実力機でした。

PX-2のページへ
YAMAHA PX-2

 1979年にヤマハが発売したプレーヤーシステム。美しいヤマハら
しいデザインのリニアトラッキングプレーヤーで,超弩級機PX-1を
ベースに,より合理的な設計でかなり現実的な価格におさえながら
すぐれた性能を実現していました。


DP-80のページへ
DENON DP-80

 1978年にデンオン(現デノン)が発売したターンテーブルユニット。
ACサーボモーターによる滑らかな回転を特徴とするデンオン製ター
ンテーブルの中で,当時の最上級機で,高い完成度を誇る使い易い
1台でした。

HT-L70のページへ
Lo-D HT-L70

 1981年にローディー(日立)が発売したプレーヤーシステム。
1979年にテクニクスがSP-10で先鞭を付けたLPレコードの
ジャケットサイズ(31.5cm×31.5cm)のプレーヤーで,同
社独自の技術も投入された,コストパフォーマンスの高い1台
でした。

KP-8080のページへ
TRIO KP-8080

 1979年に,トリオ(現ケンウッド)が発売したプレーヤーシステム。
重量級のターンテーブルを搭載した本格的な音質重視型プレーヤー
ながらフルオート機構を搭載したプレーヤーで,使いやすい1台でし
た。

SP-10MK3のページへ
Technics SP-10MK3

1981年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したターンテーブル
システム。世界初のDD方式ターンテーブルSP-10の3世代目に
あたるモデルで,その中身はDD方式の最高峰といえる超弩級の
ものでした。

DRAGON-CTのページへ
Nakamichi DRAGON-CT

1983年に,ナカミチが発売したプレーヤーシステム。TX-1000
で新開発・搭載された「アブソルート・センター・サーチ・システム」
を搭載した,まさにDRAGONの名を冠した革新的な1台でした。

DP-2700のページへ
DENON DP-2700

 1973年にデンオン(現デノン)が発売したプレーヤーシステム。
上級機のDP-5000等から受け継いだ技術をベースに作り上げ
られた実用的な中級機で,アルミダイカストと木製の部分を組み
合わせたキャビネット構造が外観上の大きな特徴でした。

RX-5000/RY-5500のページへ
MICRO RX-5000/RY-5500

 1979年にマイクロが発売したアームレス・プレーヤーシステム。
マイクロといえば超弩級のベルト(あるいは糸)ドライブプレーヤー
のイメージがありますが,DD方式のプレーヤーなど,様々なプレー
ヤーシステムを作ってきた歴史がありました。そういった中,原点
回帰のようなかたちで,重量級のベルトドライブシステムへと進ん
でいく契機となった1台が,このRX-5000/RY-5500でした。

PS-X70のページへ
SONY PS-X70

 1978年に,ソニーが発売したプレーヤーシステム。フルオートプレー
ヤーながら,各部に上級機のPS-X9の技術を取り入れ,使いやすく
すぐれた基本性能のプレーヤーとなっていました。

KP-880Dのページへ
TRIO KP-880D

 1983年に, トリオ(現ケンウッド)が発売したプレーヤーシステム。
慣性質量の大きいターンテーブルを受け継ぎ,さらに軸受けまわり
アームまわりに新技術を投入してより完成度を高めた1台でした。

PL-707のページへ
PIONEER PL-707

 1983年にパイオニアが発売したプレーヤーシステム。フルオート
プレーヤーながら,モーター,アームなど各部がしっかりした作りで
仕上げられており,使いやすさと音質のバランスが取れた1台でし
た。

DP-70Mのページへ
DENON DP-70M

 1979年にデンオン(現デノン)が発売したプレーヤーシステム。
デンオンのアナログプレーヤーの中では比較的薄型のスマート
な筐体ながら,上級機の技術が投入された実力派の1台でした。

XLC-1850のページへ
PIONEER XLC-1850

1977年にパイオニアが発売したアームレスプレーヤーシステム。
パイオニアは,アナログプレーヤーにおいても着実に技術を積み
上げてきたブランドで,このXLC-1850も,クォーツロック搭載の
精度の高いターンテーブルとなっていました。

TTS-4000のページへ
SONY TTS-4000

1970年にソニーが発売したターンテーブル。ソニー初のダイレクト
ドライブ方式のターンテーブルで,テクニクスSP-10とはまた異なる
個性を持った実力機として人気となりました。

SL-15のページへ
Technics SL-15

1980年に,テクニクスが発売したプレーヤーシステム。前年に発売
されたSL-10の上級機として発売され,ジャケットサイズはそのまま
に,より多機能化が図られていました。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その
版権・著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,
これらの写真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行
為ですのでご注意ください。
        
       
 
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system