アナログプレーヤーのコーナーpart5
PART5
 
  かつてはオーディオシステムの中で中心的役割を果たして
いたアナログプレーヤー。国産機の中にも数多くの名機・銘機
はたまた迷機がありました。デジタル時代の今では,忘れ去ら
れたかのようなアナログプレーヤー。今,その時代を振り返っ
てみましょう。アナログの名機たちも取り上げる機種数がさら
に多くなってきたので,5ページ目に入ります。



GT-1000のページへ
YAMAHA GT-1000

1983年に,ヤマハが発売したアナログプレーヤー。GT-2000の
弟機として発売され,クラスを超える物量が投入されたコストパフォー
マンスにすぐれた実力機でした。

KP-700のページへ
TRIO KP-700

1980年に,トリオ(現ケンウッド)が発売したアナログプレーヤー。重
量級のターンテーブルなど,正攻法のつくりの実力派の中級機で,トリ
オの地道な技術的蓄積が感じられる1台でした。

SR-P90のページへ
Aurex SR-P90

1982年に,オーレックス(現東芝)が発売したアナログプレーヤー。正
攻法で設計された中級機で,同社のオーディオラインナップ「90シリーズ」
の一員でした。

PX-8Fのページへ
ONKYO PX-8F

1979年に,オンキョーが発売したアナログプレーヤー。中級機でフル
オートプレーヤーながら,各部に新しい技術をきちんと投入し,しっかり
作られた,使いやすいプレーヤーでした。

PD350のページへ
LUXMAN PD350

1983年に,ラックスが発売したターンテーブルシステム。アームレスプ
レーヤーともいえる1台で,ディスク吸着システムにも対応した,使いこ
なしがいのある,高級機でした。

RX-3000/RY-3300のページへ
MICRO RX-3000/RY-3300

1980年に,マイクロが発売したプレーヤーシステム。アームが付属
していないターンテーブルシステムともいえるもので,マイクロらしい
高精度な重量級システムでした。

QL-A7のページへ
Victor QL-A7

1978年に,ビクターが発売したプレーヤーシステム。各部がオーソドッ
クスにバランスよく仕上げられたプレーヤーシステムで,仕上げも美しい
使いやすい1台でした。

PL-50のページへ
PIONEER PL-50

1979年に,パイオニアが発売したプレーヤーシステム。前年に発
売したEXCLUSIVEのP3の技術やデザインイメージなどを受けつ
いだ中級機で,コストパフォーマンスにすぐれた1台でした。

PL-70のページへ
PIONEER PL-70

1979年に,パイオニアが発売したプレーヤーシステム。PL-50
の上級機にあたり,パイオニアブランドでは最上級機として発売さ
れた1台でした。

SX-8000のページへ
MICRO SX-8000

1981年に,マイクロが発売したターンテーブルユニット。重量級
のプレステージモデルで,CD時代が始まる前年に登場した,マイ
クロらしい超弩級機でした。

PS-X75のページへ
SONY PS-X75

1979年に,ソニーが発売したプレーヤーシステム。ソニー自慢の
電子制御アーム「バイオトレーサー」を搭載した中級機で,高い完
成度を実現していました。

PX-5Fのページへ
ONKYO PX-5F

1981年に,オンキョーが発売したプレーヤーシステム。すっきりと
まとめられたデザインの中に,すぐれた機能性と,しっかりした基本
性能が実現された,完成度の高いプレーヤーシステムとなっていま
した。


MICRO BL-10X

1982年に,マイクロが発売したプレーヤーシステム。マイクロのアナログ
プレーヤーとしては,比較的コンパクトにまとめられたモデルですが,内部
構造等に多くの工夫を凝らし,大型のプレーヤーに負けないしっかりした
つくりを実現していました。


Victor QL-F6

1978年に,ビクターが発売したプレーヤーシステム。QLの型番が示す
ようにクォーツロック方式のDDプレーヤーですが,使いやすいフルオート
機構とバランスのとれた性能が実現された実力機でした。


EXCLUSIVE P10


1978年に,パイオニアがエクスクルーシブブランドで発売したプレー
ヤーシステム。高品質な単品パーツを組み上げたともいえる高級機で
優美なデザインと風格はエクスクルーシブブランドらしさを発揮していま
した。


Lo-D HT-550


ローディー(日立)が,1978年に発売したプレーヤーシステム。総合電
機メーカーとして,高いモーター技術等をもつ日立が作り上げた中級機
で,手頃な価格ながらしっかりした内容をもつ1台でした。


Technics SL-MA1
テクニクス(パナソニック)が,1988年に発売したプレーヤーシステム。
DDプレーヤーの元祖・テクニクスならではの,高い基本性能とコストパ
フォーマンスを実現した1台でした。


PIONEER PL-L5
1979年に,パイオニアが発売したプレーヤーシステム。高級機PL-L1
で開発されたものと同じ方式のリニアトラッキングアームを搭載した,すぐ
れた性能と機能性を実現した1台でした。


Lo-D HT-500
1981年に,ローディー(日立)が発売したプレーヤーシステム。当時の
同社の中級機の主力モデルで,手頃な価格ながら,各部に総合電機
メーカーならではの高い技術が投入され,使いやすいフルオートプレー
ヤーとして完成されていました。


TRIO KP-7070
1979年に,トリオ(現ケンウッド)が発売したプレーヤーシステム。当時
のトリオのプレーヤーシステムの中で,中核となる中級機で,オーソドッ
クスに物量を投入したプレーヤーでした。


     ※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その
      版権・著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,

         これらの写真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行
      
為ですのでご注意ください。 
       
 
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system