アナログプレーヤーのコーナーpart5
PART6

 

  かつてはオーディオシステムの中で中心的役割を果たして
いたアナログプレーヤー。国産機の中にも数多くの名機・銘機
はたまた迷機がありました。デジタル時代の今では,忘れ去ら
れたかのようなアナログプレーヤー。今,その時代を振り返っ
てみましょう。アナログの名機たちも取り上げる機種数がさら
に多くなってきたので,6ページ目に入ります。






PIONEER PL-1200
1972年に,パイオニアが発売したプレーヤーシステム。同社のプレーヤー
システムとして初のDD方式を採用し,性能,操作性等完成度が高い1台で
した。そして,これ以降の同社のプレーヤーシステムのベースとなった1台
でもありました。


YAMAHA GT-750
1984年に,ヤマハが発売したプレーヤーシステム。ヤマハが展開していた
「GTシリーズ」のアナログプレーヤーとしては末弟にあたる機種ですが,コス
トパフォーマンスの高さが,当時でも目立つ1台でした。


SONY PS-X6
1977年に,ソニーが発売したプレーヤーシステム。ソニーは早くから
DDプレーヤーを展開していたブランドで,4桁の型番を持つしっかりした
プレーヤー群を発売していました。その後の1970年代後半にスタートし
た「PS-Xシリーズ」の中級機,普及機クラスの主力モデルとして発売さ
れたのがPS-X6でした。


TRIO KP-F7
1980年に,トリオ(現JVCケンウッド)が発売したプレーヤーシステム。しっかり
とオーソドックスに物量を投入して作り上げられたフルオートプレーヤーで,精悍
なデザインも個性を発揮するものでした。


Luxman PD300
1980年に,ラックスが発売したターンテーブルシステム。吸着式のターン
テーブル部,インシューレーターやキャビネットの構造など,オーソドックスな
デザインの中に,凝った設計と作りがなされた,力作でした。


MICRO RX-2000
1980年に,マイクロが発売したターンテーブルユニット。ターンテーブル
ユニットと称するのは,本体に駆動部が内蔵されていないためで,多くの
マニアックなアナログプレーヤーを作っていたマイクロらしい使いこなしが
いのある1台でした。


SANSUI P-M7
1981年に,サンスイが発売したプレーヤーシステム。ジャケットサイ
ズに近いコンパクトな筐体の中に,先進的な技術を投入した1台で,
機能的にも進んだ内容を持っていました。


MICRO MR-711
1972年に,マイクロが発売したプレーヤーシステム。ベルトドライブ,糸
ドライブのプレーヤーで知られているマイクロが,DDプレーヤーの黎明期
に発売した同社のDDプレーヤーの原器的な1台でした。


PIONEER PLC-1700
1973年に,パイオニアが発売したアームレスプレーヤーシステム。アー
ムレスの名の通り,アームが付属しないターンテーブルしシステムともい
える1台で,アームを自分で選択する,よりマニア向けのプレーヤーで,
パイオニアのすぐれた回転系の技術が発揮されていました。


Victor QL-Y77F
1981年に,ビクターが発売したプレーヤーシステム。電子制御式のトーン
アームの技術をより進めて洗練させた1台で,フルオートの便利さと音質の
両立が図られた使いやすい1台でした。


YAMAHA YP-D9
1977年に,ヤマハが発売したアナログプレーヤー。当時ヤマハはアナログ
プレーヤーのブランドイメージは強くありませんでしたが,数々のプレーヤー
システムを発売していました。そして,最上級機YP-D10の弟機として発売
されたのがYP-D9でした。


PIONEER PL-5L
1984年に,パイオニアが発売したプレーヤーシステム。PL-7Lの
弟機として発売されたプレーヤーシステムで,強力なインシュレーター
をはじめ,各部に振動対策の工夫を施したコストパフォーマンスの
高い1台でした。


SONY PS-X600/X600C

1980年に,ソニーが発売したプレーヤーシステム。同社自慢の電子
制御アーム「バイオトレーサー」をエントリーモデルに展開したコストパ
フォーマンスにすぐれたプレーヤーでした。


DENON DP-7700

1976年に,デンオンが発売したプレーヤーシステム。当時のデンオン
の最高級機で,ターンテーブルのトップモデルDP-7000を軸に手堅く
まとめ上げられた1台でした。


Victor JL-B44

1973年に,ビクターが発売したプレーヤーシステム。価格的にもエントリー
モデル的存在ながら,上級機の技術や構造を継承し,非常にコストパフォー
マンスにすぐれた1台になっていました。


Technics SL-1300

1974年に,テクニクスが発売したプレーヤーシステム。バランスのとれた
名機SL-1200をベースに,さらなるコンパクト化,フルオート化を図った
プレーヤーシステムで,使いやすく安定した性能を持つ1台となっていまし
た。


Technics SL-1350

1975年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したプレーヤーシステム。
前年に発売したフルオートプレーヤーSL-1300をベースにオートチェン
ジャー機能を搭載した,世界初のオートチェンジャー機能付きDDプレー
ヤーでした。


Victor QL-5R

1977年に,ビクターが発売したプレーヤーシステム。前年に同社が発売し
た中級機の実力機QL-7Rの弟機として発売されたプレーヤーで,バラン
スのとれた美しいデザインをもつ,高いコストパフォーマンスを実現した1台
でした。


Aurex SR-Q75

1978年に,オーレックス(現東芝)が発売したプレーヤーシステム。オーレック
スは,特に大型のプレーヤーシステムは出していませんでしたが,逆に家庭に
置いて使いやすい比較的コンパクトにまとめられたプレーヤーシステムですぐ
れた製品を出していました。そんな中,当時の主力機として発売されたフルオー
トプレーヤーがSR-Q75でした。


YAMAHA P-750

1980年に,ヤマハが発売したプレーヤーシステム。ヤマハは,DDプレーヤーの
時代に入り,すぐれたプレーヤーシステムを作っていました。そして,1980年頃か
ら,新たに「P」を頭文字にもつ型番のシリーズを展開していきました。その新しい
シリーズの主力モデルがP-750でした。

     ※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その
      版権・著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,

         これらの写真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行
      為ですのでご注意ください。 

       
 
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system