アナログプレーヤーのコーナーpart5
PART7

 

  かつてはオーディオシステムの中で中心的役割を果たして
いたアナログプレーヤー。国産機の中にも数多くの名機・銘機
はたまた迷機がありました。デジタル時代の今では,忘れ去ら
れたかのようなアナログプレーヤー。今,その時代を振り返っ
てみましょう。アナログの名機たちも取り上げる機種数がさら
に多くなってきたので,7ページ目に入ります。




MICRO BL-111

1980年に,マイクロが発売したプレーヤーシステム。マイクロがアームレスプ
レーヤーシステムと称しているように,トーンアームを装備していないプレーヤー
システムで,つまりターンテーブルシステムといえるモデルでした。1979年の
BL-71からスタートした,「BL」の型番を持つシリーズの,最上級機として発売
されたのがBL-111でした。


Technics SL-1100

1971年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したプレーヤーシステム。1970年
に世界初のD.D.(ダイレクト・ドライブ)方式のターンテーブルSP-10を開発したテク
ニクスが,単体パーツの組み合わせという形ではなく,はじめから1つのプレーヤー
システムとして開発したD.D.プレーヤーシステムの第1号がSL-1100でした。


ONKYO PX-55F

1983年に,オンキョーが発売したプレーヤーシステム。1981年に発売された
フルオートプレーヤーPX-5Fの後継機で,デザインもブラックの精悍なものに変
わるとともに,内容的にも各部が強化されたものになっていました。


Victor JL-B37R

1976年に,ビクターが発売したプレーヤーシステム。当時のビクターのプレー
ヤーシステムのエントリーモデル的存在ですが,各部に上級機の技術を投入し
て完成された本格的なプレーヤーシステムで,コストパフォーマンスにすぐれた
1台でした。


LUXMAN PD121A

1979年に,ラックスが発売したターンテーブルシステム。1970年に,テクニク
スがSP-10を発売し,ダイレクトドライブ方式のターンテーブルが各社から登場
し始めました。そんな中,ラックスは,1973年にSP-10のDDモーターを搭載し
たPD121を発売し,そのバランスのとれたデザインと使いやすさで人気を獲得し
ていました。その後継機として発売されたのがPD121Aでした。


SONY PS-4750

1974年に,ソニーが発売したプレーヤーシステム。ソニーは,1966年にいち早
くDCサーボモーターを搭載したベルトドライブのターンテーブルを発売するなど,ア
ナログプレーヤーにおいても独自の存在感を示し,1970年には,いち早くD.D.(ダ
イレクト・ドライブ)方式のターンテーブルTTS-4000を発売し,技術力を示していま
した。そんなソニーが発売した当時の中級機の主力モデルがPS-4750でした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その
版権・著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,

これらの写真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行
為ですのでご注意ください。 
       
 
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system