アナログプレーヤーのコーナーpart5
PART8

 

  かつてはオーディオシステムの中で中心的
役割を果たしていたアナログプレーヤー。国産
機の中にも数多くの名機・銘機はたまた迷機が
ありました。デジタル時代の今では,忘れ去ら

れたかのようなアナログプレーヤー。今,その
時代を振り返ってみましょう。アナログの名機
たちも取り上げる機種数がさらに多くなってき
たので,8ページ目に入ります。





KYOCERA PL-901

1983年に,京セラが発売したプレーヤーシステム。この頃,
京セラはオーディオに本格参入し,この後続々と高級機分野
にユニークな製品を投入していきました。このPL-901は,そ
うした高級機シリーズのスタートともいえる1台で,同社の最高
級機でもありました。


Technics SP-20

1976年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したターンテー
ブル。テクニクスは,世界初のダイレクトドライブ方式ターンテー
ブル・SP-10を1970年に発売し,世界中から注目される存在
となりました。そして,世界初のDDターンテーブル・SP-10は,
1975年にクォーツロックを搭載したSP-10MK2へと進化し,
その地位を強固にしました。そして,SP-10MK2の弟機として
発売されたのがSP-20でした。


Victor QL-A75

1982年に,ビクターが発売したプレーヤーシステム。ビクターは,
1970年代より,アナログプレーヤーの分野では,すぐれた製品
を出しており,バランスのとれた設計は定評がありました。そんな
ビクターが同年に発売したQL-A95の弟機として発売したのが
QL-A75でした。


YAMAHA YP-D71

1979年に,ヤマハが発売したプレーヤーシステム。ヤマハは,1975
年のYP-1000を皮切りにDD(ダイレクト・ドライブ)方式のプレーヤー
システムを発売し,1977年には,YP-D10YP-D9,YP-D7,YP-D5
YP-D3といったDDプレーヤーを広く展開していきました。このシリーズ
の中の中級機・YP-D7の後継機と考えられるのがYP-D71でした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの
抜粋で,その版権・著作権等は,各オーディオメーカー
にあります。したがって,これらの写真を無断で転載等
することは,法律で禁じられている行為ですのでご注意
ください。 
       
 
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるい
は,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想など
をお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system