TEAC C-3
STEREO CASSETTE DECK ¥99,800
1979年にティアックが発売したカセットデッキ。同社のプレステージモデルC-1C-2といったシリーズの末弟
にあたる機種でした。「Cシリーズ」は,測定器をも思わせるような精悍なデザインに,精度の高いメカニズムを
投入したシリーズで,オープンリールデッキで高い技術と人気を誇っていたティアックらしく,カセットデッキC-3も
使いこなしがいのある1台となっていました。

走行系は,上級機のデュアルキャプスタン方式ではなく,ワンウェイ,シングルキャプスタンのオーソドックスなも
のでした。駆動系はFGサーボDCモーターによる1モーター構成でしたが,巻き始めから巻き終わりまで常に均
一なヘッドタッチを確保するために,テンションサーボ機構を搭載していました。



ヘッド構成は,録音ヘッドと再生ヘッドが独立した3ヘッド構成で,上級機と同様のものとなっていました。録音ヘ
ッドは4ミクロンのギャップ,再生ヘッドは1ミクロンのギャップと最適なギャップ幅が設定されたHD(ハイデンシ
ティ)フェライトヘッドによるコンビネーションヘッドで,録音・再生性能とヘッドタッチや走行性の両立を図っていま
した。消去ヘッドはメタルテープに対応して消去効率の高い新開発のヘッドを搭載していました。
また,保磁力の高いメタルテープに対応するため,バイアス微調ポジションのマージンも考慮して,発振器をパ
ワーアップし,消去電流,バイアス電流の強化が図られていました。
アンプ回路は,カップリングに使用するコンデンサーを厳選し,洩れ電流が非常に少なく高音質を実現してい
ました。また,ライン入力以外に本格的なマイク入力も備え,マイクアンプには,ローノイズトランジスタ(2SC-
1844(F))を採用し,ノイズレベルを従来比6dB低減していました。



テープポジションは,バイアス,イコライザー独立で,NORMAL,Co(CrO), METALの3ポジションが備えら
れていました。さらに,入出力ボリュームの下に,BIAS/REC CALIBRATIONが設けられていました。別売の
バッテリー式発振器TO-8(¥5,500)をTEST IN端子に接続し,ADJUSTボタンを押すと,現在選択してい
るテープポジションのみで録音バイアスと録音感度の微調整ができるようになっており,ADJUSTボタンをPRE
SETポジションに戻すとデッキの固定ポジションに復帰するようになっていました。
入力系は,LINEに加え,MICそしてテストトーン入力用のTEST IN端子が装備されていました。ノイズリダクショ
ンとしてはドルビーNR(Bタイプ)が装備されていました。

「Cシリーズ」に共通のパネルデザインは,測定機器を連想させる精密なもので,入力ボリュームは,左右独立
した形ながら,一方の回転に合わせて他方が精密に連動する差動型左右連動タイプで,精密な操作感覚を実
感させる演出にもなっていました。また,左右のオーディオハンドルはC-3では一体化された標準装備となり,
ハードなデザインに貢献していました。

C-3は,「Cシリーズ」共通の,本体は可能な限りシンプルに性能を高めた設計とし,付属機能は周辺機器で発
展的にグレードアップするという「システム構想」という形をとっていました。上の写真もC-3本体に,オーディオミ
キサーMX-8とdbxユニットRX-8Cを装備した状態でした。
MX-8(¥39,800)は,4入力・2出力のオーディオミキサーで,各入力チャンネルは,マイク(20dBアッテネー
ター付)/ラインの切換機構,ローカットフィルター(100/200Hz)および音像の定位を決めるパンポットが装備
されていました。



RX-8C(¥98,000)はノイズリダクションユニットで,アメリカのdbx社が開発したdbxシステムが搭載されてい
ました。入力信号のダイナミックレンジをデシベルで1/2に圧縮し,再生時には2倍に伸長するdbxシステムは,
もともとオープンリールデッキ用に開発されたシステムで,RX-8Cは,カセットデッキ用のdbxタイプⅡが搭載さ
れていました。C-3には,背面に専用の接続端子が装備され,dbxをINにすると,C-3本体のドルビーよりも優
先されるようになっており,誤動作を起こさない設計となっていました。



こうした周辺機器MX-8とRX-8CをC-3と同時にマウントできるシステムラックVX-4(¥20,000),ポータブ
ルケースCS-8(¥45,000)も別売りで用意されており,周辺機器を1種のみの場合のためにブランクパネル
CZ-8(¥1,000)も用意されていました。

以上のように,C-3は,「Cシリーズ」の末弟ながら,ティアックらしいハードなデザインと操作感覚は,独特の魅
力をもっていました。基本に徹したオーソドックスな設計はティアックのデッキ技術を感じさせるものでした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



3HEAD+Metal+dbx

会心の音 C-3

◎高級カセットは,
 本格的な3ヘッド時代を迎えた。
◎話題のメタル(合金)テープ出現に,
 C-3はどう対応したか。

●メタルテープポジションを装備してテープセレクター。
●テープの録音特性を微調できる第4のセレクトポジション。
●メタルテープに威力を発揮する3ヘッド。
●強力にパワーアップされた発振器。

◎息をのむ静寂,炸裂する爆音。恐るべきdbxの
 威力。RX-8C(ユニット別売)
◎安定走行を生み出す精密駆動メカニズムと
 テンションサーボ機構。
◎厳選したコンデンサーを使用した
 高品質アンプ。
◎発展的なグレードアップを可能にした
 システム構想。
◎テープ調整専用のテストインプット。
◎留守録,目覚まし再生に便利な
 タイマー機構。
◎テープヒスを減少させる
 ドルビーシステム。
◎録音のチェックや繰り返し再生に便利な
 メモリーカウンター。
◎音に触れる感覚。
 伝統のティアック流オペレーション。
◎コマーシャルカットに威力,
 REC MUTE。
◎ピークを逃さずキャッチする
 ピークレベルメーター。
◎精密感をデザインした,
 差動型左右連動入力ボリューム。
◎EIA(19インチ)ラックに
 マウント可能。
◎オーディオハンドル
 (標準付属)




●主な仕様●

トラック形式 4トラック2チャンネル・ステレオホニック方式
ヘッド 消去,録音・再生(コンビネーション)3ヘッド
使用テープ C-30~C-90カセットテープ
テープ速度
4.8センチ
モーター FGサーボDCモーター×1
ワウ・フラッター 0.05%(WRMS)
早巻時間 C-60テープで90秒以内
周波数特性(総合) 20~20,000Hz(30~18,000Hz±3dB)/メタルテープ
20~18,000Hz(30~17,000Hz±3dB)/コバルトテープ
20~16,000Hz(30~14,000Hz±3dB)/ハイファイテープ
SN比(総合) 58dB (3%ひずみレベル,聴感補正)
ドルビーシステムにより録音・再生において
1kHzで5dB,5kHz以上で10dBの雑音低減が可能
80dB(同dbx IN)
入力 マイク:0.25mV/-72dB 
    (適合インピーダンス200Ω以上) 
ライン:60mV 
    (入力インピーダンス50kΩ)
出力 ライン:0.3V 
    (負荷インピーダンス50kΩ以上) 
ヘッドホン:8Ω
電源
100V AC,50/60Hz,25W
外形寸法 482W×147H×345Dmm
重量 10kg

※本ページに掲載したC-3の写真,仕様表等は1979年4月のTEAC
 のカタログより抜粋したもので,ティアック株式会社に著作権がありま
 す。したがって,これらの写真等を無断で転載・引用等することは法律
 で禁じられていますのでご注意ください。

   
 
★メニューにもどる         
 
 

★テープデッキPART9にもどる
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
inserted by FC2 system