CDプレーヤーのコーナー
                            
        PART2
CDプレーヤーは比較的新しいコン ポーネントです。といっても
1982年に初めて商品化され,すでにその歴史も20年 近くに
なります。CDプレーヤーが登場したときのあの大騒動も ずいぶ
ん昔のことになってしまいました。技術の進歩の早い分野ですが
印象に残る名機・銘機も数多くあるように思います。
機種が多くなったので2ページ目に入ります。
 
1000mbのページへ
Nakamichi 1000mb
ナカミチが1991年に発売したCDトランスポート。あの超弩級DATシステム「1000」とシステム
を組むべく作られたトランスポートで,その磨かれたような透明な音は高い評価を得ていました。
また,搭載されたミュージックバンクシステムによる高い機能性も誇りました。
単体でCDプレーヤーとして使える一体型の1000mb/iも発売され,これもナカミチらしい清澄な
音を誇る名機でした。



GT-CD1のページへ
YAMAHA GT-CD1
ヤマハが1991年に発売したCDプレーヤー。CD登場の当初からCDプレーヤーに力を入れて き
たヤマハが「GT」の名を冠して発売した渾身の力作といえる超弩級機でした。あえて一体型に
こだわり,凝りに凝った筐体の構造をはじめ,各部にヤマハのノウハウと技術が投入されていまし
た。美しい外観も印象的でした。

XL-Z1000Aのページへ
Victor XL-Z1000A

XP-DA1000Aのページへ
Victor XP-DA1000A

ビクターが1993年に発売したセパレート型CDプレーヤー。1993年ですから懐古録とは言 い
にくいかもしれませんが,しっかりと物量を投入した高級機として印象的な1台でした。優美な
デザインが示すとおり美しくしっかりした音を聴かせてくれる名機だったと思います。

PD-3000のページへ
PIONEER PD-3000
パイオニアが1987年に発売したCDプレーヤー。当時同社が展開していた「EXシリーズ」の
1台として,漆黒調仕上げの高級感のある外観が印象的でしたが,その中身も,同社らしく
LDプレーヤーでのノウハウを生かし,贅沢に物量が投入されたしっかりしたものでした。

CD-α907のページへ
SANSUI CD-α907
サンスイが1986年に発売したCDプレーヤー。プリメインの名機07シリーズが「グロッシー
ブラック」と称する光沢のあるブラックパネルのデザインに変わり,同じく「グロッシーブラッ ク」
のパネルを持つCD-α907と07シリーズのアンプの組み合わせは,音,デザインともベスト
マッチでした。

DP-70Vのページへ
Accuphase DP-70V
アキュフェーズが1989年に発売した一体型CDプレーヤー。1987年発売のDP-70の
モデルチェンジともいえる機種で,20ビットのD/Aコンバーターをディスクリートで組んで
搭載した設計はアキュフェーズならではのものでした。何より音の良さが海外でも高い評
価を得ていた,CDソースの魅力をよく引き出してくれるCDプレーヤーでした。

DA-910のページへ
KYOCERA DA-910
京セラが1984年に発売したCDプレーヤー。CDプレーヤーとしては第2世代の1台です
が,京セラがKYOCERAブランドで本格的に高級オーディオ分野へ進出を始めた頃に発
売した,910の型番を持つシリーズのCDプレーヤーとして,非常にグレードの高い内容
を持った隠れた名機的な1台でした。

CDX-2000のページへ
YAMAHA CDX-2000
ヤマハが1987年に発売したCDプレーヤー。あのCDX-10000のベースともなった前作
CDX-2200をベースに,デジタルフィルター等をさらに強化した内容を持ち,繊細で美しい
音を持つヤマハらしい高性能CDプレーヤーでした。

L-D1のページへ
KENWOOD L-D1
1992年(ですからあまり古くない?)にケンウッドが発売したCDプレーヤー。「Lシリー ズ」
の一環として出されたモデルらしくターンテーブルメカニズム等,各部にこだわった作りの高
級機でした。ケンウッドらしい輪郭のはっきりしたかっちりとした音を聴かせてくれるCDプレ
ーヤーでした。

CD-M2のページへ
MICRO CD-M2
1987年にマイクロが発売したCDプレーヤー。アナログの雄マイクロの本領発揮とでもいう
かのようにその筐体は振動対策のため物量が投入されたものすごいものでした。マイクロら
しい重厚で優美なデザインと音が印象的な1台でした。

XL-V1100のページへ
Victor XL-V1100
ビクターが1986年に発売したCDプレーヤー。CD発売当初,CDにおいては比較的地味
な存在であったビクターが発売した一体型のCDプレーヤーで,D/A分離を図った内部の
2ボックス構造など,地味な外観とは裏腹に中身の充実した実力機でした。

CD-α717EXTRAのページへ
SANSUI CD-α717EXTRA
1988年にサンスイが発売したCDプレーヤー。NTTが中心になって開発した1ビットDAC
MASHの技術を世界で初めて搭載して市販されたCDプレーヤーでした。その外観通りの
重厚で滑らかな音をもっていました。

CDP-R3のページへ
SONY CDP-R3
1989年にソニーが発売したCDプレーヤー。「ESシリーズ」の上のクラスにあたる「Rシリ
ーズ」に属するCDプレーヤーで,セパレート型のCDP-R1a+DAS-R1aを一体化した と
いえる一体型の高級機でした。

DP-1100SGのページへ
KENWOOD DP-1100SG
1987年にケンウッドが発売したCDプレーヤー。1984年のDP-1100以来改良を重ね て
積み上げられてきた機種らしく,中身の充実した実力機でした。ケンウッドらしい,クリアで
力強い音が特徴的でした。

D-500X’sのページへ
LUXMAN D-500X’s
1990年にラックスが発売したCDプレーヤー。トップローディングの筐体に正攻法でオーソド
ックスに物量を投入した音質重視の設計でした。ラックスらしいシンプルで上品なデザインも
魅力的な1台でした。

CD-10のページへ
NEC CD-10
1989年にNECが発売したCDプレーヤー。初代CD-803以来CDの分野で独自の頑張り
を見せていたNECらしい1台で,16倍オーバーサンプリングとしっかりした物量の投入など
ある意味正攻法の設計が特徴でした。

SL-Z1000+SH-X1000のページへ
Technics Z1000+X1000
1989年にテクニクスが発売したセパレート型CDプレーヤー。テクニクスの最高級機として
しっかりした作りがされ,自慢の1ビットDAC・MASHの性能をしっかり引き出した風格ある
1台でした。

DA-703Dのページへ
Lo-D DA-703D

1987年にローディーが発売したCDプレーヤー。中級機ながら,DAD-001以来 CDの分野
に力を入れていたローディーが開発した力作でした。理詰め設計が ローディーらしさを感じる
1台でした。


SL-P999のページへ
Technics  SL-P999

1988年にテクニクスが発売したCDプレーヤー。マルチビット方式のDACを
搭載したテクニクスCDプレーヤーとしては,最後の世代にあたるもので,テク
ニクスらしく高度な技術を投入した実力派の中級機でした。


CD-95のページへ
marantz  CD-95

1988年にマランツが発売したCDプレーヤー。マランツはフィリップスグループ
の一員としてフィリップス社と深い関係のもとCDプレーヤーを発売していまし た。
その中でも音楽を聴く道具として完成度の高さを高く評価されていた CDプレー
ヤーでした。純国産の機器とは違った雰囲気をもつ1台でした。



※ここに掲載された写真は,各製品のカ タログからの抜粋で,その版権・
著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって, これらの写真
を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですの でご注意く
ださい。
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system