CDプレーヤーのコーナー
                 PART5
CDプレーヤーは比較的新しいコンポーネントです。といっても
1982年に初めて商品化され,すでにその歴史も20年近くに
なります。CDプレーヤーが登場したときのあの大騒動もずいぶ
ん昔のことになってしまいました。技術の進歩の早い分野ですが
印象に残る名機・銘機も数多くあるように思います。
掲載機種が多くなったので5ページ目に入ります。



SONY CDP-557ESD

1987年に,ソニーが発売したCDプレーヤー。CDP-555ESDの後継機で,当時の
ESシリーズのCDプレーヤーの最上級機でした。CDP-555ESDに比較して,サイド
ウッドが付き,より重厚になった筐体をもち,ESシリーズのCDプレーヤーとしては最
重量級の1台でした。


DENON DCD-3500RG

1989年に,デンオン(現デノン)が発売したCDプレーヤー。1988年発売の
人気モデルDCD-3500Gの後継機で,正攻法で技術と物量が投入されたデン
オンらしい1台でした。


SONY CDP-X7ESD

1988年に,ソニーが発売したCDプレーヤー。CDP-557ESDの後継機で,
当時のESシリーズCDプレーヤーの最上級機でした。そしてソニーのマルチ
ビット系DAC搭載のCDプレーヤーとして,最後の世代となったモデルでした。


DCD-S10

1994年に,デンオン(現デノン)が発売したCDプレーヤー。同年に発売
された「S1シリーズ」の一体型高級機DCD-S1の弟機で,DCD-3500
シリーズの技術を継承しつつ,新しい技術が投入された新世代の中核機
でした。


Lo-D DAD-1000

1982年に,ローディー(日立)が発売したCDプレーヤー。ローディー
のCDプレーヤーの第1号機で,高度な集積回技術など,総合家電メー
カーのブランドならではの技術が生きている1台でした。


Technics SL-P10

1982年に,テクニクス(現パナソニック,当時は松下電器)が発売したCDプ
レーヤー。テクニクスにCDプレーヤーの第1号機で,総合家電メーカーであっ
た松下電器の総合的な技術の高さが生かされていた1台でした。


YAMAHA CD-1

1982年に,ヤマハが発売したCDプレーヤー。1982年は「CD元年」といわれ,
CD規格の製品化がスタートした年でした。CD-1は,ヤマハのCDプレーヤーの
1号機で,ヤマハらしい洗練されたデザインを持つ1台でした。


VRDS-10

1992年に,ティアックが発売したCDプレーヤー。高級機専門に立ち上げた
エソテリックブランドで展開していたVRDS機構を,ティアックブランドで初搭
載した一体型CDプレーヤーとして発売された1台でした。


Lo-D DAD-003

1985年に,ローディー(日立)が発売したCDプレーヤー。ローディーは,
CDのスタート当初から総合電機メーカーの力を生かして,主要パーツの
面から自社開発でスタートしたブランドで,1984年には各社に先駆けて
セパレート型CDプレーヤーDAD-001を発売し,高い評価を得ていまし
た。その弟機として発売されたのがDAD-003でした。


SONY CDP-MS1

1998年に,ソニーが発売したCDプレーヤー。ソニーは,「ESシリーズ」
のCDプレーヤーを代々作り続け,CDプレーヤーのオリジネーターらしい
高い技術を示していました。そうした「ESシリーズ」とは異なる方向性,コ
ンセプトをもって開発・発売された個性的な1台がCDP-MS1でした。


Nakamichi OMS-70Ⅱ

1986年に,ナカミチが発売したCDプレーヤー。ナカミチは,1984年に
CDプレーヤーの1号機としてOMS-70を発売し,音質の良さで高い評価
を得ていました。ナカミチはその後,セパレートアンプ,チューナーなどを含
む「70シリーズ」を展開していきました。そして,このシリーズのCDプレー
ヤーであるOMS-70を改良・強化して発売されたのがOMS-70Ⅱでした。


MICRO CD-M100

1988年に,マイクロが発売したCDプレーヤー。マイクロは,1987年
にCDプレーヤー第1号機のCD-M2を発売し
,重厚な外観と独自の振
動対策などで,評価を得ていました。そのCD-M2の上級機,あるいは
後継機として発売されたのがCD-M100でした。


Technics SL-P1300

1988年に,テクニクス(パナソニック)が発売したCDプレーヤー。
1986年に発売され,業務用機のような思い切ったデザインと高機
能が人気となったSL-P1200の上級機,あるいは後継機として登
場したのがSL-P1300でした。


KENWOOD DP-8020

1989年に,ケンウッドが発売したCDプレーヤー。ロングセ
ラーモデルであったDP-1100シリーズを受けついで1988年
に発売されたDP-8010の後継機で,DAC,筐体構造など各
部を改良強化した同社の主力モデルでした。


marantz CD-15

1992年に,マランツが発売したCDプレーヤー。1980年にフィ
リップス傘下に入っていたマランツのCDプレーヤーは,ソニーと
ともにCDのオリジネーターであるフィリップスの技術を積極的に
導入して作られていました。フィリップスは,1991年に100周年
記念モデルとしてLHH-700を発売し,高い評価を得ていました。
このLHH-700をベースに開発され,マランツブランドの最高級機
として発売されたのがCD-15でした。


SONY CDP-R1a DAS-R1a

1989年に,ソニーが発売したセパレート型CDプレーヤー。ソニーは
1987年にCDトランスポートとD/Aコンバーターとを組み合わせた本
格的なセパレート型CDプレーヤーとしてCDP-R1,DAS-R1を発売
し,その先進的な内容やすぐれた性能で高い評価を得ました。その後
継機として,CDP-R1a,DAS-R1aが発売されました。


Nakamichi CDPlayer1

1991年に,ナカミチが発売したCDプレーヤー。ナカミチは,1984年
OMS-70からCDプレーヤーをスタートし,この年から1988年まで
OMSから始まる型番のCDプレーヤーを発売していきました。そして,
1990年になり,CDPlayer2,CDPlayer3,CDPlayer4という新しい
シリーズを展開し,翌年にCDPlayerシリーズの最上級機として発売さ
れたのがCDPlayer1でした。


YAMAHA GT-CD2

1992年に,ヤマハが発売したCDプレーヤー。前年の1991年にヤマ
ハがGTの名を冠して発売した,超ド級CDプレーヤーGT-CD1の弟機
として発売され,性能や構造をほぼ継承しつつ,合理化された設計によ
り,コストパフォーマンスが高められていました。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写真
を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注意く
ださい。
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system