Nakamichi CDPlayer1
CD PLAYER ¥250,000
1991年に,ナカミチが発売したCDプレーヤー。ナカミチは,1984年のOMS-70からCDプレーヤーを
スタートし,この年から1988年まで,OMSから始まる型番のCDプレーヤーを発売していきました。そし
て,1990年になり,CDPlayer2(¥99,800),CDPlayer3(¥79,800),CDPlayer4(¥49,800)
という新しいシリーズを展開し,翌年にCDPlayerシリーズの最上級機として発売されたのがCDPlayer1
でした。

外観上から特徴的であったのが,トップパネル上に設置された”Accoustic Stabilizer”でした。3mm厚と
いう分厚い非鉄系金属のパネルで,もっとも振動の発生しやすいメカニズム上部のトップパネルを補強す
るとともに,厳密なサウンドチューニングの役割ももっていました。特に,後者の目的のために,素材,大き
さ,厚み,表面処理,設置位置などがカットアンドトライによってきめ細かく調整されていました。さらに,筐体
そのものも,ボトムやリアパネルを含む外装パネルの内側に2mm厚程度の鋼板を貼り合わせた2重鋼板
のボディ構造を採用し,トータル約12.2kgという重量級の剛性の高いボディとするとともに,厚みの違う
鋼板を貼り合わせることによる振動モードの分散で,パネルの鳴きを減少させ,有害振動による音質劣化
を抑えていました。



CDトランスポート部には,独自の”MusicBank System”が採用されていました。これは,通常のCDプ
レーヤーのように,トレーに1枚のCDを載せて再生する感覚で,内部のストッカーに6枚のCDを内蔵させ
ることができる機能を持たせたもので,結果として1枚+6枚で計7枚の任意のCDの任意のトラックを自
由に再生できるオートチェンジャー機能が,シングル・ディスク・プレーヤーのシンプルさと両立して実現さ
れていました。
また,マグネットチャッキングによる大口径ディスクスタビライザーを搭載し,外部振動の影響を抑え,CD
そのものの共振を抑えることで,フォーカスサーボエラーを低減し,オーディオ信号へのサーボ電流の影
響を抑えていました。

D/Aコンバーター部には,8倍オーバーサンプリングデジタルフィルターが搭載され,その結果,後段には
3次というなだらかな特性にリニアフェイズ・ベッセル型アナログフィルターが使用されていました。しかも,
このフィルターには,特性追求に制約のあるICを使わず,ディスクリート部品で構成し,裸特性を改善して
位相精度を高めたフィルター特性を実現していました。
D/Aコンバーターとしては,「EL=エンハンスド・リニアリティ=直線性補強型」と名付けられたナカミチ独自
の「EL20ビットD/Aコンバーター」が搭載されていました。これは,CDからピックアップされた信号データ
を,デジタルフィルターで20ビット化し,20ビットデータを再演算によって-24dBを境に高/低2組の16
ビットデータに変換し,(データとしては,1~4,400と4,401~の2つに分ける)2つのデータをそれぞれ
2基のD/Aコンバーターによって別々に処理し変換後に合成するというものでした。この方式では,-24
dB以下(つまり4,400以下)のローレベル信号がデジタル的に16倍に増幅されて処理されており,元の
16分の1のデータに戻すことにより変換誤差が圧縮されローレベル信号では,通常の16倍の精度が保証
されるというものでした。デジタルオーディオでは,信号を分解,処理,復元が可能であることを利用した方
式でした。

オーディオ回路は,カセットデッキで培われたナカミチのすぐれたアンプ技術が生かされていました。ヘッド
ホン端子やヘッドホン・ボリューム,バリアブルアウトプットなどは,音質重視のために,音質劣化要因とし
てあえて排除した設計になっていました。出力は,オーディオ出力(固定)1系統,デジタル出力(同軸)1系
統のみに絞られていました。電源部には,アナログ部とデジタル部を別巻線として相互干渉を防止したマル
チレギュレーテッド・パワーサプライ方式が採用されていました。特に,D/Aコンバーターとアナログフィル
ターには,L・Rそれぞれのローカルレギュレーターを配して安定性を高めていました。さらにアースラインを
めぐるオーディオ信号へのノイズ混入を防止するため,グランドを分離させたアイソレートグランド方式を採
用していました。また,デジタルフィルター以降の回路基板にコンポジット材を用いて強度アップを図ったほ
か,オーディオ信号系から配線材を追放し,厳選を重ねた高品位なオーディオパーツを投入していました。

シンプルに見える外観ながら,演奏機能も豊富に搭載されていました。削除したい曲,ディスクを指定でき
る「デリートプレイ」,オール(ディスク全部)/デリート(削除した以外の曲)/シングルの3モードを持ち,曲順
を入れ替えてランダム再生する「3ウェイ・ランダムプレイ」,セットされたディスクの1曲目を10秒ずつ再生
する「ディスクスキャン」,収納した全ディスクのタイムデータを記憶する「タイムデーターメモリー」,オール/
デリート/メモリー/ランダムの4モードでリピートプレイが可能な「4ウェイ・リピートプレイ」,曲やディスクを
指定してメモリーする「メモリープレイ」などが搭載されていました。また,ナカミチのほとんどのデッキと連動
したシンクロ録音機能,ナカミチのシステムリモコンにも対応していました。

以上のように,CDPlayer1は,シリーズの最上級として,先行発売されていたCDPlayer2等をベースに,
より高音質化をめざし,技術的にも検討が加えられ,物量が投入されていました。上品で高域に向かって
繊細な音は,ナカミチらしい魅力を持つものでした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



オーディオマニアの目で,情熱で,作りました。
ハイチューン・マシン”CDPlayer1”

◎外乱抑制&サウンドチューニング技術
 ”アコースティック・スタビライザー”
◎内外の有害振動を抑えこむ,
 2重鋼板による高剛性ボディ
◎微小レベルの分解能に磨きをかけた
 ”トップグレードEL20ビットDAC”搭載
◎徹底した音質重視の設計と,
 贅をこらしたオーディオ回路
◎「1+6」計7枚のCDを自在に繰れる
 ミュージックバンク・システム

●ディスクの不要な振動を抑える,
 マグネットチャック方式の大口径
 ディスクスタビライザー装備。
●デジタルフィルター以降の回路基板
 にコンポジット材を用い,強度をアップ。
●金メッキ・アナログ端子/デジタル出力端子
 各1系統装備。
●8センチCD対応(シングルモード時)
●多彩なプレイ機能
●Nakamichiのほとんどのデッキと
 連動したシンクロ録音が可能。
●システムリモートコントロール対応。
●ワイヤレスリモコン付属。




●主な規格●

型式 デジタルオーディオシステム(コンパクトディスク方式)
読み取り方式 非接触光学式(半導体レーザー使用)
エラー訂正方式 CIRC方式
チャンネル数 2チャンネルステレオ
D/A変換方式 EL20ビット・デュアルD/Aコンバーター 
デジタルフィルター  8倍オーバーサンプリング・デジタルフィルター 
標本化周波数 44.1kHz
量子化 16ビット直線
ディスク回転速度 約200~500rpm(線速度一定)
ワウ・フラッター 測定限界以下
周波数特性 5~20,000Hz±0.5dB
S/N比 105dB以上(IHF A-WTD)
ダイナミックレンジ  100dB以上 
全高調波歪率 0.0025%(1kHz)
全高調波歪率+雑音 0.003%(1kHz) 
チャンネルセパレーション 100dB以上
出力レベル/インピーダンス ライン:2.0V/600Ω (1kHz,0dB)
電源 AC100V,50/60Hz
消費電力 最大29W
大きさ 430(巾)×100(高さ)×375(奥行)mm
重さ 約12.2kg
※本ページに掲載したCDPlayer1の写真・仕様表等は1986年6月
 
のNakamichiのカタログより抜粋したもので,ナカミチ株式会社に
 著作権
があります。したがってこれらの写真等を無断で転載・引用等
 をす
ることは法律で禁じられていますので,ご注意ください。

★メニューにもどる         
     
   
★CDプレーヤー5のページにもどる
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp

inserted by FC2 system