OTTO DCA-650
STEREO AMPLIFIER ¥63,800
1973年に,オットー(三洋電機)が発売したプリメインアンプ。三洋電機は,1966年に,OTTO(オットー)のブラン
ド名でモジュラーステレオ・DC-434を発売し,オーディオブランド・オットーをスタートしました。ブランド名のOTTO
は”Orthophonic Transistorised Technical Operation”の略で,「トランジスタ技術を駆使し,真の音を追求し
た音響装置」という意味で,当時の三洋電機のオーディオにかける熱意が感じられるブランド名でした。DCA-650
は,そんなオットーが正攻法で設計し作り上げた中級クラスのプリメインアンプでした。

DCA-650は,オットー自身が”「思想」のあるアンプ”と称していました。それは,裸特性を高め,裸ゲインを控えめ
にしてNFを浅くかけることで,「スルーレイト」=”音の立ち上がり”といった実使用時の動特性の改善を図るという設
計について称したものでした。スルーレイトを高めるために,動作電流を高くし,入力容量を小さくするという設計と
なっていました。
当時多くのアンプがとっていたオーバーオールに多量の深いNFをかけて特性の改善を図るという方法では,安定度
が悪くなり,発振に対する危険も増える傾向があります。このために,位相補正回路と称してコンデンサーをトランジ
スターのベース・コレクタ間に挿入するなど高域を落として安定を図っている場合が多く,DCアンプ(直結回路)とい
いながらもコンデンサーを多用し,実使用時の動特性が損なわれている場合もありました。
そこで,DCA-650では,fTが高く入力容量の小さな,素特性のよいトランジスターを使い,また,位相補正は1ヶ所
だけ最小値の10pF(通常は50~100pF)に抑えることでストレイキャパシティ(浮遊容量)を可能な限り追放してい
ました。
スルーレイトを高めたDCA-650には,スルーレイトを20,10,5V/μsの3段階に切換えられるスイッチが設けられ
ていました。これは,DCA-650のスルーレイトの高さは音の分解能の高さを示したもので,録音状態の悪いソース
などをソフトな音で聴こうとするときなどに対応した装備でした。

メイン部は,初段に差動増幅回路を用いた全段直結・ピュアコンプリメンタリー・OCL回路方式で,対称性の完璧な
ペアのトランジスターを選別し,補償も十分に行うことで,直流的バランスをきちんととっていました。NFを深くかける
ための裸ゲインを上げる差動回路やドライブ段に挿入されるバイパスコンデンサーも排除されていました。バイパス
コンデンサーを排除してローカルNFをかけ,その段での安定度を増すと同時に,裸特性を伸ばしていました。
出力段のピュアコンプリメンタリー回路には,40mAという十分なアイドリング電流を流してAB級動作させ,クロスオー
バー歪,ノッチ歪みも極小に抑えられていました。NFは,ゲインが低く20kHzまでフラットに伸びた裸特性に,35dB
と浅めにかけられていました。

プリ部イコライザーは,PNP-NPN-PNPの三段直結方式で電圧利用率を高くし,終段はエミッタフォロアで,出力イ
ンピーダンスを低く抑え,NFによって高域の許容入力が落ちない構成となっていました。また,この回路はRIAA偏
差を小さくでき,直流までNFをかけることが可能となっていました。こうした回路構成はシンプル化されており,スルー
レイトを高めるために,8pFと小さな位相補正回路がたった1つだけ挿入されているだけでした。±35Vの2電源で
70Vの高電圧をかけて許容入力は1kHzで400mV(RMS),15kHzで2880mVという大きな値が達成されてい
ました。終段の石には,キャンケースに納められたT05タイプのPcの大きなトランジスターが用いられ,実に500mW
に耐えられるようになっていました。イコライザー素子には,コンデンサーにタンタルなどに比べて漏れ電流が皆無で
周波数特性のよい特別のマイラータイプを使うなど,経年変化や環境変化の少ないものが選別されていました。
プリ部のトーンコントロールは,二段直結の増幅段の後にNF型のトーンコントロールがあり,低域のアクティブ・フィル
ターが続く構成になっていました。ボリュームは,入力インピーダンスの高いところで受けて,ボリュームの位置により
S/Nが変わらないように配慮されていました。
マイクアンプは,イコライザーアンプとほぼ同一の三段直結型の本格的な構成で,マイクミキシング時等のクオリティ
を確保していました。



電源部は,43W+43W(8Ω)の実出力を保証するのに十分余裕のあるもので,大型の電源トランスとコンデン
サーが搭載されていました。プリ部の電源は,メイン部とは独立した捲き線で供給され,+,-独立でそれぞれに
2石のトランジスターを使った電圧検出サーボ型定電圧回路で定電圧化される構成になっており,リップルフィル
ターのはたらきもしていました。電源の引き回しやアースポイントの取り方,パターンの描き方などループを作らな
いよう,クロストークを極小にするように配慮されていました。バズ対策として,入力端子のところで高周波的にシャ
ーシに落としており,また,MC型カートリッジを装着したときの不安定化を避けるバッファ回路を兼ねた回路も装
備されていました。

機能的には,プリメインアンプとして比較的多機能となっていました。入力は,PHONO2系統,TUNER,AUX2
系統,TAPE2系統,さらにフロントにMIC入力1系統が装備されていました。また,プリ部とメイン部を分割して
利用できるPRE OUT,MAIN INも装備されていました。TAPEは1→2のダビングができるようになっていました。
トーンコントロールはBASS,TREBLEが装備され,ターンオーバーの2段切換がそれぞれに搭載されていまし
た。その他,フィルターは70Hzと20Hz(SUBSONIC),12dB/oct,ラウドネス,-20dBのオーディオミューティ
ング,スルーレイト3段切換などが装備されていました。

以上のように,DCA-650は,中級機ながら三洋電機がオットーブランドでしっかりと作り上げたプリメインアンプ
で,実使用時の性能を考慮した設計は,当時としては先進的なものでもありました。ブランドのイメージ故にあま
り話題になることもなかったようですが,癖の少ないしっかりした音を持っていました。作りもよく,オーソドックス
なデザインながら,1974年度のグッドデザインにも選定されました。


OTTO DCA-450
STEREO AMPLIFIER ¥53,800


DCA-650には,弟機DCA-450も発売されました。回路構成等ほぼ同一で,出力は26W+26W,スルーレ
イト切換が10と20の2段となり,サブソニックフィルターが省かれるなどの違いがありました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



動特性「スルーレイト」の解明・・・。

解き分たれる音粒の冴え立ち。優しき響き。

◎音楽信号を直線的にクリップするスルーレイト!
◎スルーレイトは20!・・・十分におつりのくる値です
◎その回路構成はノウハウ!入力容量を小さくなど。
◎スルーレイト三段可変・・・第三のコントロール!
◎メインは,全段直結・ピュアコン・OCL・・・超低歪率です!
◎0.1%の歪率を基準に20Hz~20kHzで
 43W+43Wを支える十分な電源部・・・!
◎実装負荷特性が理論解析されたアンプです!
◎400mV(1kHz・RMS)という大きな許容入力の
 低歪イコライザ!
◎完璧な定電圧・電源など,細心の道具立てです・・・!




●定格●


《パワーアンプ部》

  DCA-650 DCA-450
ミュージックパワー(8Ω) 130W  80W 
実効出力 
 (片ch駆動・歪率0.1%・1kHz・8Ω)
 (両ch駆動・歪率0.1%・1kHz・8Ω)
 (両ch駆動・歪率0.1%・20Hz~20kHz・8Ω)

55W/55W
45W+45W
43W+43W

33W/33W
26W+26W
23W+23W 
高調波歪率
 (実効出力時)
 (1W出力時)

0.1%
0.05% 

0.1%
0.04%
混変調歪率
 (実効出力時)
 (1W出力時) 

0.1%
0.04% 

0.2%
0.04%
出力帯域幅(IHF・歪率0.5%)  5Hz~80kHz  5Hz~80kHz 
周波数特性 7Hz~100kHz  7Hz~100kHz 
入力感度/インピーダンス  1V/50kΩ  1V/50kΩ 
ダンピングファクタ(1kHz・8Ω)  60 50 
SN比(IHF・Aネットワーク)  110dB以上  110dB以上 
残留雑音(8Ω)  0.3mV  0.3mV 
スルーレイト  5,10,20V/μs  10,20V/μs 



《プリアンプ部》

入力端子(感度/インピーダンス)
 PHONO 1,2
 TUNER;AUX1,2;TAPE PB1,2
 MIC

2.5mV/50kΩ
140mV/60kΩ
2.5mV/50kΩ 

2.5mV/50kΩ
140mV/60kΩ
2.5mV/50kΩ  
PHONO最大許容入力
 (R.M.S.)
 (p-p) 

400mV
1100mV 

400mV
1100mV  
MIC最大許容入力(p-p)  500mV  500mV 
入力端子 SN比
 PHONO 1,2 MIC
 TUNER;AUX1,2;TAPE PB  

70dB
90dB以上 

70dB
90dB以上 
出力端子 レベル/インピーダンス
 TAPE REC 1,2
 TAPE REC(DIN)
 PRE OUT(定格) 

140mV/1kΩ
35mV/80kΩ
1.2V/1kΩ 

140mV/1kΩ
35mV/80kΩ
1.2V/1kΩ  
高調波歪率(定格出力時)  0.04%  0.04% 
周波数特性
 PHONO(RIAA偏差)
 TUNER;AUX;TAPE PB 

30Hz~15kHz±0.5dB
10Hz~60kHz 

30Hz~15kHz±0.5dB
10Hz~60kHz 
トーンコントロール
 BASS(ターンオーバー250Hz)
 BASS(ターンオーバー500Hz)
 TREBLE(ターンオーバー2.5kHz)
 TREBLE(ターンオーバー5kHz)  

±10dB(50Hz)
±10dB(100Hz)
±10dB(10kHz)
±10dB(20kHz)

±10dB(50Hz)
±10dB(100Hz)
±10dB(10kHz)
±10dB(20kHz) 
サブソニックフィルタ  20Hz(12dB/oct)   
LOWフィルタ  70Hz(12dB/oct)  70Hz(12dB/oct) 
ラウドネスコントロール  100Hz +8dB  100Hz +8dB  



《電源部他》

電源電圧 AC100V 50/60Hz  AC100V 50/60Hz 
電源コンセント
 (スイッチ連動)
 (スイッチ非連動) 

2個 150W
1個 200W

2個 150W
1個 200W 
寸法  420W×130H×330Dmm  420W×130H×330Dmm 
重量  10.2kg  9.3kg
※本ページに掲載したDCA-650,DCA-450の写真,仕様表等は1973年の
 OTTOのカタログより抜粋したもので,パナソニック株式会社に著作権があり
 ます。したがって,これらの写真等を無断で転載・引用等することは法律で禁
 じられていますのでご注意ください。

★メニューにもどる           

★プリメインアンプPART8のページにもどる


現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp

inserted by FC2 system