テープデッキのコーナー
PART10

オープンリールから始まった国産テープデッキの歴史。
それはカセットデッキの時代になり世界一の水準に達
したと言えるでしょう。何より,本来,会話記録用程度
にしか考えられていなかったカセットテープをハイファ
イ録音に使えるほどの性能に引き上げたのは,国産
メーカーのテープデッキたちでしょう。 
そんなテープデッキの名機,銘機を振り返ってみま
しょう。取り上げた機種が多くなってきたので表示の
時間等を考えてとうとう10ページ目に入りました。引
き続きごゆっくりご覧ください。



Panasonic RS-B965

1990年に,パナソニックが発売したカセットデッキ。松下電器(現パナ
ソニック)は,1965年に,オーディオブランドとしてテクニクスを立ち上
げ,オーディオ機器にテクニクスのブランド名をつけて展開し,高い評価
を受けていました。1989年に高級機はテクニクスブランド,中級機,普
及機にはパナソニックブランドと使い分ける方向に変わり,そんな中,
RS-B965はパナソニックブランドのカセットデッキの最上級機として登
場しました。


ALPINE/LUXMAN K-109

アルプス電気とラックスが作ったニューブランドALPINE/LUXMAN
が1986年に発売した
発売したカセットデッキ。ラックスは,1970年
代後半にカセットデッキ分野に参入し音質重視の高性能なカセットデッ
キを発売していました。そんなラックスは,1983年に,新開発の「G.T.
transport」などの凝ったメカニズム部と持ち前のアンプ技術を合体し
たカセットデッキK-05K-04,K-03というシリーズを発売しました。
その後継機ともいえるのがK-109でした。


Lo-D D-9

1982年に,ローディー(日立)が発売したカセットデッキ。日立はロー
ディーブランドで数多くのすぐれたカセットデッキを出し,世界初のコンビ
ネーション3ヘッド搭載の3ヘッドカセットデッキをはじめカセットデッキの
分野では,ヘッドだけでなく,モーター,素材技術など各部にすぐれた基
礎技術をもつ日立ならではの高い技術が感じられる製品が発売されて
いきました。その集大成的デッキとして,D-2200MBが1981年に発
売され,その技術を全面的に継承した1台がD-9でした。


AKAI GX-F51

1982年に,アカイが発売したカセットデッキ。アカイは,オープンリー
ルデッキの時代からすぐれた技術を発揮して多くの名機を作り上げて
きたブランドでした。そんなアカイが,それまでの技術や経験を生かし,
使いやすさと性能をトータルにレベルアップした新しいシリーズとして
「TOTAL ADVANCE DECK」を展開しました。3ヘッドデッキの
GX-F91GX-F71と2ヘッドデッキのGX-F51,GX-F31が展開さ
れました。この2ヘッドのシリーズの中の上級機がGX-F51でした。


SONY TC-K555

1981年に,ソニーが発売したカセットデッキ。前年の1980年に
栄光のナンバー「777」を復活させたカセットデッキの最上級機
TC-K777の弟機として発売された3ヘッドデッキで,前世代の
TC-K71,TC-K75等の3ヘッド機をレベルアップした内容を
持っていました。


SONY TC-K555ESⅡ

1984年に,ソニーが発売したカセットデッキ。その名称から分
かるように,1981年発売のTC-K555ESをモデルチェンジし
たデッキで,外観デザインはほとんど変わりはありませんが,内
容は大きく強化されていました。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,
 その版権・著作権等は,各オーディオメーカーにあります。
 したがって,これらの写真を無断で転載等することは,法律
 で禁じられている行為ですのでご注意ください。

  
   
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象
のある方,そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp     
 


  メニューにもどる
inserted by FC2 system