テープデッキのコーナー
              PART2
オープンリールから始まった国産テープデッキの歴史。それは
カセットデッキの時代になり世界一の水準に達したと言えるでし
ょう。何より,本来,会話記録用程度にしか考えられていなかっ
たカセットテープをハイファイ録音に使えるほどの性能に引き上
げたのは,国産メーカーのテープデッキたちでしょう。       
そんなテープデッキの名機,銘機を振り返ってみましょう。
取り上げた機種が多くなってきたので表示の時間等を考えて
2ページ目に入りました。ごゆっくりご覧ください。
 

RS-B100のページへ
Technics RS-B100

テクニクスが1983年に発売した3ヘッドカセットデッキ。同社のカセットデッキの中でも最強の1
台と考えられます。クォーツDDダブルキャプスタンの走行系とアモルファス合金の録再ヘッドを
持つ3ヘッド構成で,ノイズリダクションには,ドルビーB/Cに加えてdbxも搭載していました。
位相補正回路という技術をアンプ部に導入し,メカニズムとアンプ系両面から音質を追求した高
性能デッキでした。当時,テクニクス自身も「原器」「テクニクスデッキの頂点」「リファレンスデッ
キ」などと称していたものでした。

CT-A9のページへ
PIONEER CT-A9
パイオニアが1984年に発売した3ヘッドカセットデッキ。それまでカセットデッキの分野ではCT-A1
以来あまり定評を得られていなかったパイオニアが本格的に物量を投入し,メカニズムの精度を徹
底して追求して作り上げた高性能デッキでした。外見のごつさゆえか,「性能はいいがデザインのあ
かぬけないワーストデザイン賞ものだ」と称されたこともある質実剛健型デッキでした。このデッキの
中身の良さは広くマニアの知るところとなり,10年後の名機T-1100Sにつながることにもなった
力作だったと思います。


 
GX-77の写真
AKAI GX-77
アカイが1981年に発売したEEポジション装備のオープンリールデッキ。オープンリールデッキの
イメージを変えるデザインとオープンリールデッキ初のクイックリバース機能などで新境地を開こう
としたアカイの意欲作でした。カセットデッキとのコンビネーションで,FMエアチェックのマスター機
として売り出そうとしましたが,広く支持を得るまでにはいたりませんでした。しかし,その性能は
今でも一級だと思います。

 
700ZXLのページへ
Nakamichi 700ZXL
ナカミチが1980年に発売した超高級カセットデッキでした。同じ年に発売された1000ZXL
に次ぐ高級機としてRAMM,ABLEなどの自動化機能を搭載し,その高精度なメカニズム
およびアンプ系から送り出される音はカセットのわくを超えたものでした。1000ZXLに次ぐ
とはいえ,通常考えられないほどの性能と機能を持った超弩級機として記憶に残る名機だと
思います。


 
D-5500Mのページへ
Lo-D D-5500M
ローディー(日立)が1979年に発売した高級カセットデッキ。国産(世界?)で初めてコンピュ
ーターによるバイアス,テープ感度,イコライザーの全自動チューニング機能を搭載した画期的
なカセットデッキD-5500のメタル対応化モデルで,当時としては画期的なものでした。まさに
「技術の日立」の面目躍如といった感じで,当時のローディーのフラッグシップモデルでした。こ
うやって振り返ると,ローディーは本当にいい技術をもっていたブランドでした。


 
K-1Xのページへ
YAMAHA K-1x
ヤマハが1984年に発売した高級カセットデッキ。1978年より作られ続けてきた同社の高級
カセットデッキ「K-1」の型番を持つデッキの系譜の最終型でした。オーソドックスな作りの高性
能デッキとして,派手ではありませんが,実力は高いものがありました。

TD-V931のページへ
Victor TD-V931
ビクターが1989年に発売した3ヘッドデッキ。それまでシングルキャプスタン,右側カセットドア
という形のデッキを出していたビクターが,1987年に発売したTD-V711より左側カセットドア
3ヘッド・デュアルキャプスタンというオーソドックスなデッキを出し始めましたが,このTD-V931
はその系列の中でも最強のモデルとして高性能を誇りました。徹底した振動対策が印象的でし
た。

AD-FF90のページへ
AIWA AD-FF90
アイワが1982年に発売した3ヘッドデッキ。デザインは何となくちゃらちゃらした感じにも見えます
が,デュアルキャプスタンの安定した走行系とアモルファスヘッドを用いた3ヘッド機で,国産では
アイワが最も早くから取り組んでいたドルビーHXも搭載された音質重視型の本格的な高級デッキ
でした。再生時にノイズリダクションを自動的にセットできるという機能も搭載され,アイワのカセット
デッキにかける意欲が良く表れていた1台だったと思います。

KX-1100Gのページへ
KENWOOD KX-1100G
ケンウッドが1985年に発売した3ヘッドデッキ。高剛性メカで好評を博していたKX-880シリー
ズの3ヘッド版という感じでした。目立つ存在とはいえませんでしたが,オーソドックスなメカで
高性能を追求したその設計により,シャープな音を持ついいデッキだったと思います。


 
TC-K666ESのページへ
SONY TC-K666ES
ソニーが1982年に発売した3ヘッドカセットデッキ。ESシリーズの中の1台で,777ES
弟機として出ていましたが,独自の3モーターメカニズムを搭載するなど,上級機とはまた
違った魅力を持ったオーソドックスな高性能デッキでした。

RS-1500Uのページへ
Technics U-38(RS-1500U)
テクニクスが1976年に発売したオープンリールデッキ。いわゆる2トラ38機で,独自の
テープローディング方式を新開発し,持ち前のDD技術を投入して作り上げられた意欲作
でした。テープ走行の安定性もよく好評を得てロングランをすることとなった名機でした。

CT-970のページへ
PIONEER CT-970
パイオニアが1981年に発売した3ヘッドデッキ。当時のパイオニアの機器に共通する,3分
割のパネルデザインが目立ちますが,実は,非常に優れた走行系とヘッドを持った隠れた名
機とも言える高性能デッキでした。


 
GX-Z9100のページへ
A&D GX-Z9100
1987年に赤井電機と三菱電機が発足させた新ブランドA&Dのもと,新開発された高性能
デッキがGX-Z9100でした。スーパーGXヘッドをはじめとする,AKAIブランドで培われてき
た優れたデッキ技術が投入され,高い完成度と優れた性能を誇りました。そして,モデルチェ
ンジを受けながらロングセラーモデルとなりました。

ZX-7のページへ
Nakamichi ZX-7
ナカミチが1981年に発売した3ヘッドデッキ。400,500,600・・・という3桁の型番から
1桁の型番へと変わり,ある意味で新しいシリーズとして登場した1台でした。基本メカニズ
ム等はプレステージ機の1000ZXLと同一で,マニュアル調整で性能を追求した設計は,
テープマニアたちの支持を得ました。私自身初めて使ったナカミチ機が本機で,個人的にも
思い出深い1台です。

DR-F3のページへ
DENON DR-F3
デンオンが1980年に発売したカセットデッキ。きわめてオーソドックスなワンウェイ・3ヘッド
機で,クォーツロックPLLモーターとテンションサーボを搭載した走行系,オールDC構成録
再アンプなど,同社のオープンリールデッキの技術を取り入れた,手堅い作りの使いやすい
テープデッキでした。

DD-99のページへ
Victor DD-99
ビクターが1981年に発売した3ヘッドデッキ。ビクター独特の右側カセットドアタイプで,シン
グルキャプスタン・3ヘッドという構成のシリーズの最上級機にあたりました。オーソドックスな
がら,DDモーターの回転精度,自慢のSAヘッドなど,音質重視の姿勢で作られたデッキでし
た。

D-X10のページへ
Lo-D D-X10
ローディー(日立)が1984年に発売した3ヘッドデッキ。3ヘッドデッキのリバースデッキがこの
ころ各社から発売されていましたが,3ヘッドのローディーが,ついに出した3ヘッドリバースデッ
キがこのD-X10でした。ローディーが積み上げてきたデッキ技術が投入された充実した中身を
持ったデッキだったと思います。

ZX-5のページへ
Nakamichi ZX-5
ナカミチが1984年に発売した3ヘッドデッキ。ZXシリーズとして出されましたが,それまでの
ZX-7,ZX-9とは筐体やヘッドなどが異なる毛色の違った新開発のデッキで,やや硬めとも
思える非常にシャープな音が特徴でした。

GX-747dbxのページへ
AKAI GX-747dbx
1982年にアカイが発売したオープンリールデッキ。当時,ティアックとともにアカイが推進して
いたEEポジション対応のオープンリールデッキで。2Tr38並の高性能での長時間録音を可能
にしていました。本機はそのEEオープンの代表的モデルGX-747にdbxを搭載して強化したモ
デルで,ティアックのX-1000R,X-2000Rとともに,EEオープン最強の1台となっていました。

SD-60のページへ
marantz SD-60
1989年にマランツが発売したカセットデッキ。同社のアンプとデザインを揃えた高級感の
ある落ち着いたデザインのフロントパネルが特徴的でした。中身は3ヘッドデュアルキャプ
スタンというオーソドックスなもので,まじめな作りと高いコストパフォーマンスが特徴でした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・著作権
等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写真を無断で転載
等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注意ください。        
  
   
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      
 

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp



 

メニューにもどる

inserted by FC2 system