テープデッキのコーナー
                  PART4
オープンリールから始まった国産テープデッキの歴史。それは
カセットデッキの時代になり世界一の水準に達したと言えるでし
ょう。何より,本来,会話記録用程度にしか考えられていなかっ
たカセットテープをハイファイ録音に使えるほどの性能に引き上
げたのは,国産メーカーのテープデッキたちでしょう。
そんなテープデッキの名機,銘機を振り返ってみましょう。
取り上げた機種が多くなってきたので表示の時間等を考えて
ついに4ページ目に入りました。ごゆっくりご覧ください。
 

PC-X80ADのページへ
Aurex PC-X80AD

1978年にオーレックス(東芝)が発売した受注生産の高級デッキ。オーレックス
独自開発のノイズリダクションadresを搭載し,当時開発中のメタルテープへの対
応もいち早く果たした意欲作でした。


GXC-735Dのページへ
AKAI GXC-735D

1978年にアカイが発売したカセットデッキ。国産初(世界初?)のクイックリバー
スデッキで,カセットデッキのオートリバースに長い歴史と経験を持つアカイならで
はの1台でした。


D-150のページへ
Lo-D D-150

1976年にローディー(日立)が発売した可搬型カセットデッキ。このタイプのカセッ
トデッキでは珍しい,3ヘッド,デュアルキャプスタンという構成を持つデッキで,ロー
ディーらしい1台でした。


PC-G90ADのページへ
Aurex PC-G90AD

1982年にオーレックス(東芝)が発売したカセットデッキ。オーレックス自慢の
アドレス搭載デッキで,最も進んだ技術を搭載したアドレスデッキであるとともに
アドレスデッキの最終形となった1台でした。



Technics RS-M85

1978年にテクニクスが発売したカセットデッキ。国産初のクォーツロックDDモー
ターを搭載したテクニクスらしいデッキで,正立透視型カセットデッキとしては限界
ともいえる薄型筐体を実現したテクニクスの技術を示した1台でもありました。



XK-S9000のページへ
AIWA XK-S9000

1991年にアイワが発売したカセットデッキ。アイワ最後の高級デッキともいえる
カセットデッキで,各部にアイワの徹底したこだわりが見られた印象的な1台でし
た。


TC-K555ESXのページへ
SONY TC-K555ESX

1986年にソニーが発売したカセットデッキ。「ESシリーズ」としては初めてメカ
ニズムを中央に配置した,ミッドシップドライブ・システムを採用したモデルで,
これ以降の「ESシリーズ」のカセットデッキの原型ともなった1台でした。

RT-W7のページへ
OPTONICA RT-W7

1980年にオプトニカ(シャープ)が発売したカセットデッキ。いわゆるダブルデ
ッキですが,ダビングができるというメリットと録音デッキ,再生デッキを独立さ
せて音質を追求するというコンセプトを持った珍しいダブルデッキでした。


KX-9050Sのページへ
KENWOOD KX-9050S

1992年にケンウッドが発売したカセットデッキ。3ヘッド,デュアルキャプスタン
というオーソドックスに音質を追求した構成に,ドルビーSタイプを搭載したもの
で,ケンウッド最後の本格的音質追求型のデッキとなってしまいました。

DR-F8のページへ
DENON DR-F8

1981年にデンオン(現デノン)が発売したカセットデッキ。前作のDR-F1
DR-F2,DR-F3のシリーズを大幅に改良し強化したともいえる内容を持
つモデルで,DDモーターの搭載,コンピューターチューニング機構の採用
など内容の充実した1台となっていました。

CT-1000のページへ
PIONEER CT-1000

1977年にパイオニアが発売したカセットデッキ。大型の筐体を持つ当時
の同社のカセットデッキの最上級機で,3ヘッド,デュアルキャプスタンな
どオーソドックスに音質を追求した1台でした。


D-909のページへ
Lo-D D-909

1984年にローディー(日立)が発売したカセットデッキ。コンビネーション
型3ヘッドのオリジネーターであるローディーの技術力を発揮した高級デ
ッキで,ローディーの3ヘッドデッキとして,最後の世代につながって いっ
た1台でもありました。

RS-AZ7のページへ
Technics RS-AZ7

1995年にテクニクス(松下電器)が発売したカセットデッキ。中級機ながら
独自の高性能ヘッドを開発搭載した1台で,その再生音は独自の個性をも
つすばらしいものでした。

TC-FX1010のページへ
SONY TC-FX1010

1981年にソニーが発売したカセットデッキ。全面フラットパネル,ツマミ類の
突起が一切無いというユニークなデザインが目立つ個性的なカセットデッキで
ソニーの歴史の中でもユニークな1台だったと思います。

KD-3のページへ
Victor  KD-3

1975年にビクターが発売した可搬型カセットデッキ。初のセンダスト合金ヘッド
センアロイヘッドを搭載したのが本機で,据え置き型デッキに負けないすぐれた
性能を持った力作でした。


TC-6150SDのページへ
SONY TC-6150SD

1973年にソニーが発売したカセットデッキ。ソニー初の3ヘッドカセットデッキ
で,自社開発の独立型3ヘッド方式,デュアルキャプスタンの走行系など高度
な内容を持った高級デッキでした。


AL-700のページへ
TEAC AL-700

1976年にティアックが発売したエルカセットデッキ。「オープンリールの
音をカセットで」のうたい文句のもと,ソニー,ティアック,テクニクスが共
 同開発したエルカセット規格のティアックの第1号機でした。

TA-680のページへ
ONKYO  TA-680

1978年にオンキョーが発売したカセットデッキ。それまでテープデッキの
分野では,あまりメジャーとはいえなかったオンキョーが,テープデッキに
ついての基礎研究に力を入れ,各部にしっかりとした技術を投入して作り
上げた高級デッキでした。


A-7400RXのページへ
TEAC A-7400RX

1975年にティアックが発売したオープンリールデッキ。いわゆる2トラ38
機で,当時のティアックのオープンリールデッキの中でも最上級機にあたる
1台でした。民生用デッキとして初めてdbxを内蔵し,余裕あるオープンリー
ルにさらに余裕を持たせた高性能なテープデッキでした。

PRO1000のページへ
AKAI PRO1000

1977年にアカイが発売したオープンリールデッキ。2トラ38の
高級機で,当時のアカイのプレステージモデルといった存在でし
た。その余裕溢れる性能はアナログ録音機として非常に高い
レベルにあるものでした。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・著作権
等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写真を無断で転載
等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注意ください。
        
  
   
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp

 

メニューにもどる

inserted by FC2 system