テープデッキのコーナー
                   PART5


オープンリールから始まった国産テープデッキの歴史。そ れは
カセットデッキの時代になり世界一の水準に達したと言えるでし
ょう。何より,本来,会話記録用程度にしか考えられていなかっ
たカセットテープをハイファイ録音に使えるほどの性能に引き上
げたのは,国産メーカーのテープデッキたちでしょう。 
そんなテープデッキの名機,銘機を振り返ってみましょう。
取り上げた機種が多くなってきたので表示の時間等を考えて
とうとう5ページ目に入りました。引き続きごゆっくりご覧ください。





TC-K8Bのページへ
SONY TC-K8B

1977年にソニーが発売したカセットデッキ。2モーターメカニズム
グリーンモーター,フェザータッチオペレーション,液晶メーターなど,
オーソドックスながら先進的な内容を持つ高級デッキでした。


Nakamichi600のページへ
Nakamichi600  

1975年にナカミチが発売したカセットデッキ。2ヘッドながらすぐれた
ヘッドの性能と設計により,3ヘッドに迫る特性を実現した高性能デッキ
でした。スラントパネルも特徴的な1台でした。

D-970のページへ
SANSUI D-970

1982年にサンスイが発売したカセットデッキ。デッキの分野ではあまり
メジャーではなかったサンスイが作り上げた,本格的な内容を持つ3ヘッ
ドデッキで,性能的にも優れたものを持っていました。

TC-1000のページへ
YAMAHA TC-1000

1977年にヤマハが発売したカセットデッキ。当時のヤマハのトップモデル
に付けられていた型番1000を付けた高級デッキで,当時のヤマハの技
術力をエレガントなデザインにまとめた1台でした。

DH-710sのページへ
DENON DH-710S

1974年にデンオン(現デノン)が発売したオープンリールデッキ。2トラック
38cmの高級デッキで,当時,放送局用の機器など,プロ用機のブランドの
イメージも強かったデンオンブランドらしさを漂わせた1台でした。

Nakamichi700のページへ
Nakamichi700 

1973年にナカミチが発売したカセットデッキ。当時世界をアッとい
わせた名機1000の弟機ともいえる存在ですが,カセットデッキの
常識を破る洗練されたシンプルなデザインなど,独自の魅力を持
つ1台でした。

DR-70Gのページへ
DENON DR-70G

1989年にデンオン(現デノン)が発売したカセットデッキ。オーソドックスな
3ヘッドデッキで,正攻法で音質を追求した使い易い中級機で,その意味で
は目立たないながらも実力派の1台でした。

K-2000のページへ
YAMAHA K-2000

1982年にヤマハが発売したカセットデッキ。同社のカセットデッキの
最上級機の系譜K-1シリーズの上級機とも後継機とも言える,突如
現れた3ヘッド機で,ヤマハらしい繊細で美しいデザインも魅力的で
した。

TC-R7-2のページへ
SONY TC-R7-2

1976年にソニーが発売したオープンリールデッキ。テープデッキに
おいて先駆者であり,優れた技術を持っているソニーの高い技術が
発揮されていました。「secloffシリーズ」の代表的な1台でした。

RT-2022/2044のページへ
PIONEER RT-2022/2044

1976年にパイオニアが発売したオープンリールデッキ。パイオニアは
スピーカーやアンプのイメージが強いブランドですが,オープンリールデ
ッキにおいてもすぐれた性能のモデルを出していました。RT-2022及び
RT-2044は多彩な使い方と発展性を持った意欲作でした。

Nakamichi550のページへ
Nakamichi550 

1975年にナカミチが発売したカセットデッキ。いわゆる可搬型のカセット
デッキで,2ヘッドのシンプルな構成ながら,ナカミチ独自の高度なヘッド
技術をはじめ,各部にすぐれた技術が投入され,高音質を誇りました。

F-1のページへ
TEAC F-1

1976年にティアックが発売したオープンリールデッキ。各部に水晶
制御を取り入れた高度な内容のティアックの民生用としては歴代で
も最高級機の1つでした。

TC-K80のページへ
SONY TC-K80

1978年にソニーが発売したカセットデッキ。独自の液晶プログラムメー
ターを搭載し,クリスタルロックによるダイレクトドライブ方式の採用など,
ソニーのすぐれたデッキ技術が満載された先進的なカセットデッキでした。

PC-10のページへ
TEAC PC-10

1976年にティアックが発売した可搬型カセットデッキ。この分野では,
ソニーがデンスケですぐれた製品を多く出していましたが,同じく,すぐ
れたテープデッキ技術を持ったティアックが満を持して発売したのが,
このPC-10でした。

DRS-810Gのページへ
DENON DRS-810G

1992年にデンオン(現デノン)が発売したカセットデッキ。一見CDプレ
ーヤーかDATデッキを思わせる外観ですが,珍しい水平ローディング
を採用したカセットデッキで,コストパフォーマンスの高い1台でした。

TC-2200のページへ
SONY TC-2200

1970年にソニーが発売したカセットデッキ。走行系やヘッド等に新技
術を投入し,カセットデッキの技術面での大きな飛躍をもたらした画期
的な1台でした。

V-1RXのページへ
TEAC V-1RX

1981年にティアックが発売したカセットデッキ。3ヘッドの優れた走行
系とdbxを組み合わせたティアックらしいテープデッキでしたが,デザイ
ンや操作感は,それまでのイメージを大きく変えるものとなっていました。

RT-707のページへ
PIONEER RT-707

1977年にパイオニアが発売したオープンリールデッキ。EIA規格のラ
ックマウントや積み重ねてのセッティングも可能にした,アンプ的な筐体
をもっていたのが特徴で,オーディオシステムの中に位置づけやすくし
ようとした,カセットデッキに負けるなというパイオニアの意気込みを感じ
る1台でした。

V-9のページへ
TEAC V-9

1980年にティアックが発売したカセットデッキ。598クラスの同社のエ
ントリーモデルですが,奇抜なメーターデザインからカメレオンと名付け
られていました。走行系等オーソドックスにしっかり作られたテープデッキ
でした。

CT-920のページへ
PIONEER CT-920

1979年にパイオニアが発売したカセットデッキ。この時期のパイオニアのカセット
デッキは,「フルオープンローディング」と称する,カセットテープを直接装着する
タイプのカセットデッキをいくつか出していました。これは,その最終形ともいえる
モデルで,大柄な筐体に走行系,ヘッド等本格的な内容を盛り込んだ高級デッキ
でした。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・著作権
等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写真を無断で転載
等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注意ください。
        
  
   
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp     
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system