テープデッキのコーナー
PART6


オープンリールから始まった国産テープデッキの歴史。それは
カセットデッキの時代になり世界一の水準に達したと言えるでし
ょう。何より,本来,会話記録用程度にしか考えられていなかっ
たカセットテープをハイファイ録音に使えるほどの性能に引き上
げたのは,国産メーカーのテープデッキたちでしょう。 
そんなテープデッキの名機,銘機を振り返ってみましょう。
取り上げた機種が多くなってきたので表示の時間等を考えて
とうとう6ページ目に入りました。引き続きごゆっくりご覧ください。




V-9000のページへ
TEAC V-9000

1989年にティアックが発売したカセットデッキ。左側にメカニズムのある
従来型のオーソドックスなデザインの3ヘッドデッキとしては最後の世代に
あたる1台で,スマートな外観ながら,ティアックらしいしっかりとした作りの
デッキでした。

CT-980のページへ
PIOEER CT-980

1981年にパイオニアが発売したカセットデッキ。当時のパイオニアの特徴的な
デザインの中に,3ヘッドと再生オートリバースというフィーチャーを盛り込んだ
意欲作でした。

K-537のページへ
NEC K-537

1983年にNECが発売したカセットデッキ。NECは当時オーディオというイ
メージからは遠く,カセットデッキの分野でも目立った製品はありませんでし
た。そんなNECから発売された本格的3ヘッドデッキがK-537でした。

PC-X55ADのページへ
Aurex PC-X55AD

1980年に,オーレックス(東芝)が発売したカセットデッキ。オーレックス自慢
のアドレスデッキの中では,エントリーモデル的存在でしたが,隠された機能を
持つ変わり種モデルでもありました。

DR-L2のページへ
DENON DR-L2

1981年に,デンオン(現デノン)が発売したカセットデッキ。同社初の
オートリバース搭載のカセットデッキでしたが,非常に速いリバース速度
を実現しているなど,リバース機に対するデンオンの意地が感じられる
1台でした。

V-8000Sのページへ
TEAC V-8000S

1991年に,ティアックが発売したカセットデッキ。90年代に入りセンターメカ
を採用してデザインの印象も大きく変わってきたV-4桁シリーズの最上級機
で,同社初のドルビーS搭載モデルでもありました。

TC-KA7ESのページへ
SONY TC-KA7ES

1994年に,ソニーが発売したカセットデッキ。最後のESシリーズの高級デッキ
で,ヘッド,走行系もしっかりと技術が投入され,ドルビーSも搭載されるなど,各
部にソニーの熱意が感じられる1台となっていました。

GXC--750Dのページへ
AKAI GXC-750D

1977年に,アカイが発売したカセットデッキ。オープンリールデッキな
みの3ヘッド,3モーターという構成をカセットデッキに投入したコンポス
タイルのデッキで,同社の高いデッキ技術が示された1台でした。

AD-FF8のページへ
AIWA AD-FF8

1981年に、アイワが発売したカセットデッキ。3ヘッド,デュアルキャプスタン方式
はもちろんのこと,マイコンによるオートチューニングなど,当時最新のスペックを
投入しながら,比較的手ごろな価格を実現していた高いコストパフォーマンスを誇
る1台でした。

RS-690Uのページへ
Technics RS-690U

1975年に、テクニクスが発売したカセットデッキ。テープデッキ部と録再アンプ部
が独立した筐体になっている、国産初(世界初)のセパレート型カセットデッキで
当時のテクニクスのカセットデッキにかける熱意があふれる1台でした。

TC-K75のページへ
SONY TC-K75

1979年に,ソニーが発売したカセットデッキ。ソニーの正立透視型カセットデッ
キとしては初めての3ヘッドデッキで,オーソドックスにきちんと煮詰められたメカ
ニズム系を中心に,しっかりした性能を持った1台でした。

GX-9のページへ
AKAI GX-9

1984年に,アカイが発売したカセットデッキ。前年まで,10万円を大きく超える超
高級機をトップモデルとして据えていた同社のカセットデッキの中では,やや地味な
存在に見られがちでしたが,オーソドックスに技術や物量が投入された正統派の3
ヘッドデッキで,すぐれた性能を持った1台でした。

GX-93のページへ
AKAI GX-93

1986年に,アカイが発売したカセットデッキ。上のGX-9の実質的な後継機
にあたります。しかし,この後アカイはA&Dブランドへと移行するため,AKAI
ブランド最後の高級デッキとなりました。

TA-7Xのページへ
ONKYO TA-7X

1981年に,オンキョーが発売したカセットデッキ。同社の最高級デッキ
TA-9Xの弟機といった存在で,同社は,カセットデッキではあまりメジャー
なブランドではありませんでしたが,基本部分がしっかり作り込まれた1台
でした。

TC-FX7のページへ
SONY TC-FX7

1980年に,ソニーが発売したカセットデッキ。ソニー史上,あるいは
カセットデッキ史上最も薄いパネルを持つカセットデッキで,カセット
テープを立てて装着する正立透視型としては限界ともいえる薄さの
カセットデッキでした。

SC-77のページへ
SANSUI SC-77

1979年に,サンスイが発売したカセットデッキ。サンスイ初のメタル対応型
のデッキSC-○○シリーズの最上位機で,サンスイらしい精悍なデザインも
特徴的でした。

R-9000のページへ
TEAC R-9000

1989年に,ティアックが発売したカセットデッキ。型番から分かるとおり,このペー
ジに掲載されているV-9000の姉妹機にあたるモデルですが,こちらは3ヘッドの
オートリバースメカニズムを搭載したデッキとなっていました。

TD-V711のページへ
Victor TD-V711

1987年に,ビクターが発売したカセットデッキ。それまでの同社の特徴であった
右側カセットホルダーのカセットデッキから,オーソドックスでハードなデザインに
変わり,メカニズム等の内容的にも大きな転機となった1台でした。

K-2のページへ
YAMAHA K-2

1978年に,ヤマハが発売したカセットデッキ。K-1の弟機で,中級機ですが
ヤマハ初の3ヘッド構成を採用するなど,オーソドックスに技術をしっかりと投
入した意欲作でした。

KX-9010のページへ
KENWOOD KX-9010

1989年に,ケンウッドが発売したカセットデッキ。比較的手ごろな価格の中級機
ながら,充実した中身をもつ本格的な3ヘッドデッキで,コストパフォーマンスの高
い1台でした。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・著作権
等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写真を無断で転載
等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注意ください。

  
   
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp     
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system