デジタルレコーダーのコーナー
PART2

デジタル方式で録音する機器はCDプレーヤー同様に
比較的新しいコンポーネントです。しかも,様々な規格
が存在します。「懐古録」とは言いにくい分野かもしれ
ませんが,印象に残る名機はやはり存在すると思い
ます。







ONKYO DT-2001

オンキョーが,1987年に発売したDATデッキ。オンキョーにとって
第1号機だけに,各部にしっかりと技術と物量が投入された力作
となっていました。


KENWOOD DX-2200SR

1987年に,ケンウッド(現JVCケンウッド)が発売したDATデッ
キ。DAT(デジタル・オーディオ・テープ)デッキは1987年に第1
号機が各社から発売されました。そうした中,ケンウッドのDAT
デッキ第1号機として発売されたのがDX-2200SRでした。


SONY DTC-77ES

1991年に,ソニーが発売したDATデッキ。DATの中心開発
メーカーであるソニーは,1990年に威信をかけて作り上げた
ともいえる高級DATデッキDTC-1500ESを発売し,すぐれた
性能に高い評価を受けました。その技術を生かし,作り上げら
れた弟機がDTC-77ESでした。


PIONEER D-90

1990年に,パイオニアが発売したDATデッキ。1987年に,パ
イオニアは第1号機D-1000でDAT分野に参入し,翌年1988
年に,自社製2DDメカを搭載した弟機D-900を発売しました。
その後継機としてグレードアップされたモデルがD-90でした。


SONY DTC-55ES

1990年に,ソニーが発売したDATデッキ。ソニーは,デジタル録
音機の分野では先駆者で,DAT規格の立ち上げにおいても中心
的存在でした。そんなソニーが,1987年のDATスタートから3年
後,DATの普及をめざして発売した1台がDTC-55ESでした。


TEAC R-10

1990年に,ティアックが発売したDATデッキ。ティアックはDAT元
年の1987年に,エソテリックブランドで超高級機R-1を発売し,す
ぐれた技術を示していました。そんなティアックがティアックブランド
で初めて発売したDATデッキがR-10でした。


SONY DTC-500ES

1988年に,ソニーが発売したDATデッキ。DAT(デジタル・オー
ディオ・テープ)デッキは1987年に第1号機が各社から発売され,
ソニーはその原器ともいうべきDTC-1000ESを発売しました。
そして,その翌年に同社の第2号機として発売された弟機が
DTC-500ESでした。


XD-Z1100

1987年に,ビクターが発売したDATデッキ。DATの第1世代機
は,1987年に各社から一斉に発売され,DAT(デジタル・オー
ディオ・テープ)がスタートしました。ビクターのDAT第1号機として
発売されたのがXD-Z1100でした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,
 その版権・著作権等は,各オーディオメーカーにあります。
 したがって,これらの写真を無断で転載等することは,法律
 で禁じられている行為ですのでご注意ください。
        
     
   
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や
印象のある方,そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system