EQ-7070の写真
Victor  EQ-7070
STEREO PHONO EQUALIZER ¥178,000

1978年に,ビクターが発売したプリアンプ。ビクターが,実験的高級機として「Laboratory」の名称を冠して
開発・発売した「7070シリーズ」のプリアンプで,当時,いくつかのメーカーで発売された,機能ごとに細分化
し,全体をシステムとしてとらえるシステムアンプの形を取り,単体としては機能をシンプルにし,PHONO入
力に大きく比重をかけ,徹底して性能を磨きあげたプリアンプでした。ビクター自身は「ステレオ・フォノ・イコ
ライザー」と称していました。

EQ-7070の基本的な構成は,MCヘッドアンプ,イコライザーアンプ,フラットアンプからなり,機能的には
PHONO入力1系統と,TUNER,AUX入力,そしてTAPE2系統を備えていました。トーンコントロール回路
テープダビング回路は省略され,シンプルな信号系を実現し,組み合わせが想定されるグラフィックイコライ
ザーSEA-7070に,それらの機能をゆだねるという形がとられていました。

限界的な低雑音,高S/N比を実現するために,新FET素子,EL-FETを企画・開発し,EQ-7070に搭載し
ていました。EL-FETは,きわめて高い相互コンダクタンス(コンダクタンスは電流の流れやすさのことで,相
互コンダクタンスが高い素子ほど,高い増幅率が得られる。相互コンダクタンスが高いことを高Gmとも表す。)
を持ち,極限的な高S/Nを実現しつつ,コンパクトな素子にまとめられており,インプット・コンデンサーのな
いICL構成が可能という特徴も持っていました。

MCヘッドアンプは,初段に高Gm(10mA時のGm=55mΩ:従来の高GmFETの8倍以上)のEL-FETを
5本並列接続で配し,次段にもEL-FETを用いてカットオフ周波数140MHzのバイポーラトランジスタと組み
合わせて,低歪率のインバーテッド・ダーリントン接続のSRPP(シャント。レギュレーテッド・プッシュプル)出
力回路として構成されていました。さらに,片チャンネル50mAという,ヘッドアンプとしては異例ともいえる大
電流を流すことで高いリニアリティが実現されていました。
EQ-7070のヘッドアンプは,高GmのEL-FETと余裕あるダイナミックレンジの確保により,理論限界値に
迫る入力換算雑音−160dBVの高S/N比と38dBのゲイン,歪みの少ない音を実現していました。

イコライザーアンプは,初段にEL-FETを採用し,高耐圧バイポーラトランジスタと組み合わせたICLカスコー
ド・ダブル差動同相帰還DC回路構成から入力換算雑音−140dBVの高S/N比と39dBというハイゲインが
確保されていました。そして,MCヘッドアンプとイコライザーアンプイコライザー段全体として,トータルゲイン
77dBが確保され,イコライザー段のみでパワーアンプをドライブできるほどの十分なゲインが実現されてい
ました。
フラットアンプは,高耐圧FETを配したシンメトリー・プッシュプル・ドライブのDC構成アンプで,16dBのゲイ
ンを確保し,低歪みと十分に低い出力インピーダンスを実現していました。

上述したように,機能的にはシンプルでしたが,PHONO系重視の機能が装備されていました。PHONO入
力は1系統ですが,前面パネルのPHONOセレクターの切換でMM・MC両方に対応していました。MMは
負荷抵抗,負荷容量各4段切換のカートリッジロードセレクターが装備され,MCは,1-MC(HIGH)=入力
感度0.1mV,2-MC(LOW)=入力感度0.025mVの切換が装備されていました。
ボリュームは,電流集中による歪みを低減する高精度14本・マルチコンタクト摺動子と特殊形状の抵抗体
を用いたもので,2連がバランス用,他の4連がフラットアンプの前段でゲインを調整する6連ボリュームが
搭載されていました。終段の素子は,−30dB以下のみではたらき,残留ノイズをカットして小音量時の聴
感S/Nを改善していました。また,ダイキャストカバーによってボリューム自体が外来雑音にも強くなってお
り,チャンネル間クロストークの改善も図られていました。

EQ-7070の6連ボリューム EQ-7070のトロイダル・トランス

電源部は,6重シールドでリーケージフラックス(漏洩磁束)を徹底的に抑えた大容量56VAののL・R独立捲
線トロイダルトランスを搭載し,信号回路用の広帯域トランジスタ(fT140MHz)を用いた定電圧回路を付加
して内部インピーダンスを100kHzまで0.01Ω以下という低い値に抑えていました。

EQ-7070の内部

EQ-7070のもうひとつの特徴として薄型の筐体がありました。1975年,アメリカのマークレビンソンが
高さ51mmという薄型のプリアンプJC-2を発売し,性能の良さでも高い評価を得るとともに,アンプは分
厚いものという常識を大きく変えて以来,国産メーカーでも薄型のプリアンプが多く発売されていきました。
EQ-7070も,デザイン上の面もありましたが,システムアンプとして縦型のシステムラックに収めやすく
するねらいもあり,BTSラックマウントサイズでは最小単位のパネル高50mmを目標値に設計されました。
MCヘッドアンプやしっかりした電源部を収めながら,開発の当初100mmあったパネル高は妥協を排し
て1年かけて50mmを達成し,筐体全体の高さも61mmを実現していました。

7070システム全体

以上のように,EQ-7070は「ラボラトリーシリーズ」のプリアンプとして,高い性能をスマートな筐体の中
に実現した1台でした。そのすっきりしたシルバーパネルのデザインが表すとおり,クリアで透明感ある
中高域が特徴でしたが,低域は意外と厚い音を持っていました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



理論限界に達した低雑音−160dBV
EL(エル)-FETのフォノ・イコライザーアンプ。


◎EL-FET・ICL入力,SRPP出力
 高S/N MCヘッドアンプ
◎DC構成カスコード接続ダブル差動同相帰還
 イコライザーアンプ。
◎DCシンメトリーPPドライブ・フラットアンプ。
◎PHONOセレクターと
 カートリッジ・ロードCRセレクター。
◎テープ・セレクターとソース・セレクター。
◎低歪率マルチ・コンタクト6連ボリューム
◎大容量56VAのL,R独立捲線トロイダル・トランスと
 広帯域低インピーダンス電源回路。



●EQ-7070型規格●

型式
ステレオ・フォノ・イコライザーアンプ
回路方式
MCヘッドアンプ=EL-FET・ICL
イコライザーアンプ=初段EL-FETカスコード・
       ダブル差動同相帰還ICL・DC構成
フラットアンプ=初段高耐圧FETシンメトリー・
       プッシュプル・ドライブICL・DC構成
入力感度/インピーダンス
PHONO-1MC(HIGH)=0.1mV/11Ω
PHONO-2MC(LOW)=0.025mV/2.5Ω
PHONO-1,2,3MM=1.8mV/100Ω,33kΩ,50kΩ,100kΩ
                      100PF,220PF,330PF,470PF
TUNER,AUX,TAPE PLAY=160mV/50kΩ
PHONO最大許容入力
PHONO-1MC(HIGH)=15mV(1kHz)
PHONO-2MC(LOW)=3.8mV(1kHz)
PHONO-1,2,3MM=300mV(1kHz)
周波数特性
PHONO=30Hz〜15kHz±0.2dB(REC OUT端子にて)
TUNER,AUX=10Hz〜100kHz+0,−1dB(PRE OUT端子にて)
SN比
PHONO-1MC(HIGH)=−151dBV(入力換算IHF・ A,入力10Ωショート)
                 73dB(IHF・A,入力10Ωショート,0.1mV入力)
PHONO-2MC(LOW)=−160dBV(入力換算IHF・A,入力10Ωショート)
                 82dB(IHF・A,入力10Ωショート,0.1mV入力)
                 70dB(IHF・A,入力10Ωショート,0.025mV入力)
PHONO-1,2,3MM=−140dBV(入力換算IHF・A,入力ショート)
                 100dB(IHF・A,入力ショート,10mV入力)
                 85dB(IHF・A,入力ショート,1.8mV入力)
TUNER,AUX=−120dBV(入力換算IHF・A,入力ショート)
            104dB(IHF・A,入力ショート,160mV入力)
全高調波歪率
PHONO-1MC(HIGH)=0.003%(1kHz,5V, REC OUT)
PHONO-2MC(LOW)=0.005%(1kHz,5V,REC OUT)
PHONO-1,2,3MM=0.002%(1kHz,5V,REC OUT)
TUNER,AUX=0.002%(1kHz,5V,PRE OUT)
出力レベル/インピーダンス
PRE OUT=1V/50Ω(定格),15V(最大)
消費電力
33W(電気用品取締法基準)
寸法/重量
61H×420W×378Dmm/7.5kg(ラック・ハンドルを含ま ず)


SEA-7070の写真
Victor  SEA-7070
SEA GRAPHIC EQUALIZER ¥135,000

1978年に,ビクターが発売したグラフィックイコライザー。ビクターは1960年代からグラフィックイコ
ライザーの研究開発に意欲的に取り組み,「SEA(Sound Effect Amplifier)」の名で製品化しまし
た。1966年発売のプリアンプPST-1000に搭載したSEAが,日本の民生用オーディオ機器にはじ
めて搭載されたグラフィックイコライザーでした。その後もビクターはSEAの製品化に意欲的で,数多
くの製品に搭載・発売し,SEA-7070は,同社のグラフィックイコライザーの中でも「ラボラトリーシリー
ズ」として開発された高級機でした。

基本的には中心周波数10ポイントのグラフィックイコライザーですが,各スライドボリュームの下部に
ある切換スイッチで,中心周波数を1/3オクターブずつ上下にずらすことができ,これにより中心周
波数は,30ポイントのうちの10ポイントを選べるようになっていました。
そして,左端にあるアディショナル・コントローラーは11素子目のコントローラーで,メインのコントロー
ラーの中心周波数の間を縫って設定された11段階に中心周波数を切り換えられるようになっており,
メインの10素子のコントローラーと合わせると,41ポイントの中心周波数からの選択が可能となって
いました。
さらに,SEAの変化量は,コントロール・レンジ切換スイッチにより,最大±12dBと±6dBの2段階に
切り換えられるようになっていました。

入力は,SEAの入力が1系統,TAPE PLAYが2系統で通常のRCA PIN入力とDIN入力が備えら
れていました。SEAの入力には,0dB,−6dB,−12dBの3段階のアッテネーターが備えられ,リアパ
ネルのスイッチで切り換えることが出来,30V以上の大入力にも対応できるようになっていました。出
力は,SEAの出力がFIXEDとVARIABLEの2系統で,VARIABLEの方にはマスターボリュームとバッ
ファ・アンプが入るようになっていました。TAPE RECは入力同様に通常のRCA PIN入力とDIN入力
が備えられていました。
TAPEについては,TAPE2系統のダビングスイッチとSEAファンクションスイッチが備えられており,2
台のテープデッキを接続し,SEA録音,SEA再生,SEAダビングなど多彩な使い方ができるようになっ
ていました。

SEA-7070の内部

グラフィックイコライザーの共振回路として,コア入りコイルを使わず,トランジスターと抵抗,コンデン
サーのみで構成され,原理的に歪みやノイズの少ない半導体インダクター回路の搭載により,測定限
界に近い低歪率,高S/Nを実現し,高い基本性能が確保されていました。使用部品も特別に吟味され
特性,音質,信頼性がいっそう高められていました。また,スイッチ一つでグラフィックイコライザーの回
路をディフィートできるようにもなっていました。

以上のように,SEA-7070は,グラフィックイコライザーとして多彩な機能と優れた性能を備えていまし
た。「7070シリーズ」の一員として,プリアンプEQ-7070と組み合わせると,トーンコントロールを超え
た多彩な音質調整機能,多彩なテープ関連の機能が実現できるようになっていました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介しま す。



片チャンネル649,539通りの音,
11素子SEAグラフィック・イコライザー。


◎11ステップ・アディショナル・コントローラー。
◎コントロール・レンジ2段切換え。
◎3段切換入力アッテネーター。
◎新半導体インダクター回路による
 高忠実度,高信頼度。
◎テープ録音・再生・ダビングに対する>
 機能フル装備。



●SEA-7070型規格●

型式
半導体インダクター回路使用11素子SEAグラフィックイコライザー
SEA中心周波数
メインコントローラー=31.5,63,125,250,500, 1k,2k,4k,8k,16kHz
 (各1/3oct切換可能)
アディショナル・コントローラー=22.4,45,90,180,355,710,
 1.4k,2.8k,5.6k,11.2k,22.4kHz切換
SEA可変範囲
±12dB/±6dB切換
入力
SEA INPUT(50kΩ),TAPE PLAY-1,2 (50kΩ)
TAPE(DIN)PLAY-1,2(50kΩ)
出力
SEA OUTPUT(FIXED,VARIABLE)(330Ω)
TAPE REC-1,2(330Ω),TAPE(DIN)REC-1,2(80kΩ)
定格出力
最大8V
高調波歪率
0.005%以下(SEA FLAT,2V出力時)
利得
SEA FLAT=0dB(入力ATT,0dB時)
SEA DEFEAT(入出力端子直結)=0dB(入力ATT,0dB時)
周波数特性
SEA FLAT=20Hz〜100kHz+0,−0.2dB
SN比
106dB以上(IHF・A,入力ショート,2V出力時)
消費電力
27W(電気用品取締法)
寸法/重量
160H×420W×344Dmm/8.6kg(ラック・ハンドルを含 まず)


※本ページに掲載したEQ-7070,SEA-7070の写真,仕様表等は1978 年
 のVictorのカタログより抜粋したもので,日本ビクター株式会社に著作権が
 あります。したがって,これらの写真等を無断で転載・引用等することは法律
 で禁じられていますのでご注意ください。

  
 
 
★メニューにもどる


★セパレートアンプPART7にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
inserted by FC2 system