GT-CD1の写真
YAMAHA GT-CD1
CD PLAYER ¥500,000

ヤマハが1991年に発売したCDプレーヤー。CDプレーヤーに力を入れていたヤマハの中でも史上最強の
CDプレーヤーだったといえるでしょう。それまでヤマハが培ってきたデジタル技術等のCD関連の技術を集
大成し,同じGTの名を冠するGTシリーズのアナログプレーヤーでのノウハウ投入したその姿は,まさにCD
プレーヤーにおけるGT(Gigantic&Tremendous)モデルでした。

GT-CD1の最大の特徴は,その強固な筐体構造でした。外部・内部の振動が音質に与える悪影響を排除
するために徹底的に物量を投入し振動対策を施したその構造はまさにGT思想のCDプレーヤーでした。

GT-CD1の基本構造

筐体の基本構造は,60mm厚のウッドパネルに,砲金ハウジングのディスクプレーヤー部を構成し,かつ,この
ウッドパネルを4本の鉄柱でレッグに直結。さらに,プレーヤー部の下にD/Aコンバーターユニットを8mm厚の
アルミブロックによるフレーム構造シャーシに組み込み,ウッドパネルに直結し,すべてにノンフローティング・
リジッド構造を採用した。総重量24kgという筐体となっていました。
以上で分かるように,プレーヤー部とD/Aコンバーター部を完全に分離したセパレート構造となっており,D/A
コンバーターを分離するセパレート型CDプレーヤーの音質的メリットを生かしつつ,一体化することでセパレート
化することのデメリットをクリアしようとした「一体型セパレートCDプレーヤー」といった構造になっていました。

GT-CD1の内部

ディスクメカユニットにおいても,筐体に負けず物量を投入した凝った作りになっていました。砲金鋳物を切削加工
した3kgのハウジングをベースにディスクプレーヤーを構成したトップエントリー方式を採用し,リッドには,研磨し
た10mm厚の強化ガラスを使用し,デザイン的にも大きな特徴となっていました。リッドは堅牢なアルミフレームに
支えられ,コンピューター制御によりディスクの回転開始・停止とタイミングを合わせてモーターで開閉するようにな
っていました。ハウジング部には,ディスク下面に梨地処理のゴムマットを,周囲の内面にはプロテイン塗装を施し
ディスクに傷が付かないように保護する構造となっていました。

GT-CD1のCDエントリー部GT-CD1のハウジング部

スピンドルモーターには底部に鉄板を張り合わせ静粛性を増した,シャフト径4mmの高トルク・ブラシレスモーター
を採用し,これに取り付けられたディスクテーブルは,真鍮を削り出した後ゴムを焼き付け研磨し,高い精度を確保
するとともに,回転の加減速時にスリップなどが起こらないような構造になっていました。
光ピックアップには,3ビーム方式を採用し,このピックアップを2本の精密シャフトでガイドする構造とし,動作の高
速性より再生時の動作の滑らかさを重視して,あえてリニアモーター方式を用いずに,5スロットモーター及び減速
機構によるタイミングベルト駆動方式を採用し,安定性と制振性を高めていました。
ディスクのクランプ方式は,完全な重力方式をとり,自重160gの真鍮削り出しクランパを採用していました。スピン
ドルモーターの直径4mmのシャフトがそのままセンターとなる構造となっており,このシャフトが直接CDをガイドする
ことで高い精度が確保されていました。さらに,ディスクプレーヤー部全体をハウジングに対して,約2度手前に傾け
ることにより,シャフトの揺動を防ぎ,シャフト受けの油膜の安定化を実現し,静粛で正確な回転を確保するような構
造となっていました。この2度傾けるという技術は,試作中に前方のレッグベースのない状態で演奏させるという偶然
のハプニングから発見されたものということでした。

GT-CD1のスピンドルモーターGT-CD1のディスククランパ

高精度・高剛性ののプレーヤーユニットは,アナログプレーヤのGTシリーズにも採用された高密度パーティクルボー
ドのウッドベースに取り付けられていました。このパーティクルボードはアナログプレヤーでおなじみの積層構造とな
っており,2.3mmの鉄板を裏打ちし,重量約7kgという超重量級のプレーヤーベースとなっていました。ウッドキャビ
ネットの外装材にはアメリカンウォルナットをピアノフィニッシュのポリエステル鏡面塗装仕上げで使用し,美しく高い
耐久性を持つキャビネットとしていました。
このプレーヤーベースは,裏打ちされた2.3mm厚の鉄板ベースの四辺に取り付けられた,対辺22mmのずっしりと
重い鉄製の六角柱で支えられ,プレーヤーユニット部の下に設けられたD/Aコンバーター及びオーディオ部を貫通し
直径60mmの大型ピンポイントレッグにより直接支持される構造となっていました。常に点で荷重が支持され,重量
級設計と相まって,外部からの振動を寄せつけず,また,ディスクメカユニットの内部振動がD/Aコンバーター部へ
影響を及ぼすことのない構造となっていました。また,このピンポイントレッグは,六角柱の支柱にネジ留めされてい
るため,アナログプレーヤーの脚部のインシュレーターと同じように,高さ調整ができ,プレーヤーの水平を保つこと
ができるようになっていました。さらに,傷を付けたくない家具などの上にセッティングする場合のために,マグネット
により簡単に取り外しができ,使用時にもピンポイントレッグの機能を損なうことなく点で荷重を支える,アルミ鍛造
製のレッグベースも付属していました。
これら,メカユニットを中心にした筐体の材質の組み合わせは,アナログプレーヤーGT-2000Xの開発時における
実験・試聴から導き出されたもので,ウッドキャビネットの温かな響きに,2.3mm厚の鉄板及び,8mm厚のアルミ
ダイキャストの筐体を持つD/Aコンバーター部などの金属を組み合わせることで,ウッドだけでは弱い低域の支え
を増し,さらに,中域が特に充実するという砲金のハウジングを組み合わせることで,まさに,GTシリーズのノウハ
ウを生かした黄金の組み合わせとなっていました。

ピンポイントレッグとレッグベースGT-CD1のD/A&オーディオ部

D/Aコンバーター部及びオーディオ部もヤマハの最高級CDプレーヤーとして凝った内容となっていました。D/A
コンバーターは,1bitタイプを搭載していましたが,パルス列の幅で変換を行う一般的なPWM方式に対して,パル
スの形が理想的な形でなくても原理的に歪みが発生しないように,個々のパルスを独立化し,比率関係を正確に
保つことができるという,I-PDM(Independent Pulse Density Modulation)方式DACを独自に開発し,搭載
していました。

アナログ変換直前の出力バッファアンプにおいて,クロックにより改めてサンプリングを行い,デジタル領域の全プロ
セスで発生したジッターを最終的に取り除き,1bitタイプで問題となる時間軸精度を高めるTBC機能を搭載し,アナ
ログ変換後に発生する混変調歪を未然に防止するようになっていました。
さらに,(1)ノイズシェイピングを見直し,信号成分を最大限に有効利用することで,出力レベルを4dB向上。(2)20bit
入力可能チップを新開発。(3)インフィニティゼロ検出により,ノイズシェイピング回路の出力を安定化し,(4)出力イン
バータのFETサイズを適正化し,出力パルス波形を最適化するとともに高周波の伊豆による不要輻射を低減。など
の改良を行い,D/A変換をより高精度化していました。

1bitタイプに付きもののノイズシェイピングは,あえて2次タイプを採用していました。高次のノイズシェイピングの方
がオーディオ帯域内の量子化ノイズは少ないものの,100kHz〜500kHzというHi-bit帯域のノイズ量が増大する
ため,帯域外ノイズを除くローパスフィルターの負担が大きくなるという考えのもと,帯域内のS/Nを120dB以上と
十分とれる2次ノイズシェイピングを採用し,なだらかなカーブで帯域外ノイズを排除できるなどローパスフィルター等
を含め,音質的にトータルに有利な方式をとっていました。

DACは,1チップで2チャンネルステレオの処理能力を持つDACを,L・R独立で使用することにより,相互干渉を防
いでいました。また,このことは,片チャンネルで見ると,新合成分に対して正相,ディザ成分に対しては逆相となる
2系統の信号を出力させることができることになり,これらの出力を合成させることで,ディザ成分の完全な打ち消し
と,ランダムノイズの3dB低減を実現していました。
DACに接続されるデジタルフィルタには,帯域内のリップル特性などを向上させた,新開発の8倍オーバーサンプリ
ング・22bit出力のLSIを搭載していました。

これらのD/Aコンバーターユニットは,オーディオアンプ部と同一のメイン基板上に配置されていましたが,銅板でシ
ールドされて,オーディオアンプ部への干渉を排除していました。また,各DAC間にもシールド板をたて,チャンネル
間の相互干渉も徹底的に排除していました。

オーディオアンプ部は,すべてをディスクリート構成とし,差動入力コンプリメンタリー出力・全段Aクラス動作とし,試
聴を繰り返した音質対策パーツのみを採用していました。また,2次ノイズシェイピングやDACのツイン動作により可
聴帯域外のノイズを大幅に低減したことにより,ローパスフィルターには高域の位相特性等音質的に有利な3次のア
クティブ型を搭載していました。さらに,バランス入力にも対応し,ツインDAC構成により,正相及び逆相信号をDAC
以降,完全に分離独立し,2チャンネルで4系統のアンプを内蔵するというシンメトリカルバランスサーキットを実現し,
グランドラインの影響を排除していました。

電源部は,サーボ・DAC部系とオーディオアンプ系をトランスから分離し,さらにサーボ系とDAC系で巻線を分けた
2トランス3巻線とし,干渉を徹底的に排除していました。また,オーディオアンプ部だけでも15A×2の整流器と
48,000μF以上のフィルタコンデンサを採用するなど,強力な電源部を搭載していました。

DAC部,オーディオアンプ部などをおさめるアルミブロックシャーシは,厚さ8mmのアルミ押し出し材ブロックを鉄ア
ングルで連結し,不要輻射を防ぐために結合部はすべて部材を重ね合わせたうえで銅板を介することにより磁気歪
みの発生も防止していました。2kgの鉄板製ボトムシャーシには全面にパンチング処理を施し,総重量5.8kgとい
高剛性のシャーシを形成していました。そして,このシャーシは,プレーヤー部の下部の鉄板に直接取り付けらる構
造になっていました。

以上のように,GT-CD1は,アナログプレーヤーの名機GT-2000XのCDプレーヤー版ともいえそうな,豪華で強
固な筐体からどっしりとして温かみのある音を聴かせてくれる名機でした。見ているだけでもその美しくどっしりとし
た外観は印象を与えずにいられない存在だったと思います。
 
 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



馥郁たる音楽の香りに包まれる,
至福の時のために。

◎すべての振動を排し純粋な信号伝達を行うため,
 CDプレーヤには,巨大な質量が必要である。
 ●GT思想を具現した基本構造
 ●セパレートCDプレーヤを敢えて一体化
 ●オーディオとともにある喜びのために

◎巨大質量に支えられディスクは一点の乱れもなく
 静粛に,そして正確に回転を続ける。
 ●静粛にして正確な回転を保つディスクメカユニット
 ●プレーヤユニットを納める重量級ウッドベース

◎音と音楽を知り尽くした独創のデジタル技術が,
 美しきアナログ波形=音を再構築する。
 ●セパレート構造CDプレーヤノ音質をさらに向上
 ●美しいアナログ信号のためのI-PDM方式1bitDAC
  ・Hi-bit帯域のノイズが少ない2次ノイズシェイピング
  ・安定で歪のないアナログ出力のためにヤマハI-PDM
  ・混変調歪を防ぎ変換タイミングを正確にするTBC
  ・ツインDAC/ツインノイズシェイピング・システム
  ・8倍オーバーサンプリング・22bitデジタルフィルタ
  ・D/Aコンバータユニットを銅板でシールド

◎純粋にして精緻なD/A出力を受ける
 フルバランス回路とGT電源部が,
 音楽を細密に仕上げる。
 ●GT思想を支えるオーディオアンプ/電源部
 ●不要輻射・磁気歪対策を施した重量級シャーシ
 ●繰ること自体に喜びを見いだせる機能と操作性
 
 

●GT-CD1の主な規格●


周波数特性 2〜20,000Hz±0.5dB
高調波歪率 0.0015%以下(EIAJ)
ダイナミックレンジ 100dB以上
S/N比 120dB以上(EIAJ)
チャンネルセパレーション 100dB以上
ワウ&フラッター 測定限界以下
定格消費電力 30W
外形寸法 435W×160(リッドOPEN時310)H×400Dmm
重量 24kg
出力 同軸デジタルアウト×1
アナログバランスアウト(キャノン)×1
アナログアンバランスアウト(RCAピン)×1
※本ページに掲載したCD-GT1の写真・仕様表等は1991年11月の
 YAMAHAのカタログより抜粋したもので,日本楽器製造株式会社に
 著作権があります。したがってこれらの写真等を無断で転載,引用等
 をすることは法律で禁じられていますので,ご注意ください。

★メニューにもどる
     
   
★CDプレーヤー2のページにもどる
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
inserted by FC2 system