GXC-750Dの写真
AKAI  GXC-750D
STEREO CASSETTE DECK ¥145,000

1977年にアカイが発売したカセットデッキ。アカイは,1975年にGXC-570Dを発売し,3ヘッド・
3モーターというオープンリールデッキ並の構成を持つ縦型のカセットデッキですぐれた技術を示して
いました。その後,GXC-7**Dという型番を持つ,一般的なコンポタイプのカセットデッキのシリーズ
を展開していきました。その中の最上級機といえる存在がこのGXC-750Dでした。

ヘッドには,アカイ自慢の「GXヘッド」が搭載されていました。「GXヘッド」は,1969年に開発さ れた
もので,名称のGXは「Glass &X’tal Ferrite」の略で,フェライト素材を最新の半導体技術を駆使し
た独自の超精密加工技術によりローノイズ・クリスタル化(単結晶化)し,これをヘッドコアとシールドコ
アに用い,全体を高硬度ガラスで固めたもので,(1)従来のフェライトが抱えていたノイズや粒子脱落
などの難点を解決(2)高域でのエディカレントロス(渦電流損失)が極めて小さく,高い透磁率と広い周
波数特性を実現(3)ヘッドギャップの工作精度が非常に高くできる・・などの利点を持ち,優れた音質と
高い耐久性を実現していました。GXC-750Dでは,録音ヘッドと再生ヘッドが独立した3ヘッド構成で
録・再コンビネーションGXヘッドが搭載されていました。

GXヘッド

走行系は,テープタッチ,テープテンションを安定させるデュアルキャプスタン方式で,しかも,キャプ
スタンモーター1,リールモーター2というオープンリールデッキ並の3モーターシステムを採用してい
ました。キャプスタンモーターはフライホイールの回転のみに,テープ供給及び巻き取りにはそれぞれ
専用のリールモーターを用いることで,テープ走行の安定を図っていました。
キャプスタンモーターにはFGサーボDCモーターが搭載され,リールモーターにはトルクの大きなDC
モーターが搭載され,高精度な走行メカニズムとあいまって,ワウ・フラッター0.055%以下という正
確な回転を実現していました。また,ICロジック回路を搭載し,フェザータッチによる軽快な操作性も実
現されていました。

3モーター構成

ノイズリダクションとしてドルビーNR(Bタイプ)が内蔵されていました。また,400Hzのテストトーンの
発振器が内蔵され,レックキャルボリュームにより,録音感度の調整もでき,NRシステムの正確な動
作を実現できるようになっていました。
また,高域の録音特性を向上させる「ADR(Automatic Distortion Reduction)システム」が内蔵
されていました。これは,録音イコライザーのピーキング量をテープの飽和レベルを基準にして録音レ
ベルに対応して可変するもので,テープの高域限界をフルに活用したハイレベル録音が容易にできる
ようになっていました。
テープポジションは,ローノイズ,LH,クローム,フェリクロームの4ポジションが装備されていました。
レベルメーターはVU−PEAK切り換え式の高精度なものが搭載されていました。また,ライン・マイク
独立・L/R独立でミキシング録音も可能な独立入力ツマミ,自動テープたるみ防止機構などの機構も
装備されていました。

以上のように,GXC-750Dは,コンポタイプカセットデッキとして,3ヘッド,デュアルキャプスタン,3モ
ーターといった高い技術が投入され,すぐれた基本性能を実現していました。現在アカイは民生用オー
ディオ機器メーカーとして存在していませんが,テープデッキにおけるすぐれた技術を示した1台でした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。




すぐれた音質と豊富な機能が,さらに磨きあげられた
本格的コンポ・カセットデッキです。定評ある3モーター
ダブルキャプスタン方式とREC/PBコンビネーション
GXヘッドによる3ヘッドシステムを搭載。ICロジック回路
によるフェザータッチ操作など最新のエレクトロニクスを
ふんだんに駆使した自信作です。




●仕様●

トラック形式
4トラック・2チャンネル
ヘッド構成
録音GXヘッド/再生GXヘッド(コンビ)×1,消去ヘッド×1
ヘッドの材質
GX
キャプスタン
ダブルキャプスタン方式
キャプスタンモーター
FGサーボDC
リールモーター
DC×2
ワウ・フラッター(WRMS)
0.055%
早巻時間(C-60)
60sec
周波数特性
Fe-Cr:35〜18,000Hz±3dB
CrO2:35〜16,000Hz±3dB
LH  :35〜15,000Hz±3dB
LN  :35〜15,000Hz±3dB
歪率(1kHz,0VU)
1.0%
S/N比(JIS)
55dB
ドルビーNR使用時
S/N比6dB(1kHz),10dB(5kHz以上)改善
操作部
ロジックコントロール
外形寸法
440W×157H×318Dmm
重量
9.5kg

※本ページに掲載したGXC-750Dの写真,仕様表等は1978年12月
 のAKAIのカタログより抜粋したもので,赤井電機株式会社に著作
 権があります。したがって,これらの写真等を無断で 転載・引用等
 することは法律で禁じられていますのでご注意ください。

   
 
★メニューにもどる         
 
 

★テープデッキPART6にもどる
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp

inserted by FC2 system