Lo-D HA-5300
STEREO AMPLIFIER ¥59,800
1976年に,ローディー(日立)が発売したプリメインアンプ。日立は,Lo-D(Low Distortion=低歪み
に由来)のブランドで,家電のみでなく重電,半導体なども自社生産する総合電機メーカーとしての技術
力を生かして,画期的なオーディオ機器を発売していました。アンプの分野でも高い半導体技術を生かし
たすぐれた製品を発売していました。そんなローディーは,この年,「ダイナハーモニー方式」を発表,採
用し,大出力を実現したパワーアンプHMA-8300,プリメインアンプHA-630を発売しました。そして,
この年の末に「ダイナハーモニー方式」のプリメインアンプ第2弾として,HA-5300を発売しました。

「ダイナハーモニー方式」は,「2段差動増幅全段直結4電源高能率純コンプリメンタリーOCL・E級ドライ
ブ方式」というもので,通常±2電源でドライブ
されている出力段に,低圧電源,高圧電源の各々±2電
源(合計4電源)を搭載し,小出力時には,
低圧電源が働き,大出力時には高圧電源が働くように,自動
的に音楽レベルに合わせて,切り換え
るシステムで,ローディーは,これを通常B級アンプの3倍の効率
を持つということで,「E級ドライブ方
式」と称していました。
この方式は,ローディーが音楽信号の解析を行い,実際に大出力を要するのは,音楽再生の中の約1.4
%であり,残りの98%あまりは小出力であるという結果から生まれたもので,音楽のピークに対しては大
出力,通常は小出力アンプとして働かせることで,大出力時は効率がいいが,小出力時には効率が低く
なるという大出力アンプの欠点を,高低2つの電源を切換えることで克服したという,当時としては画期的
なものでした。この方式は,かなり後の1980年代に入って,トリオ・ケンウッドのDLD方式や,パイオニア
のプリメインアンプにもよく似た方式が採用された例が見られ,その意味で,非常に先進的な技術であっ
たといえると思います。ローディーは,この方式のために,100万分の1秒という超高速スイッチング素子
を開発し,電源切換時の歪みの問題も回避していました。

HA-5300のパワー部は,低電圧として±25V,高電圧として±57Vの4電源で,実効出力75W+75W
(両ch駆動・8Ω・1kHz),ピークパワー150W+150Wを実現するとともに,通常のアンプに比べて,約
2倍のダイナミックマージンを確保していました。
ドライバー段に差動2段カレントミラー回路を採用して,電源変動に対する安定した直流動作を確保すると
ともに,全段直結ピュアコンプリメンタリーOCL方式で,0.05%(実効出力時)以下の低歪率を実現して
いました。

イコライザー回路は,初段FET差動3段直結回路4石構成とし,入力には,位相特性を改善したICL(コン
デンサーレス)方式を採用し,カートリッジの出力信号が入力コンデンサーの影響を受けないようにしてい
ました。こうしたイコライザー回路の出力は,13V(1kHz・歪率0.05%)を確保し,2mV感度時の最大
許容入力は350mVを実現し,RIAA偏差も±0.2dBの正確さを実現していました。
また,カートリッジの負荷容量に合わせて,100pF,200pF,300pFから適正ロードを選択ができるよ
うになっていました。

ボリュームコントロールは,多重接触方式の32接点ディテントボリュームが搭載され,接触部の安定化に
より,歪みの発生防止や変化特性の均一化を図っていました。さらに,加算式の3段(-5dB,-10dB,
-20dB)ゲインセレクターが装備されていました。加算式ではたらく仕組みのため,-5dB~-35dBま
での7段階で広範囲に使用でき,音量のより正確な微調整が行えるようになっていました。また,このゲ
インセレクターは,オーディオミューティングとしても使用できるようになっていました。

トーンコントロールは,BASS,TREBLE独立型で,トーンアンプはNF型が採用されていました。また,
トーンディフィート機構も装備されていました。その他の機能として,20Hz,6dB/octのローフィルター,
8kHz・6dB/octのハイフィルター,MODEスイッチ,ラウドネススイッチも装備されていました。
入力は,PHONO2系統,TUNER,AUX,TAPE2系統が搭載され,TAPEは相互ダビングも可能と
なっていました。スピーカー出力は,A,B2系統搭載され,スピーカーBは,フロントパネル上のツマミで
レベル調整が可能となっていました。

以上のように,HA-5300は,ローディーが売れ筋価格帯に投入したプリメインアンプの中核機でした。
上級機で開発された「ダイナハーモニー方式」を導入するなど,オーソドックスに性能を高めようとした1
台で,音楽のピーク時にも歪み感の少ない滑らかな音を聴かせてくれました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



ピークパワー150W+150W
RIAA偏差±0.2dB
ダイナハーモニー方式プリメインアンプ

◎パワー部に差動2段カレントミラー回路
◎音の忠実再生をめざしたイコライザー回路
◎PHONO最大許容入力350mV(R.M.S・1kHz)
◎カートリッジの性能をより発揮させる
 負荷容量切換え
◎新32接点ディテントボリュームコントロール
 &加算式3段ゲインセレクター
◎効果的なローフィルター回路と安全性を追求した
 保護回路を内蔵
◎高級感あふれるパネルデザイン

●2組のスピーカー比較試聴に便利なスピーカーBレベル調整
●2系統のテープ入出力端子
●ラウドネススイッチ




●HA-5300 Specifications●


■パワーアンプ部■

回路方式
差動2段全段直結4電源高能率
純コンプリメンタリーOCL
(ダイナハーモニー方式)
ダイナミックパワー
300W(IHF 8Ω)
実効出力
1kHz(両ch駆動):75W+75W(8Ω)
20Hz~20kHz(両ch駆動):60W+60W(8Ω)
1kHz(片ch駆動):110W/110W(8Ω)
全高調波歪率
実効出力時:0.05%
混変調歪率
(70Hz:7kHz=4:1)
1/2実効出力時:0.05%
出力帯域幅
10~50,000Hz(IHF)
出力端子
スピーカー端子:A・B(4~16Ω)
          A+B(8~16Ω)
ヘッドホン端子:4~16Ω
ダンピングファクター
(1kHz,8Ω)
50以上




■プリアンプ部■


回路方式
イコライザーアンプ:初段FET差動3段直結4石構成ICL
コントロールアンプ:NF形
入力端子
(感度/インピーダンス)
PHONO 1・2 :2mV/50kΩ
TUNER,AUX:100mV/50kΩ
TAPE PB1・2:100mV/50kΩ
PHONO最大許容入力
PHONO 1・2:350mV(RMS 1kHz)
出力端子
(レベル/インピーダンス)
TAPE REC OUT1・2:100mV/1kΩ
周波数特性
PHONO(RIAA偏差):30~15,000Hz(±0.2dB)
トーンコントロール
BASS  :±8dB(100Hz)
TREBLE:±8dB(10kHz)
フィルター
LOW:20Hz(12dB/oct)
HIGH:8kHz(6dB/oct)
ラウドネスコントロール
(ボリューム-30dB時)
+8dB(100Hz),+4.5dB(10kHz)
アッテネーター
-5,-10,-20dB(加算可能)




■使用半導体■


FET
6石
トランジスタ
44石
ダイオード
43個




■電源部・その他■


電源電圧
AC100V 50/60Hz
定格消費電力
120W(電気用品取締法)
ACアウトレット

外形寸法
435W×166.5H×391Dmm
重量
12kg


※本ページに掲載したHA-5300の写真,仕様表等は,1977年
 5月のLo-Dのカタロ グより抜粋したもので,日立家電販売株式
 会社に著作権があります。したがって,これらの写真等を無断で
 転載・引用等することは法 律で禁じられていますのでご注意くださ
 い。

 

★メニューにもどる
  
 
★プリメイ ンアンプPART8のページにもどる

 
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象の
ある方そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp

inserted by FC2 system