Nakamichi LX-5
DISCRETE HEAD CASSETTE DECK ¥158,000
1981年に,ナカミチが発売したカセットデッキ。これまでナカミチは,1000700600500といった3桁
以上の型番を持つカセットデッキのシリーズをラインナップしていましたが,この年より,ZX-7,LX-5,LX-3
といった1桁の型番を持つ新しいシリーズを展開していきました。LX-5はその中の中間にあたる機種でした。

メカニズム系は,ナカミチの上級機の技術を受け継ぐ高性能なものでした。テープの走行はフラッター周期の
重なりをさけるためにテイクアップ側とサプライ側のキャプスタンの直径及びフライホイルの直径を変えて回転
ムラの低減と変調ノイズの改善を果たしたナカミチ伝統の「周波数分散型ダブルキャプスタン」によって行わ
れ,ナカミチ独自のパッドリフターがカセットハーフのテープパッドを押し下げて,2つのキャプスタンの間には
ヘッド以外は存在しない状態におき,純粋に2組のピンチローラーとキャプスタンがテープ走行とヘッドタッチ
をコントロールする仕組みになっていました。ナカミチは,あのパッドの微少なでこぼこと押し上げているバネ
の共振も音を悪くすると考えていたようです。
さらに,メカシャーシをナカミチ独自の「共振制動型シャーシ」としていました。これは,シャーシの材料として
鉄に比べて減衰特性の大きいアルミニウムアロイを使用し,樹脂をアウトサートして微振動を吸収するという
もので,すぐれた制振性能を持っていました。また,メカの駆動ギヤ等あえて樹脂製としていることも振動の
低減のためでした。
また,メカニズムの操作をマイクロプロセッサー・コントロールとモーター駆動による「サイレントメカニズム」と
していました。この方式は,通常他社のデッキで使われていたプランジャーメカに比べて,①操作音が静か
②テープやメカへのダメージが少ない,③温度上昇が少ない,④消費電力が少ない,など数多くのメリットを
持っていたということです。また,操作する立場からは,その俊敏で確実なレスポンスも特筆できるものでした。



ヘッド部は,ナカミチのお家芸である,完全ディスクリート3ヘッド(コンビネーション3ヘッドではなく,録音ヘッ
ドと再生ヘッドが完全に別になっている)を採用していました。
再生ヘッドP-8L型は,クリスタロイのラミネートコアを採用し,0.6ミクロンというナローギャップにより再生時
の損失を防ぎ,20Hz~20kHzというワイドな再生帯域をクリアーしていました。さらに,低域のうねり(コンター
エフェクト)をなくす形状をとり,超低域までのフラットな特性を可能にしていました。また,コアーの片減りをな
くす形状とすることで,1万時間以上のライフを確保していました。



録音ヘッドR-8L型は,再生ヘッドと同様にクリスタロイのラミネートコアによる3.5ミクロンギャップで,高保
磁力を確保し,高密度テープを使用したときも,シャープなクリティカルゾーンが得られるようになっていました。
また,大きなバイアス電流をかけても磁気歪みや飽和を起こさず,低域から高域までMOLの高い録音が可
能となっていました。ライフは再生ヘッドと同様に,1万時間以上を確保していました。



消去ヘッドE-8L型は,高周波特性にすぐれたフェライトコアーと,先端に磁束密度の高いセンダストコアーを
使用したダブルギャップ型で,損失が少なく,すぐれた消去効率を確保していました。



すぐれたヘッドを生かすために,単体プリアンプ並に高性能な録音・再生アンプをコンデンサーを介さずに直
結していました。最新の回路技術,良質なパーツを投入し,蓄積されたノウハウを注ぎ込んだ高忠実度なアン
プ系を 構成していました。
ノイズリダクションにはドルビーBタイプとCタイプを搭載していました。チューニングを正確に行うことにより,
ノイズリダクションによる音質の変化や劣化を最小限に抑えることができ,かつ70dB以上(400Hz,メタル)
の高SN比を実現していました。

LX-5は,マニュアルキャリブレーション機能を前面に押し出し,多くのツマミをパネルに並べたハードな外観
のZX-7などとは異なり,主な操作系以外のつまみやスイッチ類をシーリングパネル内に収め,700系にも通
じる,シンプルなシルバーと黒を基調とするデザインにまとめられていました。



機能的には,比較的シンプルでしたが,特徴的なものとしてマスターフェーダーコントロールがありました。L・R
独立の録音レベルツマミをセットしておけば,フェードイン,フェードアウトが自動的にワンタッチで行えるように
なっていました。スイッチは2段階になっており,1回押して離すと6秒間,押したままでいると2秒間でフェードイ
ン,フェードアウトができるようになっていました。その他,バイアスファインチューニングツマミ,レックミュートな
ども装備されていました。
レベルメーターは,-40dB~+10dBをL・Rそれぞれ16セグメントで表示する応答性が良くオーバーシュート
の発生のない正確なLEDのピークレベルメーターが装備され,テープカウンターも,LEDによる4桁のデジタル
表示のカウンターが装備されていました。

以上のように,LX-5は,それまでどちらかというとハードな感覚が持ち味であったナカミチのカセットデッキのデ
ザインとは異なったよりソフィストケートされたデザインの中に,しっかりとナカミチらしい技術が投入されたカセッ
トデッキで,少し毛色の異なるナカミチデッキであったかもしれませんが,音質の良さは定評通りものがありまし
た。


Nakamichi LX-3
2HEAD CASSETTE DECK ¥99,800


また,弟機としてほぼ同じデザインの2ヘッド機LX-3も発売されました。録・再ヘッドには,RP-9E型が搭載されて
いました。録再兼用ヘッドRP-9E型は,磁束密度の大きなセンダストコアーを使用し,センダストの特徴をフルに引
き出し,大きなバイアス電流を流したときにもコアーが飽和せずシャープなクリティカルゾーンを形成できる高性能な
ヘッドでした。
LX-3は,2ヘッドである以外,走行系をはじめ,ほとんどの部分はLX-5と同一で,こちらも高い性能をもつカセット
デッキとなっていました。私自身,かつてサブデッキとして使い,その音の良さ,走行の安定性などを実感したもので
した。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



LX-5/LX-3 Cassette Decks
美しいフォルム,そしてシンプルな操作で得られる
ハイクオリティーな音質。
Nakamichiがミュージックファンに贈る
新しいコンセプトのデッキです。

Simple Operation/Display
マイクロプロセッサー制御の軽快なテープオペレーションと,
シンプルな操作系。そして,LEDによるディジタルディスプレイ。
使いやすさをあらゆるアングルから求めています。

Dolby B-C Type NR
2kHz~8kHzの高域で
20dBのノイズ低減を実現するドルビーCタイプNRと,
従来のBタイプNRを装備しています。

Mechanism
周波数分散型ダブルキャプスタン,
共振制動型シャーシによる,安定したテープ走行と
クリアーな音質を生むトランスポートメカニズム。


Head/Amplifier
Nakamichiのノウハウを結集したミクロン精度の
ヘッドテクノロジー,そして高忠実度アンプの採用が,
20kHzの超高域再生を可能にします。




●LX-5/LX-3主な規格●

トラック形式 4トラック・2チャンネル・ステレオ方式  
ヘッド  LX-5:3(消去×1,録音×1,再生×1)
LX-3;2(消去×1,録音再生兼用×1) 
モーター(テープ駆動用)  DCサーボモーター(キャプスタン用)×1
DCモーター(リール用)×1 
電源 100V 50/60Hz
消費電力 最大23W
テープ速度 4.8cm/秒
ワウ・フラッター 0.06%以下・Wrms,0.11%以下・Wpeak
周波数特性 20~20,000Hz(録音レベル-20dB,ZX,SX,EXⅡテープ)
総合S/N比 ドルビーCタイプNR on(70μs,ZXテープ)
 LX-5:70dB以上(400Hz,3%THD,IHF A-wtd rms)
 LX-3:68dB以上(400Hz,3%THD,IHF A-wtd rms)
ドルビーBタイプNR on(70μs,ZXテープ)
 LX-5:64dB以上(400Hz,3%THD,IHF A-wtd rms)
 LX-3:62dB以上(400Hz,3%THD,IHF A-wtd rms)
総合歪率 LX-5:0.9%以下(400Hz,0dB,ZXテープ)
    1.0%以下(400Hz,0dB,SX,EXⅡテープ)
LX-3:1.0%以下(400Hz,0dB,ZXテープ)
    1.2%以下(400Hz,0dB,SX,EXⅡテープ)
消去率 60dB以上(100Hz,0dB)
チャンネルセパレーション 36dB以上(1kHz,0dB)
クロストーク  60dB以上(1kHz,0dB) 
バイアス周波数 105kHz
入力 (ライン)50mV 30kΩ
出力 (ライン)1V(400Hz,0dB,アウトプットレベル最大)2.2kΩ
(ヘッドホン)12mW(400Hz,0dB,アウトプットレベル最大)8Ω
大きさ 450(巾)×135(高さ)×307(奥行)mm
重さ 約8.5kg
※本ページに掲載したLX-5,LX-3の写真,仕様表等は1982年7月
 のNakamichiのカタログより抜粋したもので,ナカミチ株式会社に
 作権があります。したがって,これらの写真等を無断で転載・引
用等
 することは法律で禁じられていますのでご注意ください。

   
 
★メニューにもどる        
 
 

★テープデッキPART8にもどる
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp

inserted by FC2 system