Victor P-2020
STEREO PRE AMPLIFIER ¥54,500
1977年に,ビクターが発売したプリアンプ。この頃,オーディオメーカー各社は,家具調ステレオ等のセットステレオ
から,アンプ,チューナーといった各機能をコンポーネントに分離したコンポーネントステレオに主力を移し始めていま
した。そうした中,よりその流れを進め,セパレートアンプ,あるいはさらにアンプの機能を細分化したシステムアンプ
といった形で発売するメーカーも出てきました。ビクターも,1977年に「3030シリーズ」,「2020シリーズ」,さらに
翌年の1978年に「7070シリーズ」を発売しました。「2020シリーズ」はその中でも最も手頃な価格のエントリーモ
デル的存在で,この「2020シリーズ」のプリアンプがP-2020でした。
基本的な回路構成は,ごくオーソドックスなもので,MCヘッドアンプ→イコライザーアンプ→トーンアンプといった構
成で,全段の初段にはFET入力が採用されていました。FETは通常のバイポーラトランジスターと異なり,入力イン
ピーダンスの高い電圧増幅素子であるため,本来電流増幅素子であるバイポーラトランジスターと違って電圧増幅
がストレートに行われ,また信号源インピーダンスが一定でないような条件でも回路の動作への影響が少ないなど
の利点があります。これらのメリットを十分に生かすために,全段,入力部からコンデンサーを取り去ったICL(インプ
ット・コンデンサー・レス)回路が採用されていました。そのほか,動的歪の低減を図ったダブル差動回路,全段A級
動作なども特徴でした。
ボリュームは,歪の増大や音質劣化を抑えるため,摺動子をマルチコンタクト化したボリュームが採用され,トーンア
ンプの前後に配置したツイン・ボリューム構成としてS/Nの改善も図られていました。
トーンコントロール段は,イコライザーと同様な回路構成で,高S/N比と低歪率が確保されていました。変化特性の
正確さを期してボリュームのカーブと精度そのものから検討されたもので,合計21のクリックポイントをもち,うねりの
少ない素直な特性ともつとともに,±0.5dBという微妙な補正もできるようになっていました。また,フラットポジション
では,トーンスイッチのON−DEFEATにかかわらず周波数特性や歪率がほとんど変化しないような回路となってい
ました。
P-2020は,手頃な価格のプリアンプながら,基本性能と機能の両立が図られ,入力系,コントロール機能とも簡略
化は行われず,むしろ充実した入力系,コントロール機能が搭載されていました。入力は,PHONO3系統,AUX,
TUNER,TAPE3系統が搭載されていました。出力は,TAPE REC出力3系統に加え,PRE OUTもマルチアン
プにも対応するため,2系統搭載されていました。TAPE-3の端子はフロントパネルに設けられ,可搬型テープデッ
キ等の接続にも便利な仕様になっていました。
低出力MCカートリッジに対応したMCヘッドアンプは,PHONO-3に搭載されていました。ローノイズFET6石による
ディスクリート回路で,高SNと低歪率が実現されていました。
また,PHONO-1には,33kΩ,47kΩ,100kΩの3段階のカートリッジ・ロード切換が装備されていました。
その他,機能的には,サブソニック・フィルター,−20dBのミューティング・スイッチ,主信号系と別に録音・ダビングが
できるレコーディング・セレクターも装備されていました。
以上のように,P-2020は,手頃な価格のプリアンプでしたが,内容的には,上級機の技術を生かした高度な内容を持
ちコストパフォーマンスの非常に高い1台となっていました。音の面でも,すっきりとクリアながら,ビクターらしく音楽を楽
しめる音に仕上げられていました。また,他の2020シリーズの機器等と専用のラックに収めると自社製品でトータルでグ
レードの高いシステムステレオに組み上げられるようになっていました。
以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。




実感,セパレートの真価。
2020SERIES

P-2020型
●低出力MCカートリッジ専用のPHONO-3回路Gを内蔵。
 PHONO-1にカートリッジ・ロード切換Hも装備。
●テープ録音系が主信号系から独立。
 録音,ダビング中に他のソースが聴ける
 レコーディングセレクターJ
●ナマロクデッキ等の接続に便利な
 TAPE-3入出力端子K



マルチ・ソース対応,MCアンプ以下
充実機能の高S/Nプリアンプ。


◎FETディスクリート回路の
 MCヘッドアンプ内蔵。
◎全初段FET・ICL回路と
 高S/Nイコライザー。
◎段階等比級数変化型の
 精密トーンコントロール。
◎カートリッジ・ロード切換。
◎フロント・パネルのTAPE-3端子と
 レコーディング・セレクター。
◎高S/N,低歪率マルチ・コンタクト
 ツイン・ボリューム。

●サブソニック・フィルター,−20dBミューティング・スイッチ。
●2系統出力端子。
●電源ON-OFF時のノイズをカットする
 リレー式ミューティング回路。




●P-2020型規格●

回路方式 初段FET・ICL
入力感度/インピーダンス PHONO-1(MM)=2.5mV/33kΩ,47kΩ,100kΩ
PHONO-2(MM)=2.5mV/47kΩ
PHONO-3(MC)=0.15mV/37Ω
AUX,TUNER,TAPE PLAY-1,2,3=200mV/50kΩ以上 
出力レベル /インピーダンス TAPE REC-1,2,3=200mV/600Ω以下
OUTPUT-1,2=1V/600Ω(定格) 8V(最大)
PHONO最大許容入力 PHONO-1,2(MM)=200mV(RMS,1kHz,THD0.01%) 
PHONO-3(MC)=10mV(RMS,1kHz)
高調波歪率(20Hz〜20kHz) PHONO-1,2(MM)=0.008%以下(8V出力)
PHONO-3(MC)=0.1%以下(1V出力)
AUX=0.005%以下(8V出力)
周波数特性/SN比
(IHF・Aネットワーク,1V出力)
PHONO-1,2(MM)=RIAA±0.5dB(20Hz〜20kHz)/80dB
PHONO-3(MC)=±0.5dB(30Hz〜20kHz)/66dB
AUX=−0,−0.5dB(10Hz〜70kHz)/100dB
フィルター SUBSONIC=18Hz(−6dB/oct)
トーン・コントロール BASS=±8dB(100Hz)
TREBLE=±8dB(10kHz)
その他 消費電力(電気用品取締法基準)=14W(100V,50/60Hz)
寸法・重量 111H×480W×342Dmm 5.8kg
※本ページに掲載したP-2020の写真,仕様表等は1977年7月の
 Victorのカタログより抜粋したもので,日本ビクター株式会社に著作
 権があります。したがってこれらの写真等を無断で転載,引用等をす
 ることは法律で禁じられていますのでご注意ください。

 
★メニューにもどる            
 
 

★セパレートアンプPART8にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
inserted by FC2 system