PIONEER PL-1200
DIRECT DRIVE PLAYER ¥44,500(1972年発売時)
                    ¥48,500(1973年頃)
1972年に,パイオニアが発売したプレーヤーシステム。1970年にテクニクスが世界初のDD(ダイレクト・ドライブ)方式
のターンテーブルSP-10を発売して以来,国産のアナログプレーヤーは,次第にDD方式への流れが進み,各社がDD
方式のターンテーブル,プレーヤーを開発・発売していくこととなりました。パイオニアも,1972年に,DD方式のターンテー
ブルMU-3000を発売し,さらに,同年,同社初のDD方式プレーヤーシステムとして発売されたのがPL-1200でした。
ターンテーブルは,直径31cm,重量1.4kgのアルミダイキャスト製で,上述のようにダイレクトドライブ方式が採用され
ていました。駆動するモーターには,超低速ブラシレスDCモーターが搭載され,搭載されたサーボ回路の働きによって,
一旦設定された回転数は自動的に制御され,周辺温度や電源電圧の変動の影響を受けにくくなっており,低振動で,ワ
ウフラッター0.06%以下(WRMS),S/N55dB以上というすぐれた特性が確保されていました。331/3,45rpmの回
転速度の切換えも,電子回路の定数切換えだけで行われる純電子式で,ターンテーブル外周に刻まれたストロボスコー
プを監視しながら,331/3,45rpmのいずれも独立で±2%の範囲内で微調整できるようになっていました。また,モー
ターの駆動電源は内蔵の定電圧回路によって直流に変える方式であるため,シンクロナスモーター等を使用したベルト
ドライブ方式のプレーヤーに見られるような,50,60Hzの電源周波数によりプーリーの交換等をする必要もありません
でした。
トーンアームは,スタティックバランス方式のS字型パイプアームで,軸受部の形状・材質を吟味することで,感度を高めて
いました。さらに,穴あき軽量型のヘッドシェルを採用し,トレース能力の向上が図られていました。インサイドフォースキャ
ンセラーは,スプリングとカムを組み合わせた独自の構造のもので,針圧値に合わせることで適切なアンチスケーティング
バイアスに設定される仕組みで,レコード演奏中にも調整ができる便利な機構となっていました。
また,新開発のMM型カートリッジPC-330(¥9,500)が標準装備されていました。外径0.5mm肉厚40ミクロンの軽
合金パイプカンチレバーとチタンベースのダイヤモンド針を組み合わせ,0.6mgという軽質量の振動系により,可聴周波
数以上までの再生能力を確保し,市販レコードの最高録音レベルといわれる+15dBを1.7gという軽針圧で再生できる
ハイコンプライアンス設計のカートリッジでした。
キャビネットは,メタルベースとローズウッド仕上げの合板をガッチリ組み合わせたユニークな2重構造の新設計のキャビ
ネットが採用されていました。重量があり,高さ調整自在の大型インシュレーターがメタルベースを支え,2重構造キャビ
ネットとともに,しっかりとした防振構造となっていました。
キャビネット上部の右側のパネル上に操作部を集中してレイアウトした設計で,操作性を高めていました。マニュアルプ
レーヤーながら,パワースイッチと一体化されたアームエレベーションレバーが一番手前に装備され,使いやすい操作系
となっていました。
以上のように,PL-1200は,パイオニア初のDD方式採用のプレーヤーシステムとして,性能的にも操作面でも高い完
成度をもち,非常にコストパフォーマンスにすぐれたプレーヤーシステムでした。そして,ここでの基本設計等は,同社の
アナログプレーヤーに展開されていくこととなりました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



高感度S字型アーム付。
ブラシレスDCサーボダイレクトドライブプレーヤー。

◎新開発ダイレクトドライブフォノモーター採用。
◎常に一定した回転を維持するサーボ回路
◎純電子式速度切換え,±2%の速度微調整
◎新型カートリッジを装着した高感度S字型アーム
◎防振対策に徹した新設計キャビネット

●操作部を1ヶ所に集めたユニークなレイアウト
●低容量(LSC)の出力コードを採用。
 本体との接続はピンジャック式
●アームエレベーション機構を付属




●規格●

モーター ブラシレスDCサーボモーター
駆動方式 ダイレクトドライブ
ターンテーブル 31cmアルミ合金ダイキャスト製(重量1.4kg)
回転数 331/3・45rpm(微調整可能)
回転数微調整範囲 ±2%以内(各回転独立調整)
回転数切換 電子式
回転ムラ 0.06%以下(WRMS)
S/N 55dB以上
トーンアーム スタティックバランス方式S字型パイプアーム
カートリッジ PC-330(MM型)
付属機構 アームエレベーション機構
アンチスケーティング機構
ラテラルバランサー
プラグイン方式ヘッドシェル
大型インシュレーター(水平調整型)
電子回路 トランジスタ12石,ダイオード19個
外形寸法 480W×185H×410Dmm
重量 10.5kg


PIONEER PL-1200A
DIRECT DRIVE PLAYER ¥51,000
1974年,PL-1200はPL-1200Aへとモデルチェンジをしました。基本的にほぼ同一とも言えるモデルでしたが,
大きな変更点としては,新たにストロボライトが設けられたことがありました。PL-1200では,ストロボライトがな
かったため,外周部のストロボパターンと蛍光灯のランプの光で見るしかなかったのですが,PL-1200Aになっ
て,本体だけでストロボパターンを確認することができるようになりました。また,データー上,ターンテーブルが
1.4kg→1.6kgとやや重量アップしていました。この慣性質量増もあり,ワウフラッター値,SN比も向上してい
ました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



諸特性のすぐれた,D.D.方式プレーヤー。
2重構造の防振強化型キャビネットを採用。

◎高性能D.D.フォノモーター採用。
◎回転数を自動的に制御する,サーボ回路。
 つねに一定した回転が保たれます。
◎高感度S字型パイプアーム採用。振動系の
 実効質量を大幅に低減したカートリッジも装着。
◎防振対策に徹した2重構造キャビネット。
◎軽いタッチ,純電子式速度切換え。
◎使ううちに便利さがわかる,付属機構。

●レコードや針先をいためない,アームエレベー
 ション機構。
●操作機能を一枚のパネルに集めたユニーク
 なレイアウト。右手だけの便利な操作性です。
●見やすいストロボライト。
●4ch再生に対応できる,低容量(LSC)出力
 コード。




●規格●

モーター ブラシレスDCサーボモーター
駆動方式 ダイレクトドライブ
ターンテーブル 31cmアルミ合金ダイキャスト製(重量1.6kg)
回転数 331/3・45rpm(微調整可能)
回転数微調整範囲 ±2%以内(各回転独立調整)
回転数切換 電子式
回転ムラ 0.05%以下(WRMS)
S/N 58dB以上
トーンアーム スタティックバランス方式S字型パイプアーム
カートリッジ PC-330(MM型)
付属機構 アームエレベーション機構
アンチスケーティング機構
ラテラルバランサー
プラグイン方式ヘッドシェル
ストロボライト
大型インシュレーター(水平調整型)
電子回路 トランジスタ12石,ダイオード19個
外形寸法 480W×185H×440Dmm
重量 10.5kg
※ 本ページに掲載したPL-1200,PL-1200Aの写真・仕様表等は
 1973年11月,1974年5月のPIONEERのカタログより抜粋した
 もので,パイオニア株式会社に著作権があります。したがって,これら
 の写真等を無断で転載,引用等をすることは法律で禁じられています
 ので,ご注意ください。

 
★メニューにもどる
  
   
★アナログプレーヤーPART6のページにもどる

 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
inserted by FC2 system