PART9

国産プリメインアンプは,海外製にはない思い切った物量を
投入したモデルなどなかなか個性的なモデルがそろってい
たと思うのは私だけでしょうか。かつて国産オーディオ界が
華やかなりしころには,そんな個性的で魅力的なプリメイン
アンプたちがそろっていました。プリメインアンプのコーナー
も9ページ目となりました。





SANSUI AU-D907GEXTRA

1983年に,サンスイが発売したプリメインアンプ。サンスイは,
1976年に,AU-607,AU-707を発売し,「07シリーズ」をス
タートさせました。この「07シリーズ」がロングセラーとなり,サン
スイの主力となっていくことになりました。1978年にダイヤモン
ド差動回路を搭載した「AU-Dシリーズ」が発売され,高い評価
を受けました。その最上級機AU-D907の第4世代として発売
されたのが,AU-D907G EXTRAでした。


OPTONICA SM-3000

1974年に,オプトニカ(シャープ)が発売したプリメインアンプ。
家電メーカーであったシャープは,1974年頃よりOPTONICA
(オプトニカ)ブランドで力の入ったオーディオ機器を発売してい
きました。そうしたオプトニカブランド初期のプリメインアンプの
中で,最上級機SM-4000に次ぐ弟機がSM-3000でした。


TRIO KA-3300

1975年に,トリオ(現JVCケンウッド)が発売したプリメインアン
プ。トリオはエレクトロニクス分野で高い技術をもち,FMチュー
ナーで高い評価を受けていました。アンプの分野でも,回路技術
に冴えを見せ,プリメインアンプを中心に画期的な製品を送り出
していきました。特に,1975年というこの年,トリオは左右独立
電源を提唱したKA-7300など,画期的なプリメインアンプを送
り出し,人気を高めた年となりました。そうした中,コストパフォー
マンスの高さを代表した機種がKA-3300でした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で
その版権・著作権等は,各オーディオメーカーにあります。し
たがって,これらの写真を無断で転載等することは,法律で
禁じられている行為ですのでご注意ください。
    
    
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や
印象のある方,そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp

        

  メニューにもどる
inserted by FC2 system