PX−8Fの写真
ONKYO  PX-8F
QUARTZ LOCK DIRECT DRIVE FULL AUTO  PLAYER
                                   ¥79,800


1979年に,オンキョーが発売したプレーヤーシステム。オンキョーは,アナログプレーヤーの分野では
あまりメジャーではないブランドでしたが,PX-8Fは,同社の中核機としてオーソドックスに性能と機能を
煮詰めて作り上げられ,同社初のクォーツロックDDフルオートプレーヤーとして発売されました。

ターンテーブルには,直径33cm,重量2.2kg(ゴムシート含む)という重量級のアルミダイカスト製のも
のが搭載されていました。このターンテーブルは,1品ごとにダイナミックバランスをチェックして,最適な
質量分布になるように精密仕上げが施されたもので,慣性質量380kg・cm2を 誇り,安定した回転が
確保されていました。
この重量級ターンテーブルをDD(ダイレクト・ドライブ)駆動するモーターには,起動トルク1.2kg-cmの
22極30スロットのハイトルクDCモーターが搭載されていました。このモーターは,モーター軸に取り付け
られたFG(周波数発電機)により回転数を検出し,その検出信号を5.5296MHzの水晶発振器から分
周して得られた基準信号を比較することで,正確な回転数制御を行うPLLサーボクォーツロック方式によ
り制御されていました。周波数発電機は全周積分型が採用され,円周上のわずかな誤差もキャンセルで
きるようになっていました。こうした設計により,ワウフラッター0.025%以下(WRMS)という高精度な
回転が実現されていました。また,±5.0%の範囲(約半音階分)で連続可変のバリアブル・ピッチコント
ロールツマミが装備され,1%刻みで前面にあるLEDインジケーターに表示されるようになっていました。

トーンアームは,従来の同社のS字型アームに比べて実効質量を約半分(15g)にしたストレートアームが
搭載されていました。アームの素材として,軽量・高剛性のバイロフィル・カーボンファイバーが採用されて
いました。これは,直径8ミクロンのカーボン繊維を特殊な処理方法で,厚さ0.125mmの薄膜状に固め
3方向に異なる繊維方向にラミネートし,高精度マンドレル(芯金)を用いてパイプ状に成型・研磨して完成
させたもので,錆や経時歪みがなく,導電性によりシールド効果もあるなど,すぐれた特性が実現されてい
ました。
ストレートアームでは,シェル一体型のものが多く見られますが,PX-8Fでは,内側にオフセットされた形
状のシェルをネジ止めする方式で,ADC方式と称していました。(ADCのアームLFM-2に付属したネジ
止め式のオフセット角付きヘッドシェルがルーツとされるため,このように称していたと考えられます。)
この方式により,軽量化(ローマス化)では不利となるものの,カートリッジの交換がしやすいというメリット
がありました。
トーンアームのサポート部には,高熱焼き入れが施された高精度加工のミニチュアベアリングが使用され
垂直方向,水平方向ともフェザーサポート方式で軽い動きを実現し,中央部の初動感度6.8mgを実現し
ていました。

PX-8Fは,フルオートプレーヤーであるため,アームに触れずにオートリードイン,オートリターン,リジェ
クト,オートリピートが可能となっていました。アームの動作は,ターンテーブルとは独立した2つのモーター
によるもので,正確でスムーズな動作を実現していました。また,オートリターン時のレコードエンドの検出
方式として,光電検出素子を用いた無側圧方式を採用し,アームのトレーシングへの影響を抑えていまし
た。アーム回転軸部に設けられた遮光シャッターと光電素子で構成された近赤外インタラプターにより,フォ
トトランジスタに入射する光量が一定時間内にどれだけ変化するかを検出し,リターン機構を動作させる加
速度検出形となっており,レコードエンドの偏芯溝に入ったアームが大きく振れるのを捕捉して動作するた
め,音溝トレース時との識別も確実で,誤動作が抑えられていました。
キャビネットは,15mm厚の高密度パーティクルボードによる剛性の高い作りで,外観も同社では珍しい木
>目仕上げの美しいものでした。このパーティクルボードと底板の間に3mm厚のショックアブソーバーを入れ
さらに,それを複合型アコースティックインシュレーターで支えるというダブルインシュレーション方式がとられ
ていました。この複合型アコースティックインシュレーターは,低域に有効なコイルスプリングと,中高域で防
>振効果の大きい特殊防振ゴムを組み合わせた構造で,プレーヤー自体の総重量とコイルスプリングのコン
プライアンスで形成される共振周波数は約10Hzで,これ以上の可聴周波数帯域で十分な防振効果が実現
されていました。

以上のように,PX-8Fは,フルオートプレーヤーとして使いやすさを実現しつつ,基本部分がしっかり作り上>
げられた,基本性能の高いプレー ヤーでした。ここで開発・搭載された技術は。さらにPX-6F,PX-5F,PX-
55F,PX-3Fといった弟機に受け継がれていきました。


以下に,当時のカタログの一部を ご紹介します。



ONKYOから初のクォーツロックDD
フルオートプレーヤー誕生。


◎カーボンファイバー製トーンアーム
◎慣性質量の大きい大型33cmターンテーブル
◎ダブルインシュレーション・キャビネット



●PX-8F主要定格●

形式
ダイレクトドライブ・フルオートプレーヤー
オートリードイン,オートリターン,リジェクト,オートリピートを
含む2モーター・フルオート機構
トーンアーム
スタティックバランス・ストレート型カーボンファイバーパイプアーム
有効長/オーバーハング
237mm/16mm
オフセット角/トラッキングエラー
21°/+3°〜−1°以内
針圧調整範囲
0g〜3g
適合カートリッジ重量
3g〜10g
カートリッジ
付属せず
ターンテーブル
33cmアルミダイカスト,重量2.2kg(ゴムシート含む)
駆動方式
クォーツロックシンセサイズドDDモーター
回転数
33 1/3・45rpm(ピッチコントロール±5.0%可能)
回転ムラ
0.025%以下(WRMS)
S/N比
63dB以上(JIS)
消費電力
7W
寸法/重量
480W×176H×408Dmm/12kg
付属機構
着脱式ヘッドシェル(ADCタイプ)
ダイヤル式アンチスケート機構
針圧直読印加

※ 本ページに掲載したPX-8Fの写真・仕様表等は1979年10月の
  ONKYOのカタログより抜粋したもので,オンキョー株式会社に
 著作権があります。したがって,これらの写真等を無断で転載,引用
 等をすることは法律で禁じられていますので,ご注意ください。

 
★メニューにもどる
  
   
★アナログプレーヤーPART5のページにもどる

 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
inserted by FC2 system