QL-7Rの写真
Victor QL-7R
DIRECT DRIVE PLAYER SYSTEM ¥67,500

1976年にビクターが発売したプレーヤーシステム。美しいキャビネットにビクター自慢のクォーツロックDDの
ターンテーブルTT-71を搭載したバランスのとれた設計の実力派の中級機でした。

QL-7Rの最大の特徴は,単体製品として販売されているターンテーブルTT-71を(¥42,800)搭載してい
たことでしたTT-71は,クォーツロックを搭載したDD方式のターンテーブルで高い回転精度を誇りました。
モーターは,1kg-cm以上の強いトルクをもつDCモーターで,リングマグネットと180スロットの磁性円盤(FG
ヨーク),180個分の発電プリントコイル(FG基板)からなる全周積分検出方式のFGサーボシステムを搭載し
ていました。ターンテーブルは総重量2.2kgのヘビーウェイトで,慣性質量による安定した回転を実現していま
した。さらに,水晶発振周波数をもとにしたクォーツロックは,サンプルホールド型の位相比較回路によってサー
ボ応答の正確化と敏速化が図られていました。

QL-7RのモーターQL-7RのターンテーブルQL-7Rの位相比較回路

ストロボの電源にも水晶の安定した発振周波数を利用して,正確な速度監視を可能にしていました。また1つ
のパターンで331/3と45回転の両方を見ることができるようになっていました。回転数の切換スイッチとストッ
プスイッチは,触れるだけで動作するタッチ・センサー方式が採用され,ストップスイッチには,電磁ソレノイドを
利用したブレーキ機構が連動し,1.6秒以内で滑らかに停止するようになっていました。

トーンアームは,一点支持方式の感度とジンバルサポート方式をしのぐ安定性を追求したという「ニュー・ジンバ
ルサポート方式」のトーンアームが搭載されていました。この「ニュー・ジンバルサポート方式」は,仮想一点支
持構造で,4個のベアリングが仮想中心点から等距離に配置され,どの回転方向に対しても各ベアリングにか
かる力と回転角が等しく,一点支持と同様な性能が得られるというものでした。また,トーンアームには防振材
入りのアームパイプ,チャッキング・ロック式ヘッド・コネクター,溶融鍛造ヘッド・シェルなどの音質重視設計が
施されていました。

QL-7RのアームQL-7Rのパラレル・アイソレーター

キャビネットは,ビクター自慢の積層構造によるキャビネットで,厳密な理論解析と振動ループの測定によって
無共振・無振動が追求されていました。フットには,コイルスプリングとゴムを丈夫なダイキャストハウジングに
組み込んだ,新開発の「パラレル・アイソレーター」が搭載され,高い防振効果と横方向の安定性を両立してい
ました。また,高さ調節も可能となっていました。

以上のように,QL-7Rは,各部にビクターのすぐれた技術を注ぎ込んだバランスのとれた使いやすい高性能
アナログプレーヤーでした。カートリッジの音を生かしてくれる音の良さは高い評価を得ました。
 
 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。
 
 


ターンテーブル部は単体製品のTT-71型,
クォーツにふさわしい基本性能を
隅々まで徹底追求。
◎全周積分方式FGサーボのクォーツロックTT-71型搭載。
◎高性能サンプル・ホールド型位相比較回路。
◎タッチ・センサー・コントロールとクイック・ストップ方式。
◎水晶電源の高精度ストロボ
◎高感度・高安定ニュー・ジンバルサポート・トーンアーム。
◎堅牢な高密度キャビネットとパラレル・アイソレーター。
●QL-7R型規格●


駆動方式 FG検出クォーツロックDCサーボ・ダイレクト・ドライブ
回転数 331/3,45rpm(タッチ・センサー電子式切換)
ワウ・フラッター 0.025%(WRMS)
SN比 63dB(IEC-B),73dB(DIN-B)
起動特性 1.4sec 1/2回転以内
負荷特性 針圧120gまで0%
ドリフト 0.0001%/h,0.00005%/℃
トーンアーム型式 ニュー・ジンバルサポート・TH方式スタティック・バランス(有効長245mm)
針圧可変範囲 0〜3g(0.25gステップ)直読式
取付けカートリッジ重量 14.5g〜23.5g(シェルを含む)
アーム高さ可変範囲 43.5〜54.5mm
キャビネット仕上げ ローズウッド調
寸法 490W×181H×411Dmm
重量 12.0kg


ビクターは,1974年に,世界初のクォーツロック・プレーヤーシステムJL-B1000P(業務用)を製品化し,翌
年の1975年には一般向けのクォーツロックターンテーブルTT-101を発売し,さらにTT-81,TT-71と単体
製品のクォーツロック・ターンテーブルを次々と発売していきました。そしてそれらのターンテーブルは,多くのオ
ーディオファンから高い評価を得ました。

JL-B1000P型

TT-101の写真
Victor TT-101
QUARTZ LOCK SERVO D.D. TURNTABLE
                         ¥150,000

TT-101は,1975年に発売されたビクター初の民生用クォーツロックターンテーブルで,同社のターンテーブル
として最高級機でした。世界初の「ピッチコントロール」の考え方の速度調節機構を備え,標準A音の440Hzを
基準として,クォーツロックをかけたままの正確な1Hzステップの±6Hzの調節ができるようになっていました。
サーボには,全周積分検出型FGサーボを搭載し,コッキングの少ないDCコアレスモーターを採用していました。
応答性の高い両方向サーボと電子ブレーキによりクイックストップも実現していました。計測器風の4桁の電子
デジタル速度表示も正確な回転制御を表現していました。電源トランスにはノイズの少ないトロイダルトランスを
搭載していました。最高級機として同社の高級機を示す「Laboratoryシリーズ」の名称を与えられていました。

TT-81の写真
Victor TT-81
QUARTZ LOCK SERVO D.D. TURNTABLE
                          ¥65,000

TT-81は,TT-101の弟機として,優れた性能と機能性を両立したコストパフォーマンスの高いモデルでした。
全周積分検出型FGサーボをベースにした高精度な回転制御や1Hzステップ±6Hzのピッチコントロール,両
方向サーボシステムによる電子ブレーキは継承され,4桁の電子デジタル速度カウンターはクォーツ電源によ
るストロボになっていました。モーターは,12極24スロットのハイトルク・ブラシレスDCモーターが搭載されて
いました。

TT-71の写真
Victor TT-71
QUARTZ LOCK SERVO D.D. TURNTABLE
                          ¥42,800

QL-7Rにも搭載されたTT-71は,TT-81の弟機としてさらに高いコストパフォーマンスを実現していました。
モーターはTT-81と共通で,高精度全周積分検出型FGサーボとクォーツロックの組み合わせによる回転制
御は同一ながら,上記したサンプルホールド型位相比較回路を搭載することにより速度制御の応答性を高め
ていました。ブレーキは電磁ソレノイドを使用したものでした。
 

●主な仕様●


 
TT-101
TT-81
TT-71
駆動方式 FG検出クォーツロック・コアレスDCサーボ
ダイレクト・ドライブ
FG検出クォーツロック・DCサーボ
ダイレクト・ドライブ
FG検出クォーツロック・DCサーボ
ダイレクト・ドライブ
ワウ・フラッター 0.02%(WRMS)
0.008%(回転部)
0.025%(WRMS)
0.01%(回転部)
0.025%(WRMS)
0.01%(回転部)
SN比 75dB(DIN-B) 73dB(DIN-B) 73dB(DIN-B)
起動特性
(331/3rpm時)
0.6sec以内(1/6回転) 1sec以内(1/3回転) 1.4sec以内(1/2回転)
クイック・ストップ特性
(331/3rpm時)
1sec以内 1sec以内 1.6sec以内
オーバーシュート 2%以内 2%以内 2.5%以内
負荷特性
(針圧120g)
0% 0% 0%
ドリフト 0.0001%/H,0.00003%/℃ 0.0001%/H,0.00003%/℃ 0.0001%/H,0.00005%/℃
回転数偏差 0.002%以内 0.002%以内 0.002%以内
寸法・重量 358W×150H×358Dmm・10.0kg 358W×150H×358Dmm・8.0kg 350W×120H×350Dmm・6.2kg
取付孔寸法 直径281mm正円形 直径281mm正円形 直径281mm正円形
※本ページに掲載したQL-7R,TT-101,TT-81,TT-71の写真・仕様表等
は1977年11月,1981年6月のVictorのカタログより抜粋したもので,日本
ビクター株式会社に著作権があります。したがって,これらの写真等を無断で
転載,引用等をすることは法律で禁じられていますので,ご注意ください。

 
★メニューにもどる             
  
   
★アナログプレーヤーPART3のページにもどる

 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。
                     

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp 
inserted by FC2 system