セパレートアンプのコーナー
PART7

現在,セパレートアンプを出しているメーカーは限られて
いますが,かつて多くのメーカーが意欲作を発表し,魅
力的で個性的なモデルがたくさんあったのがこのセパレ
ートアンプ部門です。各メーカーが各々こだわりをもって
やりたいことをやったというものが数多く見られ,音の上
でもメーカーごとの特徴が最もよく表れていたかもしれま
せん。このコーナーもついに7ページ目に入りました。ど
うぞ,ごゆっくりご覧ください。







EQ-7070のページへ
Victor  EQ-7070

1978年に,ビクターが発売したプリアンプ。同社の「Laboratoryシリーズ」
の中でもグレードの高さを誇る「7070シリーズ」のプリアンプで,フォノイコ
ライザーとしての性能を追求した1台でした。

M-7070のページへ
Victor M-7070

1978年に,ビクターが発売したパワーアンプ。「Laboratoryシリーズ」の
「7070シリーズ」のパワーアンプで,革新的な内容を持った,ビクターの中
でも個性派の1台でした。

Nakamichi610のページへ
Nakamichi610

1976年に,ナカミチが発売したコントロールアンプ。カセットデッキ・
ナカミチ600を核として同社が展開していた「600シリーズ」の一員
でした。コントロールアンプとミキシングコンソールを兼ね備えたよう
な作りは,テープデッキで名をはせていたナカミチらしいものでした。

Nakamichi620のページへ
Nakamichi620

1976年に,ナカミチが発売したパワーアンプ。「600シリーズ」の一員
のパワーアンプで,他の「600シリーズ」と同様の傾斜したパネルをもつ
ユニークなデザインのパワーアンプでした。

C-06のページへ
LUXMAN C-06

1987年に,ラックスが発売したコントロールアンプ。フォノイコライザー
アンプを独立させ,ラインアンプとして性能を追求するなど,CD時代な
らではの設計が行われ,完成度が高められていました。

M-06のページへ
LUXMAN M-06

1987年に,ラックスが発売したパワーアンプ。ラックスらしく純A級動作
により,滑らかな音質を実現したパワーアンプで,その音にもデザインに
も独自の魅力があったと思います。

M-07のページへ
LUXMAN M-07

1987年に,ラックスが発売したパワーアンプ。1983年発売の純A級
動作の超弩級アンプM-05を直接継承したともいえる内容を持ち,さら
に重量級,超弩級のパワーアンプとなっていました。

P-600のページへ
Accuphase P-600

1983年に,アキュフェーズが発売したパワーアンプ。大出力モノラルパワー
アンプM-100のステレオ化モデルともいえますが,当時のアキュフェーズの
ステレオパワーアンプのトップモデルとして,高い完成度を実現していました。

CL-M2DCのページへ
MICRO CL-M2DC

1989年に,マイクロが発売したプリアンプ。フォノ入力も持たず入力セレク
ター+アッテネーターという形の徹底したシンプルな回路構成と,パーツや筐
体への物量投入が特徴で,「ラインプロセッサー」と称していました。

SY-77のページへ
Aurex SY-77

1976年に,オーレックス(東芝)が発売したプリアンプ。オーレックスブランド
として初のプリアンプで,機能や回路のシンプル化,高品質パーツの投入と
いった,後のオーレックスブランドのセパレートアンプ群に共通する特徴が既
に見られる1台です。

SC-77のページへ
Aurex SC-77

1976年に,オーレックス(東芝)が発売したパワーアンプ。SY-77とのペアを
想定されたパワーアンプで,パワーアンプらしからぬ薄型のすっきりした筐体に
しっかりと物量が投入され,癖のない素直な音を持った1台でした。

C-202のページへ
Accuphase C-202

1987年に,アキュフェーズが発売したプリアンプ。CDが本格化した時代に登
場しただけに,CDへの対応を優先に,シンプルにまとめられたプリアンプで,
エントリーモデルながら,ライン入力専用の設計により,すぐれた性能を実現し
ていました。

P-102のページへ
Accuphase P-102

1987年に,アキュフェーズが発売したパワーアンプ。人気モデルP-500
の弟機といった感じで,一見目立たないモデルでしたが,純A級動作,バラ
ンス構成と,意欲的な設計がなされた実力機でした。

PRA-1000のページへ
DENON PRA-1000

1983年に,デンオン(現デノン)が発売したプリアンプ。同社のセパレート
アンプのエントリーモデルとして,上級機の技術をしっかりと継承し,コスト
パフォーマンスの高い1台となっていました。

POA-1500のページへ
DENON POA-1500

1983年に,デンオンが発売したパワーアンプ。ペアとなるPRA-1000と
同様に,エントリーモデルながら,上級機の技術,デザインイメージ等を継
承し,コストパフォーマンスの高い1台となっていました。

C-2302のページへ
SANSUI C-2302VINTAGE

1992年に,サンスイが発売したコントロールアンプ。C-2301VINTAGEを
モデルチェンジし,大幅にグレードアップした,同社史上最高級機ともいえる
コントロールアンプで,贅を尽くした内容を誇る1台でした。


ONKYO P-307

1978年に,オンキョーが発売したプリアンプ。当時オンキョーがアンプの
分野で展開していたインテグラシリーズの中でも思い切ってグレードが
高められたモデルで,多くの面で,その後の同社のセパレートアンプの原型
となった1台でした。


ONKYO M-507

1978年に,オンキョーが発売したパワーアンプ。P-307とのペアを想定して
作られた大型のパワーアンプで,それまでのインテグラシリーズに比べ,大きく
グレードを上げた内容を持ち,この後の同社のパワーアンプの原型となったモ
デルでした。


Technics SU-A4

1979年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したコントロールアンプ。当時の
同社のコントロールアンプとしては,超弩級機SU-A2に次ぐ高級機で,テクニク
スらしく性能と機能のバランスがとれたモデルでした。


Technics SE-A3

1979年に,テクニクスが発売したパワーアンプ。超弩級機SE-A1に次ぐパワーア
ンプで,同社が当時展開していた「ニュークラスA」方式のアンプとしては最上級機
にあたる1台で,SU-A4とのペアを想定されたモデルした。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
 著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
 真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
 意ください。
         
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp



メニューにもどる
inserted by FC2 system