セパレートアンプのコーナー
PART9

現在,セパレートアンプを出しているメーカーは限られて
いますが,かつて多くのメーカーが意欲作を発表し,魅
力的で個性的なモデルがたくさんあったのがこのセパレ
ートアンプ部門です。各メーカーが各々こだわりをもって
やりたいことをやったというものが数多く見られ,音の上
でもメーカーごとの特徴が最もよく表れていたかもしれま
せん。このコーナーもついに9ページ目に入りました。ど
うぞ,ごゆっくりご覧ください。




EXCLUSIVE C3

1973年に,パイオニアがエクスクルーシブブランドで発売したプリアンプ。パイオニア
は,この年,高級機専門のブランドとしてエクスクルーシブ(EXCLUSIVE)を立ち上げ,
その第1号の製品としてセパレートアンプのプリアンプC3とパワーアンプM3を発売し
ました。



EXCLUSIVE M4

1974年に,パイオニアがエクスクルーシブブランドで発売したパワーアンプ。パイオニア
は,前年の1973年に高級機専門のブランドとしてエクスクルーシブを立ち上げ,セパレー
トアンプのプリアンプC3とパワーアンプM3を発売しました。それに次いで発売されたパワー
アンプがM4でした。


OTTO DCC-3001

1975年に,オットー(三洋電機,現在はパナソニックに吸収される)が発売したプリアンプ。
三洋電機は,1966年によりオーディオブランドのOTTO(オットー)をスタートしました。そ
んなオットーが発売したプリアンプの最上級機がDCC-3001でした。


OTTO DCP-3001

1975年に,オットー(三洋電機,現在はパナソニックに吸収される)が発売したパワー
アンプ。1966年に,OTTO(オットー)のブランドをスタートした三洋電機が,プリアンプ
DCC-3001とともに,同社の最高級機として熱意を持って作り上げた意欲作でした。


DIATONE DA-P10

1976年に,ダイヤトーン(三菱電気)が発売したプリアンプ。スピーカーのブラ
ンドというイメージが強いダイヤトーンが,エントリークラスのセパレートアンプと
して「Feature Series」を発売し,その中のプリアンプの主力モデルがDA-P10
でした。


DIATONE DA-A10

1976年に,ダイヤトーン(三菱電気)が発売したパワーアンプ。ダイヤトーン
がエントリークラスのセパレートアンプとして発売した「Feature Series」のパ
ワーアンプの主力モデルとして発売されたのがDA-A10でした。


Technics SU-9200

1975年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したコントロールアンプ。1974
年よりテクニクスは,「9000番シリーズ」としてコントロールアンプSU-9600,
パワーアンプSE-9600,チューナーのST-9700,ST-9300を発売しました。
そして,SU-9600の弟機として発売されたコントロールアンプがSU-9200でし
た。


Technics SE-9200

1975年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したパワーアンプ。1974年に
スタートした「9000番シリーズ」のパワーアンプSE-9600の弟機として,またコ
ントロールアンプSU-9200のペアとして発売されたパワーアンプがSE-9200
でした。


LUXMAN CL-40

1983年に,ラックスが発売した管球式コントロールアンプ。ラックスは,真空管アン
プの時代からすぐれたアンプを開発・発売し,トランジスターアンプの時代になっても,
独自の魅力を持つアンプを作り,高い評価を得ていました。そうしたラックスが,CD
時代になり発売した管球式コントロールアンプの最高級機がCL-40でした。


LUXMAN MQ-50

1983年に,ラックスが発売した管球式パワーアンプ。そして,管球式アンプ
に長い経験を持つラックスが持ち前の技術を生かして,CD時代になり発売
した管球式パワーアンプの最高級機がMQ-50でした。


marantz Sc-11

1983年に,マランツが発売したコントロールアンプ。マランツは1975年
に日本マランツとなり,1980年代に入りセパレートアンプの分野でも,新
しいシリーズを展開していきました。その中のコントロールアンプで最上級
機であったSc1000に次ぐモデルとして発売されたコントロールアンプが
Sc-11でした。


marantz Sm-11

1983年に,マランツが発売したパワーアンプ。マランツが日本マランツ
となった頃から,1980年代に入りセパレートアンプの分野でも,新しい
シリーズを展開していきました。その中のパワーアンプの最上級機であっ
Sm1000Sm700に次ぐモデルとして発売されたパワーアンプが
Sm-11でした。


DENON PRA-1100

1986年に,デンオン(現デノン)が発売したプリアンプ。デンオンは,1983年
上級のセパレートアンプの技術を受け継ぐ弟機として,エントリーモデルとなる
プリアンプPRA-1000を発売しました。その後継機として発売されたプリアン
プがPRA-1100でした。


DENON POA-2200

1986年に,デンオン(現デノン)が発売したパワーアンプ。当時のデンオンのセ
パレートアンプのパワーアンプのエントリーモデルで,プリアンプPRA-1100
のペアを想定されたパワーアンプでした。そして,1983年発売のPOA-1500
の後継機でもありました。


Technics SU-A4MK2

1982年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したコントロールアンプ。テクニ
クスは,1977年には,超弩級機SE-A1,SU-A2のセパレートアンプのペアを
発売し,さらに1979年にはコントロールアンプSU-A2の弟機として,より一般
向けの高級機としてSU-A4を発売しました。その後継機として発売されたコン
トロールアンプがSU-A4MK2でした。


Technics SE-A3MK2

1982年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したパワーアンプ。1977年
発売の超弩級機SE-A1の弟機として1979年に発売されたSE-A3の後継
機として,より充実した内容を実現したパワーアンプがSE-A3MK2でした。


Lo-D HMA-9500

1977年に,ローディー(日立)が発売したパワーアンプ。パワーMOS FET
を出力段に採用した世界初の画期的なアンプで,その性能の高さ,音の良
さが評価され,当時としてはかなりの高価格でありながら,数千台という予想
を超える販売数に達する人気モデルとなりました。


Accuphase C-200X

1980年に,アキュフェーズが発売したコントロールアンプ。アキュフェーズは
1973年,創立時に第1号製品としてコントロールアンプC-200,パワーアン
P-300というセパレートアンプを発売し,スタートしました。C-200シリーズ
は,その性能・機能から高い評価を受け,ロングセラーとなり,その第3世代
モデルがC-200Xでした。


Accuphase P-300X

1980年に,アキュフェーズが発売したステレオパワーアンプ。アキュフェー
ズは,創立時に第1号製品としてコントロールアンプC-200,パワーアンプ
P-300というセパレートアンプを発売し,スタートしました。P-300シリーズ
は,海外の高級機に負けない性能の本格的パワーアンプとして,高い評価
を受けました。P-300Xは,その第3世代のモデルとして,より高い完成度
を実現した1台でした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
 著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
 真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
 意ください。
         
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp


メニューにもどる
inserted by FC2 system