スピーカーのコーナー
PART6


  国産スピーカーは個性がないとよく言われますが,
どうしてなかなか個性的な音を聴かせてくれたり,
個性的なスタイルをしていたり,思いっきり贅沢に
作られていたり,先端技術を取り入れていたり・・と,
かつての名機・銘機たちはとても印象的でした。
機種が多くなったので,ついに6ページ目に入りま
す。





SX-521のページへ
Victor SX-521

1988年にビクターが発売したスピーカーシステム。SX-511の後継機
といった存在ですが,大きく設計方針や音の方向性が変わっており,
SXシリーズ原点の音に近いものとなっていたように思います。


CS-955のページへ
PIONEER CS-955

1977年にパイオニアが発売したスピーカーシステム。CS-3000の流れを
受け継ぐ大型のブックシェルフ型スピーカーで,ワイドレンジを目指した意欲
的な設計が特徴でした。

セプター3001のページへ
ONKYO Scepter3001

1989年にオンキヨーが発売したスピーカーシステム。一見普通のトール
ボーイ型のスピーカーシステムに見えますが,個性的な作りと構成をもった
1台でした。

LS-100のページへ
TRIO LS-100

1980年にトリオが発売したスピーカーシステム。2ウェイのシンプル
な構成の手ごろな価格のエントリーモデルながら,バランスのとれた
音と性能が高く評価されていた1台でした。

S-701のページへ
PIONEER S-701

1986年にパイオニアが発売したスピーカーシステム。ロングセラーモ
デルS-180シリーズの後継機として発売された,同社の中級機の主力
モデルでした。

S-707のページへ
PIONEER S-707

1987年に,パイオニアが発売したスピーカーシステム。前年に発売さ
れたS-701の後継機で,エンクロージャーをはじめ,各部に大幅に物
量が投入され,強化されていました。

SB-MX7のページへ
Technics SB-MX7

1987年に,テクニクスが発売したスピーカーシステム。平面型ユニット
を主力に押し出していたテクニクスが,「598戦争」の中に投入したモデ
ルで,バランスのとれた音を持っていました。このクラスのライバルとの
激しい競争の中,やや目立たないモデルになっていた感がありましたが
実力派の1台でした。

SX-500のページへ
Victor SX-500

1988年に,ビクターが発売したスピーカーシステム。名機SX-3の現代版
とも進化形ともいえる1台で,美しい仕上げと音楽を楽しめるスピーカーとし
て,モデルチェンジをしながらロングセラーとなりました。

SL-1のページへ
ONKYO SL-1

1978年に,オンキョーが発売したスーパーウーファーシステム。アンプ内
蔵型で,メーカー製らしくシステムとしてバランスのとれた設計がなされた
スーパーウーファーとして,ロングセラーモデルとなりました。

LS-800のページへ
TRIO LS-800

1982年に,トリオ(現ケンウッド)が発売したスピーカーシステム。トリオ
の実験的高級機LS-1000の弟機で,デザイン的にも設計思想的にも
共通点の多いコストパフォーマンスの高い中級機でした。

SC-R88のページへ
DENON SC-R88

1986年に,デンオン(現デノン)が発売したスピーカーシステム。スピーカー
におけるいわゆる「598戦争」の中に投入されたスピーカーで,しっかりと物
量が投入されたコストパフォーマンスの高い1台でした。

SC-880のページへ
DENON SC-880

1988年に,デンオン(現デノン)が発売したスピーカーシステム。SC-R88Zの
後継機といえる機種で,デンオンの598クラスの大型ブックシェルフスピーカー
としては最後のモデルとなった1台で した。

SW-CX1のページへ
KENWOOD SW-CX1

1993年に,ケンウッドが発売したスーパーウーファーシステム。いわゆる
AV用のスーパーウーファーではなく,オーディオ再生用を想定した重量級の
スーパーウーファーで,高い低域再生能力をできるだけコンパクトにまとめ
ようとした設計が特徴でした。

JS-55のページへ
Victor JS-55

1976年に,ビクターが発売したスピーカーシステム。密閉型2ウェイシステムの
ベストセラー機SX-3シリーズとはまた違った方向をねらった,バスレフ型の3ウェ
イモデルで,手頃なサイズと価格ながら,バスレフ方式の中で,音質改善をめざし
た意欲作でした。

NS-500のページへ
YAMAHA NS-500

1976年に,ヤマハが発売したスピーカーシステム。型番やデザインからも分かる
ように,NS-1000シリーズの弟機的システムとして発売されたもので,バスレフ型
のエンクロージャーなど,また違った音の魅力を持っていました。

SB-M2のページへ
Technics SB-M2

1982年に,テクニクスが発売したスピーカーシステム。同社自慢のハニカム
ディスク平面型ユニットを全面的に採用した大型の3ウェイシステムで,高い性
能を誇る1台でした。

SX-1155のページへ
OTTO SX-1155

1976年に,オットー(三洋電機) が発売したスピーカーシステム。海外製のすぐ
れたスピーカーコーンを使用するなど,本格的な内容をもつ中級機で,当時の
家電メーカー系ブランドのオーディオへの注力が感じられる1台でした。

CP-4500のページへ
OPTONICA CP-4500

1975年に,オプトニカ(シャープ)が発売したスピーカーシステム。当時オーディオブ
ランドとして立ち上げられたオプトニカは,ガウス社との提携をはじめ,スピーカーにも
力を入れていました。そんな中で発売された,実力派の中級機でした。

NS-1200classicsのページへ
YAMAHA NS-1200classics

1987年に,ヤマハが発売したスピーカーシステム。スピーカーのハイテク素材
競争の様相もあったこの時期に,あえて自然素材系のユニットを搭載した比較的
大型の3ウェイシステムで,音の方向性もまた異なったものとなっていました。

LS-M7のページへ
KENWOOD LS-M7

1989年に,ケンウッドが発売したスピーカーシステム。598戦争の後に登場
した中級機で,積み上げてきた技術を生かしながら,さらりと肩の力の抜けた
設計と音づくりが見られるようになっていました。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
意ください。
      
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system