スピーカーのコーナー
PART7


  国産スピーカーは個性がないとよく言われますが,
どうしてなかなか個性的な音を聴かせてくれたり,
個性的なスタイルをしていたり,思いっきり贅沢に
作られていたり,先端技術を取り入れていたり・・と,
かつての名機・銘機たちはとても印象的でした。
機種が多くなったので,ついに7ページ目に入りま
す。






FB-5のページへ
Victor  FB-5

1975年に,ビクターが発売したスピーカーシステム。メーカー製では
数少ないバックローディングホーンのシステムで,中級機ながら,かな
り大型のシステムとなっていました。

SS-G5のページへ
SONY SS-G5

1977年に,ソニーが発売したスピーカーシステム。前年に発売された
ベストセラーモデルSS-G7の弟機として発売された中級機で,こちらも
コストパフォーマンスの高い1台でした。

SB-7のページへ
Technics SB-7

1979年に,テクニクスが発売したスピーカーシステム。テクニクスが
当時力を入れていた平面振動板を搭載したスピーカーシステムの中
級機で,癖がなくすぐれた特性をもつ実力機でした。

M80のページへ
ONKYO M80

1977年に,オンキョーが発売したスピーカーシステム。人気モデルM6を
擁する2ウェイシステム「Mシリーズ」の最上級機で,2ウェイ+スーパー
トゥイーターという構成で,よりワイドレンジ化が図られていました。

2401twinのページへ
EXCLUSIVE 2401twin

1983年に,パイオニアがエクスクルーシブブランドで発売したスピーカーシス
テム。1975年に,同社が発足させたプロ用モニタースピーカー「TAD」のユニ
ットを搭載した大型のモニタースピーカーで,その高い性能は,高い評価を受け
た1台でした。

SP-V100のページへ
SANSUI SP-V100

1981年に,サンスイが発売したスピーカーシステム。サンスイが各社の新素材
競争に参入していった先駆けのモデルで,手頃な価格ながら,元気な明るい音を
聴かせる1台でした。

LS-11のページへ
KENWOOD LS-11

1987年に,ケンウッドが発売したスピーカーシステム。小型ながら本格的な3ウェイ
システムとして構成されたスピーカーシステムで,コストパフォーマンスの高さから人
気モデルとなり,モデルチェンジされながらロングセラーモデルとなりました。

NS-590のページへ
YAMAHA NS-590

1978年に,ヤマハが発売したスピーカーシステム。NS-1000シリーズと,NS-690
シリーズで,スピーカーにおける評価を高めたヤマハが発売した中級機で,激戦区とな
っていく598クラスに投入されたコストパフォーマンスの高いモデルでした。

NS-600のページへ
YAMAHA NS-600

1981年に,ヤマハが発売したスピーカーシステム。NS-590の後継機で,ユニット等が
より新しい技術のものに強化され,当時の激戦区598クラスにおいても高いコストパフォー
マンスをもつ1台となっていました。


Victor SX-700

1989年に,ビクターが発売したスピーカーシステム。SXシリーズの中では
珍しいトールボーイ型で,2ウェイ+サブウーファーという形をとることで,レン
ジの拡大が図られていました。


YAMAHA AST-1

1988年にヤマハが発売したスピーカーシステム。サイズを大幅に超えた低域
再生能力を実現するAST方式(後のYST方式)の1号機で,外観からは想像で
きない低音には驚きのものがありました。


Victor SX-700spirit

1992年に,ビクターが発売したスピーカーシステム。SX-500シリーズの上級機
にあたるスピーカーシステムで,SX-3,SX-7などのSXシリーズの流れを受け継ぐ
つくりを持ち,音の方も音楽を楽しく聴く道具として完成度が高められていました。


SONY SS-G4

1979年に,ソニーが発売したスピーカーシステム。1976年にG7からスタート
した「Gシリーズ」の末弟にあたる機種で,バランスのとれたコストパフォーマンス
にすぐれたスピーカーシステムとして人気を得ました。


PIONEER CS-880

1973年に,パイオニアが発売したスピーカーシステム。当初から自社製の
ユニットによるスピーカーシステムで,力作を作っていた同社が,1970年代
に展開していたフロア型システムのシリーズのトップモデルで,大形のユニット
とエンクロージャーをもつ堂々たる1台でした。


DENON SC-907

1987年に,デンオンが発売したスピーカーシステム。デンオンはアナログプレー
ヤーやアンプ等では一定の評価を得ていたものの,スピーカーでは地味な存在で
した。そんなデンオンが振動板素材に新しい素材を全面的に採用し,発売した
主力モデルがSC-907でした。


ONKYO Scepter1001

1993年に,オンキョーが発売したスピーカーシステム。スピーカーの一大ブランド
であったオンキョーは,コンパクトスピーカーとAV用スピーカーに主流が移りかけて
いたこの時期においても,本格的なピュアオーディオ用スピーカーを作り続けていま
した。そんなオンキョーが作り出した本格的3ウェイブックシェルフモデルがセプター
1001でした。


YAMAHA NS-500YST

1990年に,ヤマハが発売したスピーカーシステム。すぐれた低域再生能力
を実現するYST方式を採用した3スピーカー・4ウェイシステムで,オーソドッ
クスなブックシェルフ型の中型スピーカーの外観から,驚くほどワイドレンジな
音を可能にした1台でした。


PIONEER CS-755

1976年に,パイオニアが発売したスピーカーシステム。振動板素材にベリリウ
ムなどの新しい素材を積極的に導入するなど,技術的にも,音的にも新しい魅力
を求めて作り上げられた実力派の中級機でした。


Aurex SS-810

1975年に,オーレックスが発売したスピーカーシステム。コーン形状,エッジの構造
など,独自の技術を投入して作り上げた,オーレックスらしさをしっかり打ち出した1台
でした。


Victor SX-55

1977年に,ビクターが発売したスピーカーシステム。SX-3以来の伝統を受け継ぐ
「SXシリーズ」の中で,新たな方向性を探ろうしていた「SXダブルナンバーシリーズ」
の中核機でした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
意ください。
      
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system