スピーカーのコーナー
PART8
  国産スピーカーは個性がないとよく言われますが,
どうしてなかなか個性的な音を聴かせてくれたり,
個性的なスタイルをしていたり,思いっきり贅沢に
作られていたり,先端技術を取り入れていたり・・と,
かつての名機・銘機たちはとても印象的でした。
機種が多くなったので,ついに8ページ目に入りま
す。




Victor S-777

1976年に,ビクターが発売したスピーカーシステム。当時ビクターが
熱心に取り組んでいたコアキシャル(同軸)ユニットを搭載した個性派
のシステムで,当時様々な形のスピーカーシステムに挑戦していた同
社の意気込みが表れた意欲作でした。


YAMAHA NS-670

1973年に,ヤマハが発売したスピーカーシステム。NS-690の弟機と
して発売されたスピーカーシステムで,外観はそっくりで全体に小型化
されたされたともいえるスピーカーですが,より軽やかな音は別の魅力
を持っていました。


TRIO LS-707

1977年に,トリオが発売したスピーカーシステム。「LSシリーズ」で唯一と
もいえるフロア型のスピーカーシステムで,「リニアレスポンス」を標榜して
正攻法で物量や技術を投入した力作でした。


SANSUI SP-511

1979年に,サンスイが発売したスピーカーシステム。オールコーン型の3
ウェイという非常にオーソドックスともいえるユニット構成が特徴で,新素材
競争へと向かう1980年直前のこの当時,逆に個性的でもありました。


SONY APM-55W

1983年に,ソニーが発売したスピーカーシステム。ソニーブランドでの
APM方式のスピーカーシステムとしては3機種目にあたり,APM-77
に次ぐモデルでした。


Victor S-755

1976年に,ビクターが発売したスピーカーシステム。同軸ユニットと
スーパーウーファーを組み合わせたフロア型システムで,スケール
感のある再生が魅力の同社の中級機でした。


Aurex SS-510

1973年に,オーレックス(東芝)が発売したスピーカーシステム。東芝が
オーレックスブランドを立ち上げた頃のスピーカーの主力モデルの1つで
した。


YAMAHA NS-451

1975年に,ヤマハが発売したスピーカーシステム。比較的手頃な価格帯の
2ウェイ機でしたが,新開発のホワイトコーンを使用したウーファーを搭載する
など,意欲作でした。


SONY APM-33W

1982年に,ソニーが発売したスピーカーシステム。APMユニットを搭載
したスピーカーシステムとしては,当時最も小型のモデルとして発売され
ましたが,APM方式ならではの音をしっかりもっていました。


LUXMAN MS-10

1979年にラックスが発売したスピーカーシステム。スピーカーでは後発
組で,マイナーなブランドであったラックスが,新素材のユニットを積極的
に搭載して発売したスピーカーシステムでした。


SONY SS-RX7

1982年に,ソニーが発売したスピーカーシステム。APMユニットを
展開していた同社が,オーソドックスなコーン型ユニットをベースにし
たシステムとして発売したもので,カーボコン以来の新素材投入の
コーン型ユニットを搭載していました。


SANSUI SP-301

1979年に,サンスイが発売したスピーカーシステム。SP-511の弟機
としてオールコーン2ウェイシステムの形でまとめられた1台で,オーソドッ
クスなユニット構成と,シンプルな2ウェイならではの良さがありました。


Technics SB-6

1980年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したスピーカーシステム。この頃
テクニクスは平面振動板のスピーカーシステムに力を入れ,高度な技術を投入し
た平面振動板搭載スピーカー群の中でも,非常にコストパフォーマンスにすぐれた
モデルがSB-6でした。


Victor SX-9000

1999年に,ビクターが発売したスピーカーシステム。ビクターの歴代の中でも
最高級ともいえるスピーカーで,その前代未聞のエンクロージャーの豪華さは,
ビクターのすぐれた木工技術ならではのものでした。


Technics SB-MX100D

1993年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したスピーカーシステム。この頃
テクニクスとパナソニックのブランドに分かれたテクニクスブランドの製品群は「G
シリーズ」と名付けられ,高品質と高性能をめざしていました。その「Gシリーズ」の
スピーカーとして,SB-MX200Dに次ぐ弟機として発売されたのがSB-MX100D
でした。


SONY ULM-6(SS-7600)

1971年に,ソニーが発売したスピーカーシステム。ソニーはオーディオブランド
として,テープデッキ,アンプ,チューナー等で高い評価を得ていましたが,スピー
カーの分野では定評を得られていませんでした。そんなソニーが,スピーカーの
分野で個性や特徴を大きく打ち出してきたのが,ULMスピーカーのシリーズでし
た。


TRIO LS-606

1979年に,トリオ(現JVCケンウッド)が発売したスピーカーシステム。LS
シリーズのブックシェルフ型としては当時の最上級モデルとして登場したス
ピーカーで,大型のユニットを生かした音は可能性を感じさせるものでした。


PIONEER S-99TWIN

1988年に,パイオニアが発売したスピーカーシステム。S-55TWIN
に始まった「バーチカル・ツイン方式」の スピーカーシステムでした。
S-33TWIN,S-55TWIN,S-77TWINといった「バーチカル・ツイン
方式」の「S-2桁TWIN」の型番のシリーズの最上級機でした。


ONKYO SCEPTER200

1982年に,オンキョーが発売したスピーカーシステム。前年に発売され
た国内では珍しい音場型スピーカーシステム・セプター300の弟機として
発売されたのがセプター200でした。


ONKYO MX7

1978年に,オンキョーが発売したスピーカーシステム。オーソドック
スな3ウェイスピーカーとして正攻法で設計されたスピーカーでしたが
同社の人気モデル・M-6シリーズの陰に隠れた形でどちらかというと
地味なスピーカーシステムとなっていた1台でした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
意ください。
      
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system