スピーカーのコーナー
PART9
  国産スピーカーは個性がないとよく言われますが,
どうしてなかなか個性的な音を聴かせてくれたり,
個性的なスタイルをしていたり,思いっきり贅沢に
作られていたり,先端技術を取り入れていたり・・と,
かつての名機・銘機たちはとても印象的でした。
機種が多くなったので,ついに9ページ目に入りま
す。







National Technics1

1965年に,ナショナル・松下電器(現パナソニック)が発売したスピーカーシ
ステム。松下電器が,小さな組織で高級・高性能なスピーカーシステムをつく
ろうという発想を実現させて1965年にスタートしたテクニクスブランドの名を
冠した最初の製品がテクニクス1でした。


PIONEER HPM-100

1976年に,パイオニアが発売したスピーカーシステム。元JBLの技術担当
副社長・バート・ローカンシー氏を技術顧問に迎え,海外でも評価されるスピー
カーを開発しようとするプロジェクトの中,開発・発売されたスピーカーシステ
ムでした。


Victor S-3000

1977年に,ビクターが発売したモニタースピーカーシステム。ビクターは,
前年の1976年に,S-777S-755というコアキシャルユニット搭載の
スピーカーシステムを発売していました。特にS-777は,2ウェイのコア
キシャルユニットのみというシステム構成で,同軸方式の良さや可能性を
示していました。このS-777とほぼ共通ともいえるコアキシャルユニットを
使用したモニタースピーカーシステムがS-3000でした。


YAMAHA NS-100M

1979年に,ヤマハが発売したスピーカーシステム。1974年にNS-1000/
NS-1000M
を発売し,スピーカー分野で高い評価を得るようになったヤマハ
は,1977年には,シートコーンとソフトドームユニットによる2ウェイシステム
NS-10Mを発売し人気を得ました。そして,このNS-10Mの上級機として発
売された3ウェイスピーカーシステムがNS-100Mでした。


EXCLUSIVE 2251

1993年に,パイオニアがエクスクルーシブブランドで発売したスピーカーシステム。
プロ用として開発されたTADのユニットを搭載したスタジオモニタースピーカーで,上
級の24012402が大口径ウーファーを搭載した大型モニタースピーカーであった
のに対し,より小型のモニタースピーカーとして開発されたものでした。


SONY SS-R10

1996年に,ソニーが発売したスピーカーシステム。ソニーとしてはSS-GR1
以来の高級スピーカーシステムで,ソニーのような大手メーカーとしてはきわ
めて珍しい(というより前例のない)エレクトロスタティック・スピーカーシステム
でした。


YAMAHA GF-1

1991年に,ヤマハが発売したスピーカーシステム。4ウェイ・アンプ内蔵のフロア
型という大型のシステムで,各ユニット,内蔵アンプ,YST方式のサブウーファー
など,各部にヤマハのこれまでの技術が投入された,ヤマハの歴史上,最大で最
高級機といえるスピーカーシステムでした。


TRIO LS-500

1983年に,トリオ(現JVCケンウッド)が発売したスピーカーシステム。トリオは,
1981年に,それまでの同社のスピーカーシステムのイメージを大きく変え,曖昧
さを徹底して排した高剛性の固まりともいえる実験的高級機LS-1000を発売し,
スピーカーにおいて異彩を放つ存在となっていきました。このシリーズは当時の
同社の主力のシリーズとして展開され,コストパフォーマンスにすぐれた中級機と
して発売されたのがLS-500でした。


PIONEER S-LH5

1996年に,パイオニアが発売したスピーカーシステム。パイオニアは,もともとス
ピーカーからスタートしたブランドで,歴史的にも多くの名機を生み出し,様々なタ
イプのスピーカーシステムを製品化してきました。そうした技術やノウハウを生かし,
高感度なデジタル再生をテーマとして,比較的手頃なサイズ,価格で登場させたモ
デルがS-LH5でした。


PIONEER CS-10

1967年に,パイオニアが発売したスピーカーシステム。当初オーディオ用スピー
カーシステムは,大型のフロアタイプが主流でした。そして,1950年代後半に,
ブックシェルフスピーカーが登場し,2台セットでスピーカーを用いるステレオ時代
に入り,スペースファクターのよいブックシェルフ型が次第に人気を得ていきました。
そうした中,パイオニアのブックシェルフ型スピーカーの主力機として登場したのが
CS-10でした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
意ください。
      
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system