SONY ST-JX8
FM STEREO FM-AM TUNER ¥70,000
1981年に,ソニーが発売した FM/AMチューナー。1978年に高級チューナーST-J88,さらに,同年に中級機の
ST-J60(¥54,800),1979年にST-J55(¥49,000)と,クォーツロック・シンセサイザーチューナーの名称で
シンセサイザーチューナーを発売し,高い技術を示していました。そして,技術的により高められ,受信性能と音質の
より高度なバランスを実現したST-J75(¥67,000)を1980年に発売し,高い評価を受けました。その後継機とし
て発売されたのがST-JX8でした。
ST-JX8には,ST-J88以来の「クリスタルロック・シンセサイザー方式」が採用され,安定した受信が可能となってい
ました。シンセサイザーチューナーとしてVOC(電圧制御発振器)を使用した局部発振回路を採用し,加える電圧の
大小によってFMは100kHz(0.1MHz),AMは9kHzステップで発振周波数が変化するようになっており,この発振
周波数を基準信号と位相比較して制御するPLL方式を採用したPLLシンセサイザー方式となっていました。基準信号
に高い安定度を持つ水晶発振子を用いているため,「クリスタルロック・シンセサイザー方式」と称していました。この
方式により,水晶精度で非常に安定した同調が可能になっていました。

さらに,ST-J75で開発された「ダイレクトコンパレーター」の技術を搭載していました。これは,シンセサイザーチュー
ナーの弱点を解消する技術のひとつでした。シンセサイザーチューナーでは,フロントエンドの局部発振周波数を分周
した比較周波数と,水晶発振子で発振させた基準周波数を比較し,そのズレを検出して送り出す一種のサーボ機能が
あり,安定した受信を実現していますが,通常,この周波数を比較するためのPLL ICの処理限界から,25kHzなど
低い周波数が比較周波数として使われてきました。このため,19kHzのパイロット信号と干渉を起こし,ノイズやビート
の原因となるおそれがありました。そこで,「ダイレクトコンパレーター」では,220MHzという高い周波数まで扱えるSi
ゲートNチャンネルのMOS構造のPLL IC(CX-778)を開発し,これにより,比較周波数を日本のFM局の置局間隔と
同じ100kHzまで上げていました。この結果,19kHzのパイロット信号だけでなく,38kHzのサブキャリアとも十分に
離すことができ,ビートやノイズを大幅に低減することができていました。また,世界初のワンチップマイコンを搭載した
チューナー・ST-J75を継承し,マイクロプロセッサーにより,同調のコントロールが行われ,オールフェザータッチによ
る軽快な選局操作が実現されていました。

ST-J75のワンチップマイコン

フロントエンドには,5段バリキャップが搭載され,デュアルゲートMOS FETによるRFアンプとデュアルFET採用の
バランスドミキサーというオールFET構成となっており,高感度とともにすぐれたRF相互変調妨害特性を確保し,安
定した受信性能が実現されていました。

IF段は,初段にFETバッファーアンプが搭載されてフロントエンドとのインピーダンスマッチングが図られ,2素子1パッ
ケージの4個のユニフェイズフィルターと10段の差動リミッタアンプで,帯域内のすぐれた位相特性と帯域外のシャー
プな減衰特性が確保され,60dB(300kHz)の高選択度で0.06%(ステレオ時)の低歪率と86dB(ステレオ時)とい
う高S/N比を実現し,IF帯域切換や感度切換をいっさい搭載せず,安定で高音質な受信性能を保証し,高選択度とす
ぐれた特性を両立させていました。

検波段は,シンセサイザー方式のチューナーながら,レシオ検波(コイルとコンデンサとを結合することによって位相差
を設け,ベクトル的な復調を行う回路方式)が搭載されていました。レシオ検波は,きちんと調整されたものは性能が高
く,ズレに対してもアナログ的な特性を持っており,急激な歪みの増加等も少ないといわれています。そしてレシオ検波
をより高音質化するために専用の検波ドライバーICを採用し,この出力をDCコンポジットアンプに直結することで,検
波トランスの前後をしっかり抑え,S/N比の向上が図られていました。
MPX部には,不要なパイロット信号を大幅に除去するパイロットキャンセル回路内蔵のPLL MPX・ICが採用されてい
ました。さらに,15kHz以上の不要信号を除去するために,3ポール・リニアフェイズフィルターを採用して,低歪率,高
セパレーションを実現していました。



FM部には,HIGH/LOW/OFFのミューティングレベル切り替えスイッチが装備されており,ステレオ放送がほぼ実用
になるHIGHとモノラルにすればほぼ実用になるLOWが選べるようになっていました。また,OFFにすると自動的に
FMブレンド回路が働き,聴感上の感度を上げるSENS機構も搭載されていました。

AM部は,フロントエンドが2連バリコン相当で,IF部には,450kHz セラミックフィルターが搭載されていました。さら
に,ビート雑音を大幅にカットするノッチフィルターが搭載されていました。また,AM IFおよびAM帯域は,Distant/
Normal/Localの3段階に切り替えが可能で,Distant時には,ミューティングをOFFにすると,SENS機構が働き
高域ばかりでなく低域もカットして実用感度を上げるようになっていました。アンテナもよくあるループアンテナではなく
より感度のよいバーアンテナが装備されており,AM部も良好な受信性能をもっていました。



選局機構として,FM,AMの区別なく,どの位置にでも8局までプリセットできるFM/AMダイレクト・ランダム8局プリ
セットが搭載されていました。このプリセットは,周波数だけでなく,各局ごとにFM/AMのバンド,ミューティング,FM
モード,SENSなどのセッティング状態まで記憶するマルチプロセスメモリーが採用され,ワンタッチで希望局を最適
な受信状態でダイレクトに呼び出せるようになっていました。さらに,電源スイッチのON/OFFに連動して,最大8局
まで,指定したプリセット局を順番通りに次々と呼び出せるタイマー対応8局プログラムメモリー機能も搭載され,2つ
以上の局にまたがる留守録音も行えるようになっていました。そして,プログラムした局、順番を簡単に確認できるプ
リセットメモリースキャン機能、次にスイッチONにしたときに呼び出す局を確認できるNEXT CALLも搭載されていまし
た。

また,メモリーICには,バックアップ電源をいっさい必要としないソニー独自の不揮発性メモリーICが搭載され,長期
間にわたる留守録音や停電時にもメモリーが解除されるトラブルが起きないようになっていました。
ダイレクト・ランダムプリセット選局に加えて、隣接局を自動選局するクイック・サーチ(オート),ゆっくりと周波数が変
わるスイープチューン(マニュアル),ワンタッチごとにFM100kHz、AM9kHzステップで変化するステップチューン
(マニュアル)のチューニング・システムが搭載されていました。
その他,機能としてエアチェック(死語?)の録音レベル調整に便利なCAL-TONEも搭載されていました。

以上のように,ST-JX8は,当時のソニーのチューナーとしては最高級機にあたり,価格的には中級クラスでしたが,
ST-J75を技術的に継承した力の入った設計で,受信性能と音質が高いレベルでバランスした使いやすいチュー
ナーでした。パネルデザインもシーリングパネルを設け,パネル面がフラットですっきりしたデザインを実現していま
した。1982年の通産省グッドデザイン商品にも選ばれました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



音の透明度と受信性能をさらに高め,
シンセサイザーチューナーの
新たな到達点を示します。
クォーツロック・シンセサイザーチューナーの
高級機。

◎高SN比92dBをマークする鮮度の高い音質を
 実現したダイレクトコンパレータ
◎NARROWの選択度で高水準の特性を保証し,
 帯域幅切替えを不要とした新IF段
◎不揮発性マルチプロセスメモリー採用の
 FM/AMダイレクト・ランダム8局プリセット
◎タイマー対応8局プログラムメモリー機能

●クォーツロック・デジタルシンセサイザー方式
●ダイレクトコンパレータ
●フロントエンドに5段バリキャップ,デュアルゲートMOS-FET
 RFアンプとデュアルFET採用のバランスドミキサー
●AMの実質感度をアップするSENSスイッチ
●プリセットメモリースキャン
●CAL TONE
●ノッチフィルター
●AMノイズフィルター
●銅メッキ処理ケース
●極性表示つき無酸素銅電源コード


●主な仕様●




■FMチューナー部■


受信周波数
76MHz~90MHz
アンテナ端子
75ΩF型接栓
中間周波数
10.7MHz
SN比50dB感度
モノ   :3.8μV(IHF),16.8dBf(新IHF)
ステレオ:40μV(IHF),37.3dBf(新IHF)
実用感度
1.8μV(IHF),10.3dBf(新IHF)
SN比
92dB(モノ),86dB(ステレオ)
高調波ひずみ率
       モノ    ステレオ
100Hz:0.05%  0.07%
 1kHz:0.05%  0.06%
10kHz:0.05%  0.15%
混変調ひずみ率
0.05%(モノ),0.06%(ステレオ)
ステレオセパレーション
50dB(100Hz),60dB(1kHz),45dB (10kHz)
周波数特性
30Hz~15kHz±0.2dB
実効選択度
60dB(300kHz),90dB(400kHz)
キャプチュアレシオ
1.0dB
AM抑圧比
65dB
イメージ妨害比
120dB
IF妨害比
120dB
スプリアス妨害比
120dB
RF相互変調妨害比
88dB(IHF),105dB(2.4MHz)
キャリアリーク抑圧比
78dB
ミューティング
25dBf,10μV
オートチューニングレベル 25dBf 
出力
750mV,600Ω




■AMチューナー部■


受信周波数
522kHz~1602kHz
アンテナ
フェライトバーアンテナ
EXT端子付き
中間周波数
450kHz
感度
200μV/m(バーアンテナ使用時)
SN比
55dB(50mV/m)
高調波歪率
0.3%
周波数特性
30Hz~6kHz(-3dB)
選択度
45dB(9kHz)
イメージ妨害比
45dB
オートチューニングレベルレベル
500μV/m




■総合■


電源
AC100V,50/60Hz
消費電力
18W
大きさ
430W×80H×330Dmm
重さ
4.6kg
※本ページに掲載したST-JX8の写真,仕様表等は1982年3月の
 SONYのカタログより抜粋したもので,ソニー株式会社に著作権が
 あります。したがって,これらの写真等を無断で転載・引用等する
 ことは法律で禁じられていますのでご注意ください。

 

★メニューにもどる        
 
 
★チューナーのページPART5にもどる

 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp

inserted by FC2 system