Technics SU-9600
STEREO CONTROL AMPLIFIER 175,000
1974年に,テクニクス(現パナソニック)が発売したコントロールアンプ。テクニクスは,1972年に超弩級のコ
ントロールアンプSU-10000を発売し,当時世界最高水準のすぐれた特性を実現していました。そこでの技術
を継承し,より一般的な価格帯(といっても高価ですが・・・)に「9000番シリーズ」を発売しました。このシリーズ
は,セパレートアンプだけでなく,チューナー,プリメインアンプなども展開され,その中のコントロールアンプの
最上級モデルがSU-9600でした。
イコライザ回路は,3段直結差動増幅器にエミッタフォロワを加えた4段直結の構成で,基本的にSU-10000と
同じ回路構成になっていました。ゲインは各段に理想的な配分が行われ,初段には,低雑音PNPトランジスタを
用い,PHONO1で73dB,PHONO2で69dB(1mV感度)〜76dB(3mV感度)というSN比が確保されていまし
た。終段部の電源電圧は,160Vと高く設定され,許容入力も大きくなっており,PHONO1で900mVrms(1kHz)
PHONO2では450mV〜1,350mVが確保され,安定度の高い回路とともに,低歪み,大入力時の動特性の改
善が実現されていました。
PHONO1,PHONO2とも,入力インピーダンスは25,50,100kΩの3段切換えが独立してそれぞれに装備さ
れていました。また,PHONO2の入力感度は,gainコントロールで1mVから3mVまで連続可変できるようになっ
ていました。
トーンコントロール回路は,差動増幅2段にエミッタフォロワを加えた3段直結方式のNF型で,ひずみを大幅に低
減したもので,これもSU-10000と同じ回路構成になっていました。初段に低雑音PNPトランジスタを用いて,
高SN比を実現していました。BASS,TREBLEとも2.5dBステップで,L・R独立で最大±12.5dB可変となって
おり,ターンオーバーは,BASSは,125Hz,500Hzの2段式,TREBLEは2kHz,8kHzの2段式となっていま
した。また,フラットな特性にすぐにできるトーンディフィートスイッチも装備されていました。また,音量調節用のボ
リュームは,高性能なアッテネーター式ボリュームが搭載されていました。
さらに,−20dBのミューティングスイッチ
も装備されていました。
フィルターは,ローは15Hz・30Hz,ハイは10kHz・15kHzのカットオフ周波数で,−18dB/octというシャープな
特性のアクティブフィルターが搭載されていました。また,OFFの位置では,フィルター回路が信号系から完全に
分離されるようになっていました。
入力は,PHONO2系統,TUNER,AUX2系統の計5系統が装備され,プッシュ式のスイッチで切換えられるよ
うになっていました。また,TAPE端子は2系統装備されていました。
そして,SU-9600では,小信号を扱うコントロールアンプながら,電源の重要性も考慮され,全回路に本格的な
定電圧電源が供給され,L・Rチャンネル間相互の影響や,電源電圧の変動による悪影響も抑え,安定した動作
が確保されていました。
以上のように,SU-9600は,最上級機SU-10000の技術を継承した,テクニクスらしい,性能をストレートに追求
したコントロールアンプでした。ラックマウントもでき,キャリングハンドルも付いた,業務機をも思わせる分厚いブラッ
クのフロントパネルは,精悍なイメージを漂わせ,音の方は癖の少ない,力のあるクリアな音をもっていました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



全電源を定電圧化・・・低雑音・大許容入力・
高安定度のコントロールアンプ

◎1350mV(Phono2・3mV感度)の大許容入力
 低歪率・高安定度のイコライザ回路

■SN比73dB(Phono1)
■終段部は160Vの高電圧
■入力インピーダンス3段切換え
 (Phono1,2とも)
■Phono2は入力感度も連続可変
■カートリッジの持味をそのまま引き出せます

◎全電源を低電圧化
 安定度をさらに高めています
◎低歪率・差動増幅器構成の
 NF型トーンコントロール
◎−18dB/octのアクティブ,ロー・ハイフィルタ

●高性能,アッテネータ式ボリウム
●プッシュ方式インプットセレクタ
●−20dBのミューティングスイッチ
●2台のテープデッキが接続可能




●SU-9600定格●

入力感度/インピーダンス PHONO 1:2mV/25,50,100kΩ
PHONO 2:1〜3mV(連続可変)/25,50,100kΩ
TUNER:100mV/50kΩ
AUX1,2:100mV/50kΩ
出力電圧/インピーダンス 定格出力 1V/600Ω
最大出力 12V/600Ω
許容入力(RMS 1kHz) PHONO 1:900mV
PHONO 2:450〜1,350mV
歪率 0.02%
SN比(IHF) PHONO 1:73dB
PHONO 2:69dB(感度1mV)〜76dB(感度3mV)
TUNER:95dB
AUX 1,2:95dB
周波数特性 PHONO:RIAA標準カーブ±0.3dB
TUNER,AUX:2Hz〜100kHz+0,3dB
MIC  :10Hz〜20kHz±3dB
トーンコントロール バス  :2.5dB,11ステップ
      最大 ±12.5dB
トレブル:2.5dB,11ステップ
      最大 ±12.5dB
ターンオーバ:バス:125,500Hz
         トレブル:2,8kHz
テープモニター
(TAPE1,2)
PLAY BACK:100mV/50kΩ
REC OUT   :100mV/60kΩ
フィルタ LOW 15Hz,30Hz(18dB/oct)
HIGH 10kHz,15kHz(18dB/oct)
ミューティング −20dB
使用半導体 53トランジスタ,8ダイオード
電源 AC100V・50/60Hz
外形寸法 450W×173H×375Dmm
重量 10.5kg
※本ページに掲載したSU-9600の写真,仕様表等は1974年6月
 のTechnicsのカタログより抜粋したもので,パナソニック株式会社に
 著作権があります。したがってこれらの写真等を無断で転載,引用
 等をすることは法律で禁じられていますのでご注意ください。

 
★メニューにもどる            
 
 

★セパレートアンプPART8にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
inserted by FC2 system