TA-5650の写真
SONY TA-5650
INTEGRATED STEREO AMPLIFIER ¥99,800

1975年に,ソニーが発売したプリメインアンプ。ソニーは1974年に,国産初(世界初?)のV-FETを出力段に
使用したFETプリメインアンプTA-8650を発売し,「ES-Uシリーズ」を展開していきました。同年には第2弾の
TA-4650(¥84,800)を発売し,翌年に発売された第3弾がTA-5650でした。

出力段には,Nチャンネル,PチャンネルV-FETを使用したパラレルプッシュプル・ピュアコンプリメンタリー回路
が採用され,50W+50W(20Hz〜20kHz)の出力が確保されていました。
V-FETは,縦型構造のFETのことで,従来のFETが横型構造であったことと比較してその名が付けられていまし
た。それまでも,FET(電界効果形トランジスタ)は,小電力時や高周波に対して優れた特性を持っているため,
アンプやチューナーなどの初段の小電力部分には使われていました。しかし,高耐圧,高電流の電力用の素子
は存在していませんでした。V-FETは,内部構造や半導体の不純物濃度などを見直して日本で開発された素子
で,1971年に初めて試作に成功したものでした。V-FETは三極真空管に似た特性を持った電圧制御素子で,
当時,オーディオ用として画期的な素子として注目され,特にヤマハとソニーがいち早く搭載アンプの開発に成功
していました。

V-FET

このV-FETは,オーディオ用として専用に開発され,(1)パルス応答特性が優れているため,高域特性が優れて
いる。(2)ピンチオフ特性が滑らかなため,B級動作時でも高次高調波歪みが少ない。(3)オーディオアンプとし
て最適な高入力インピーダンス,低出力インピーダンス特性を示す。(4)Nチャンネル,Pチャンネルのコンプリメ
ンタリー素子が得られる。(5)電圧応答素子であり,安全動作領域が広く,自己制御型ディバイスで,熱暴走の心
配がなく,構造上局部的電流集中がなく,熱的破壊に強い。などのすぐれた特徴を持っていました。
TA-8650は,理想的なインピーダンス特性のFETにより,前段のAクラス段の優れた特性をそのまま受け入れ,
スピーカーに伝送することができるようになっていました。

LECトランジスター

イコライザーアンプは,初段に超ローノイズLECトランジスター,2段目に小信号V-FETを使用した直結回路が搭
載されていました。LEC(Low Emitter Concentration=エミッタ濃度が低い)トランジスターは,当時ソニーの
技術陣によって開発された素子で,電流増幅率をアップしても,特性制御の不安定,雑音の増加がないという優れ
た特性を持つ素子でした。こうしたLECトランジスターの低雑音特性とV-FETの高リニアリティ特性,高入力インピ
ーダンス特性があいまって,広いダイナミックレンジが確保され,SN比70dB,最大許容入力300mVという特性が
実現されていました。

専用木製キャビネット

TA-5650は,プリメインアンプとして,比較的多機能でしたが,TA-8650から始まった「ES-Uシリーズ」に共通し
た,ボリューム等の主要操作部分は上部に,それ以外の操作ボタン等は下部の囲みの中にまとめるという,特徴
的なデザインにまとめられ,機能的にも分かりやすくなっていました。このデザインイメージは,ペアを想定された
チューナーST-5950とも揃えられ,専用の木製キャビネットTAC-15(¥2,800)も 別売で用意されていました。
ボリュームは,プリセットつきで,さらに−20dBのミューティングスイッチもすぐ横に組み込まれていました。トーン
コントロールは,2dB単位のクリック付きで,BASS,TREBLEそれぞれ−10dB〜+10dBまで11段階の切替が
できるアッテネータータイプで,BASSでは250Hz/500Hz,TREBLEでは2.5kHz/5kHzのターンオーバー切
替やトーンキャンセル・スイッチも装備されていました。その他,カットオフ周波数がLOW 30Hz,HIGH 9kHzの
FETを使用したアクティブ・フィルター,相互ダビングが可能な2系統のテープ端子が装備されていました。変わっ
たところでは,4chアダプターやイコライザー,3台目のテープデッキなどの接続が可能な外部アダプター端子が
切替可能なADPT-1(フロントパネル),ADPT-2(リアパネル)の2系統,さらにフロントパネルに3系統目の外部
入力端子・AUX-3が装備されていました。

以上のように,TA-5650は,「ES-Uシリーズ」のプリメインアンプの中級機として,ソニーらしい機能的なデザイ
ンに,持ち前の優れた半導体技術を投入して作り上げた意欲作でした。通常のバイポーラトランジスターとは異な
るクリアな音は,V-FETならではのもので,FETアンプの魅力を示したものでした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



画期的ディバイスと技術が
新しい音を生み出します。

V-FETの素性の良さが
音にハッキリ表れます。
透明感,奥ゆき感,臨場感・・・・・・
50W+50W(20Hz〜20kHz,8Ω,両ch動作)
のステレオ・プリメインアンプ


◎第三の素子V-FETによる大出力50W+50Wの
 透明感ある音。
◎新開発素子とディバイスを駆使したプリアンプ部。
 イコライザーアンプは小信号V-FETと低雑音
 LECトランジスタの直結回路。広いダイナミック
 レンジを得ています。
◎低歪率アクティブ・フィルター
◎トーンコントロールに2dB単位のアッテネータータイ
 プ・ボリューム使用。
◎外部アダプター端子を装備。
◎アクシデントにも万全なフル・プロテクション
 サーキットを採用。
●レコード再生中,TAPE1−2間のダビング可能。
●プリセットつきボリュームコントロール。
●ワンタッチで20dB絞り込めるミューティングスイッチ。
●FET採用のミューティング回路。プリアンプの出力を
 とり出して使用するにも万全です。



●主な規格●

形式 ステレオプリメインアンプ
回路方式 パワーアンプ
 全段直結パラレルプッシュプル・ピュアコンプリメンタリー回路
プリアンプ
 V-FET採用2段直結イコライザー回路
 2アンプ・ユニット・フラットアンプ
 NF型トーンコントロール回路
使用半導体
V-FET10個,FET8個,トランジスタ42石,ダイオード31個




<パワーアンプ部>

出力 20Hz〜20kHz 両ch動作:50W+50W(8Ω) 
      1kHz 両ch動作:60W+60W(8Ω)
 
出力帯域特性 5Hz〜40kHz(IHF)
高調波歪 0.1%(定格出力時)
混変調歪
(60Hz:7kHz=4:1)
0.1%(定格出力時)
周波数特性 2Hz〜100kHz+0,−2dB
ダンピングファクター 50以上(1kHz,8Ω)
S/N 110dB以上(クローズドサーキット)
残留雑音 0.02μW(8Ω)




<プリアンプ部>

入力端子
感度
入力インピーダンス
最大許容入力
SN比
PHONO 1
PHONO 2
2.5mV
50kΩ
300mV
70dB以上
(入力2.5mV  Bネットワーク)
TUNER
AUX 1,2
TAPE 1,2
REC/PB
EXT.ADPT
150mV
250kΩ

90dB以上
(入力150mV Aネットワーク)

出力端子
出力レベル
出力インピーダンス
REC OUT
150mV
4.7kΩ
PRE AMP OUTPUT
1V
1kΩ
HEADPHONE OUT
0.3V
470Ω
REC/PB(output)
17mV
82kΩ

高調波歪 0.05%以下(PRE OUT,1V出力時)
混変調歪
(60Hz:7kHz=4:1)
0.05%以下(PRE OUT,1V出力時)
周波数特性 PHONO1,PHONO2
 RIAAカーブ±0.5dB(トーンキャンセル時)
TUNER,AUX1,2,TAPE,REC/PB(input),EXT ADPT
 10Hz〜100kHz+0,−2dB
ラウドネスコントロール
50Hz+10dB,10kH+3dB
トーンコントロール BASS
 ターンオーバー周波数250Hz: 50Hz±10dB
 ターンオーバー周波数500Hz:100Hz±10dB
TREBLE
 ターンオーバー周波数  5kHz:20kHz±10dB
 ターンオーバー周波数2.5kHz:10kHz±10dB
フィルター LOW 30Hz以下12dB/oct
HIGH 9kHz以上12dB/oct




<電源部・その他>

電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 140W
電源コンセント 合計400W(電源スイッチ連動2,非連動1)
大きさ 430W×168H×323Dmm
重さ 12.5kg


※本ページに掲載したTA-5650の写真,仕様表等は, 1975年4月
 のSONYのカタログより抜粋したもので,ソニー株式会社に著作権
 があります。したがってこれらの写真等を無断で転載・引用等するこ
 とは法律で禁じられていますのでご注意ください。

 

★メニューにもどる
  
 
★プリメインアンプPART6のページにもどる

 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象の
ある方そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
inserted by FC2 system