TA-680の写真
ONKYO TA-680
STEREO CASSETTE DECK ¥148,000

1978年にオンキョーが発売した3ヘッドデッキ。当時のオンキョーのカセットデッキの最上
級機でした。オンキョーは,それまで,テープデッキの分野ではあまりメジャーではありませ
んでしたが,この頃,テープデッキの分野の基礎研究をしっかり重ねていた成果が表れた
のがこのTA-680で,走行系をはじめ,各部にしっかりとした作りがなされた力作でした。

走行系は,デュアルキャプスタン方式を採用し,安定走行とヘッドタッチの良さを実現して
いました。駆動は2モーター方式で,キャプスタン駆動用には高精度のPLLサーボモーター
が搭載され,リール駆動用としてDCモーターが搭載されていました。これらの結果,ワウ・
フラッター0.035%の高精度な走行性を実現していました。
また,走行系の操作は,フェザータッチ電磁操作方式のロジックコントロール回路が採用
され,軽いクリック感を持つ軽快なフィーリングの操作が実現されていました。

TA-680の走行系

ヘッドは3ヘッド構成で,録音・再生ヘッドはコンビネーションタイプを搭載していました。録音
ヘッド,再生ヘッドともセンダスト合金ギャップ部及びコアー部に使用したS&Sヘッドを搭載
していました。
デュアルキャプスタン方式と3ヘッドを両立するためには,消去ヘッドを小窓から挿入する必
要が出てくるため,小型化が求められます。メタル対応とするためには,強力な消去能力が
必要なるため,小型化と高い消去能力を両立した,FX/フェライト・セミダブルギャップ消去ヘ
ッドを搭載していました。このヘッドは,センダストコアーを持ち,ダイナロイとフェライトの接合
型という新開発のヘッドでした。

録再ヘッド
消去ヘッド

テープポジションは,バイアス,イコライザー独立で,NORMAL,HIGH,METALの3ポジショ
ンで,さらに,テープの個々の特性差に対応するために,「オート・アキュ・バイアス回路」が搭
載されていました。これは,低域(400Hz)と高域(10kHz)の二つの発振器の出力を混合し
たものを,バイアス電流を変えながら録音し,3ヘッドのメリットを生かして同時に再生,再生信
号の低域と高域のレベルを比較し,それが等しくなった点でバイアス電流を固定するというもの
で,短時間でバイアスチューニングが完了し,フラットな特性が得られるようになっていました。

ノイズリダクションとしてドルビーNR(Bタイプ)が搭載され,ドルビーの正確な動作のためにREC
レベルキャリブレーションが付いていました。レベルメーターは,アナログ式のVUメーターと10セ
グメントのLEDによるピークインジケーターが搭載されていました。モード(MONO/STEREO)自
動切換マイク入力端子も装備され,LINE入力とは別に録音レベルコントロールが付いていました。
さらに,変わった機能として,フェードアウト回路が装備されていました。これは,既に録音されてい
るテープを聴きながら,不要な部分のみフェードアウト(約3秒)できるという便利な機能でした。

以上のように,TA-680は,カセットデッキの分野に本格的に取り組んでいこうとしていたオンキョー
の熱意がこめられた高級機で,手堅く基本性能を高めた力作でした。ある意味知られざる高性能
デッキともいえました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



数々の新技術が
新しいデッキ時代の幕開けを告げる
・・・メタル対応マニアユースデッキ。


◎デュアルキャプスタンで3ヘッド構成,
 しかもメタル対応方式です。
◎テープの特性をフルに発揮させる
 オート・アキュ・バイアスの採用
◎尻切れテープの不快さを解消,
 新開発フェード・アウト回路装備
◎全ファンクションフェイル・セーフ構造,
 フルオートストップ方式
◎フェザータッチ方式ロジックコントロール回路と
 2モーター駆動方式




●主な定格●

形式
ステレオカセットデッキ,ドルビーシステム内蔵
トラック形式
4トラック2チャンネルステレオ
録音方式
ACバイアス
消去方式
AC消去
テープ速度
4.8cm/sec
ワウフラッタ
0.035%(W.R.M.S.)
周波数特性
20〜20,000Hz(メタルポジションテープ)
20〜18,000Hz(ハイポジションテープ)
20〜16,000Hz(ノーマルポジションテープ)
S/N比
62dB(メタルポジションテープ)
入力ジャック
マイク:2,ライン:2
最小入力レベル
マイク:0.3mV/600Ω,ライン:50mV
入力インピーダンス
マイク:5kΩ(適合インピーダンス200〜50kΩ)
ライン:100kΩ
出力ジャック
ライン:2,ステレオヘッドホン:1
基準出力
ライン:0.775V(0VU)
負荷インピーダンス
ライン:50kΩ以上
ステレオヘッドホン:8〜200Ω
モータ
PLLサーボDCモータ(キャプスタン用)
DCモータ(リール駆動用)
ヘッド
録・再:センダストコンビヘッド
消去:FXフェライト接合型小窓用メタル対応ヘッド
電源
AC100V,50/60Hz
消費電力
45W
寸法/重量
438W×160H×365Dmm/10.2kg


※本ページに掲載したTA-680の写真,仕様表等は1979年5月
 のONKYOのカタログより抜粋したもので,オン キョー株式会社
 に著作権があります。したがって,これらの写真等を無断で転載・
 引用等することは法律で禁じられていますのでご注意ください。

   
 
★メニューにもどる         
 
 

★テープデッキPART4にもどる
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp

inserted by FC2 system