TC-6150SDの写真
SONY TC-6150SD
STEREO CASSETTE DECK ¥128,000
                (後に¥156,000に価格改定) 
    

1973年にソニーが発売したカセットデッキ。ソニー初の3ヘッドカセットデッキで,ナカミチの
1000,ローディーのD-4500と同じ年に発売された画期的な1台で,この年はまさにカセット
デッキの3ヘッド元年ともいえる年でした。

TC-6150SDの最大の特徴は,上記したように,3ヘッド方式の採用でした。当時,ローディー
が開発していたコンビネーション型ではなく,ナカミチと同じようにカ セットハーフの開口部をうま
く利用して再生ヘッドを中央に,録音ヘッドを小さな窓から,入れる構造とすることで,完全に独
立した3ヘッド構成を実現していました。消去ヘッドも,ナカミチ同様にキャプスタンの外側に配
置されていました。

ヘッド,走行系の図

録音ヘッド,再生ヘッドともフェライトを素材としたF&Fヘッドを搭載していました。F&Fヘッドは
その名の通り,コア部,ガード部ともフェライトによるオールフェライト構造で,ギャップのスペー
サーとコア部の固定には,ソニーが独自開発したフェライトと同硬度の無歪みガラスによる融合
溶着が行われ,耐摩耗性では,従来のラミネート型ヘッドの200倍以上というものでした。ギャッ
プの加工も非常に高精度で,ギャップの位置精度(インライン性)も非常に高められた構造をもっ
ていました。ヘッド前面は,均一のブラックミラー(鏡面)仕上げされ,ヘッドタッチの良さと,ゴミの
付着しにくいヘッドを実現していました。
3ヘッドのメリットを生かして,録音ヘッドは,7ミクロンのワイドギャップ,再生ヘッドは0.9ミクロン
超ナローギャップに設定され,すぐれた録音性能と再生性能を両立させていました。
消去ヘッドもフェライト製で,反対側のテープガイドと同一の特殊な形状がとられ,安定したテープ
走行性も確保されていました。

TC-6150SDのヘッドTC-6150SDの走行系

走行系は,クローズドループデュアルキャプスタン方式が採用されていました。ソニーは1970年に
TC-2200(¥44,800)で,カセットデッキ初のクローズドループデュアルキャプスタン方式を登場
させ,この,TC-6150SDでは,3ヘッド方式で必要とされるテープガイディングの高精度化が実現
されていました。
モーターには,専用に開発された6極ヒステリシスモーターが搭載されていました。電磁振動が少なく
滑らかな回転が特徴のモーターで,自社工場で,ローターのダイナミックバランスをはじめ,シャフトの
真円度まで1ミクロン単位で精度が追求された,高精度な製造で生み出され,トータルでワウ・フラッ
ター0.08%(WRMS)の精度を実現していました。
テープ走行の操作は,ボタン式が採用され,テープ操作に高精密プランジャーが組み合わされている
ため,ソフトタッチの軽快な操作が可能となっていました。
3桁のメカニカルカウンターが装備され,巻き戻し時にカウンター「999」でストップするMEMORYスイ
ッチも付いていました。

ヘッドアンプ初段には,FETを使用し,ICアンプと組み合わせて歪みとリニアリティを改善していました。
F&Fヘッドは高周波損失が少ないため,アンプ部のイコライザーの高域補償量を低く設定でき,その
分ダイナミックレンジが拡大されていました。また,このFETに素子を介在させずにヘッドを直結させた
ダイレクト・カップリングが採用され,S/Nや周波数特性が改善されていました。

テープセレクターは,バイアス(LOW,MEDIUM,HIGH),イコライザー(NORMAL,Fe-Cr,CrO2)
独立の3段切換方式で,新開発のデュアド(フェリクローム)カセットにも対応していました。
ノイズリダクションとしてドルビーNRが採用され,3ヘッド方式に対応して,録音用,再生用に合計4つ
のドルビーノイズリダクション回路が搭載され,録音時の同時モニターにも対応していました。ドルビー
NRと同時にFM放送の19kHzパイロット信号をカットするON/OFF可能なMPXフィルターも搭載して
いました。
ドルビーの正確な動作のために,ドルビーキャリブレーションスイッチが装備され,内蔵の400Hzのオ
シレーターの信号と録音レベル補正ツマミ(REC CAL)でVUメーターを見て録音感度キャリブレーシ
ョンが可能となっていました。

録音入力は,LINEとMICが装備され,それぞれ独立したスライド式の録音レベルボリュームが備えられ
ミキシング録音も可能となっていました。また,リミッタースイッチが装備され,ONにすると,不意の過大
入力時のみリミッター回路が働くようになっていました。
レベルメーターとして左右独立の大型のVUメーターが装備され,中央にはオーバーレベルを表示する
LEDを使用したピークレベルインジケーターが設けられていました。
LINE出力を可変できるラインアウトボリュームも装備され,ヘッドホン出力は−30dB,−22dBの2段
階に切り換えられるヘッドホンレベル切換スイッチも付いていました。

以上のように,TC-6150SDは,ソニーの当時のカセットデッキの最高級機として,クローズドループデ
ュアルキャプスタン方式の走行系,独立3ヘッド,ドルビーNRなど,当時の最新の技術が投入された逸
品で,非常に高い性能を持った画期的な1台でした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



本格的3ヘッド化を遂に実現。
現時点でのソニーのカセットデッキ技術を
評価するに十分な最高級機です。

「最高級カセットデッキ」の名に恥じない
3つの特長

1.クローズドループデュアルキャプスタン方式
2.ドルビーシステム
3.F&F(フェライト&フェライト)ヘッド

◎軽快なタッチ!新開発のファンクションボタン
◎ベスト録音可能!ピークレベルインジケーター,
 大型VUメーター採用
◎FET+ICアンプ,F&FヘッドにFETを直結した
 ダイレクト・カップリング方式採用
◎イコライザー3段切換え,バイアス3段切換え
 のテープセレクターつき
◎FM留守録音/目覚し再生可能
◎超精密ヒステリシス・シンクロナス・モーター
◎オッシレーター内蔵
 ドルビーキャリブレーション可能
◎ON/OFF可能なMPXフィルター
◎ライン/マイクのミキシング可能な
 ロング・ストローク・スライドボリューム
◎不意の大入力による歪を防止
 <ソニーリミッター録音>方式
◎テープが巻き終わると,メカが解除される
 オートシャットオフ機構
◎正確な3桁のメモリーつきテープカウンター

 ●ヘッドホンレベル切換えスイッチつき
 ●ラインアウトボリュームつき
 ●STOPで解除するポーズボタン
 ●シースルーランプ内蔵
 ●動作表示ランプつき





●主な規格●

外形寸法
435W×155H×325Dmm
重さ
10kg
電源
AC100V, 50/60Hz,32W
テープ速度
4.8cm/s
録音可能時間
C-120で往復120分
早送り,巻き戻し時間
1分20秒(C-60にて)
トランジスタ等
FET2石,トランジスタ53石,ダイオード45個
IC11個,発光ダイオード1個,ホールIC1個
トラック方式
4トラック2チャンネル
録音バイアス周波数
105kHz
総合S/N
53dB(一般テープにて)
55dB(デュアド,フェリ・クロームカセット)
DOLBY ONにて,
1kHz 5dB,5kHz以上10dBとS/Nが改善されます
総合ひずみ率
2%
周波数特性
20〜20,000Hz(デュアド,フェリ・クロームカセット使用時)
20〜17,000Hz(一般テープ使用時)
ワウ・フラッタ
0.08%WRMS
入力ジャック
マイクジャック(標準ジャック) 2
 最小入力レベル0.2mV/ローインピーダンス
ライン入力ジャック(ピンジャック) 2
 最小入力レベル0.06V/入力インピーダンス100kΩ以上
出力ジャック
ライン出力ジャック(ピンジャック) 2
 基準出力0.775V(100kΩ負荷時)
 負荷インピーダンス10kΩ以上
ステレオヘッドホンジャック 1
 負荷インピーダンス8Ω
録再コネクター
入力インピーダンス:10kΩ以上
出力インピーダンス:10kΩ以下

※本ページに掲載したTC-6150SDの写真,仕様表等は1973年
 のSONYのカタログより抜粋したもので,ソニー株式会社に著作権が
 あります。したがって,これらの写真等を無断で転載・引用等すること
 は法律で禁じられていますのでご注意ください。
 
   
 
★メニューにもどる         
 
 

★テープデッキPART4にもどる
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp


inserted by FC2 system