TP-L1の写真
OTTO TP-L1
DIRECT DRIVE PLAYER ¥62,000

1978年にオットー(三洋電機)が発売したプレーヤーシステム。一見オーソドックスな中級プレーヤーです
が,ダイレクトドライブ方式でターンテーブルを滑らかに回転させるために,独自の技術を展開した隠れた名
品ともいえる1台でした。

TP-L1は,DD(ダイレクトドライブ)方式でしたが,オットーが独自に開発した「リニアDDモーター」が搭載
されていました。この「リニアDDモーター」は,その名の通りあのリニアモーターカーに採用された,直線駆
動方式のリニアモーターと同じ原理でターンテーブルを駆動しようとするものでした。ターンテーブル自体が
ローターマグネットとしてモーターの一部を構成し,しかも,120極という超多極構造をとっている(通常は
20極程度)ためトルクムラがきわめて少ないというものでした。
また,従来のDDモーターは,ターンテーブルの中心部を駆動するものですが,「リニアDDモーター」では,
外周部を駆動する方式をとり,十分なトルクを得ることができるようになっていました。さらに,駆動コイルの
電流にスイッチングを必要としない三相の正弦波電流を使用することで,充分な起動トルクとコッキングのな
い回転を両立させていました。
また,回転の制御には,水晶発振子の正確の発振周波数を基準にしてサーボをかけるクォーツロック方式
が採用されていました。独自の回転システムで,0.025%という低ワウ・フラッター特性を実現していまし
た。さらに,駆動部には,電磁ブレーキ機構が装備され,クィックストップが可能となっていました,

TP-L1の駆動部

トーンアームは,水平・垂直軸受け部を厳選されたパーツで構成した高感度なS字パイプアームを搭載し,ア
ルミダイカスト製のヘッドシェルとアームベースにより高精度なアームを構成していました。また,演奏終了後
は,アームがアームレストに自動的に戻るオートリターン機構が装備されていました。さらに,このアームには
VMタイプのカートリッジMG-A3が標準搭載されていました。

キャビネットには,高密度パーチクルボードの積層構造が採用され,高剛性で重量級のものとなっていました。
表面仕上げには西アフリカ原産の燃えるような鮮やかな色が特徴のブビンガ材の突き板仕上げが採用されて
いました。
ターンテーブルシートには,レコードとターンテーブルの共鳴音や反射音を抑制するH・H(ヘルム・ホルツ)テー
ブルシート(凄い名前ですね!)が装備されていました。また,出力端子には,音質重視の金メッキ処理が施さ
れていました。

以上のように,TP-L1は,オーソドックスな外観を持つ中級機でありながら,他に例を見ない独自の理想を追
求した駆動方式を持つ優れたDDプレーヤーでした。ブランドの弱さ故,あまり評価されなかったきらいはありま
すが,オットーの高い技術水準を示した1台でした。
 

 
以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。
 


美しいレコード再生のために
リニアDDモーター+クォーツ回路
OTTOの開発技術の成果です。
◎正確さの証ワウ・フラッタ0.025%
◎リニアDDモーター+クォーツロック
◎トーンアームの共振対策のために
◎便利なオートリターン機構内蔵
◎音質対策にも贅を尽くしたキャビネット
◎新しいH・Hターンテーブルシートの採用
◎電磁ブレーキ機構の装備
◎金メッキを施した出力端子
 
●TP-L1の仕様●


 

■ターンテーブル部■

型式 2スピード・ダイレクトドライブ・オートプレーヤー
モーター クォーツロックリニアモーター
ワウ・フラッター 0.025%(WRMS)
SN比 70dB



■トーンアーム部■

形式 スタティックバランスS字型
アーム有効長 222mm
オーバハング 17mm
針圧可変 0〜3.0g



■カートリッジ部■

型式 VM型(MG-A3)
出力電圧 3.4mV(1kHz)



■総合■

電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 7W
寸法 450W×158H×364Dmm
重量 8.9kg
※本ページに掲載したTP-L1の写真・仕様表等は1978年10月のOTTO
のカタログより抜粋したもので,三洋電機株式会社に著作権があります。
したがって,これらの写真等を無断で転載,引用等をすることは法律で禁じら
れていますので,ご注意ください。

 
★メニューにもどる             
  
   
★アナログプレーヤーPART3のページにもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                     

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp 
inserted by FC2 system