チューナーのコーナー
PART7


 FM放送は数多くの専門誌があったほど人気のある
ソースでした。そのため,数多くの個性あふれるチュー
ナーの名機たちが存在していました。そんな名機・銘
機たちについて振り返ってみましょう。取り上げる機種
数が多くなったため。7ページ目に入ります。




SANSUI TU-707

1977年に,サンスイが発売したFM/AMチューナー。サンスイはプリメ
インアンプの分野ですぐれた製品を送り出してきたブランドでしたが,ア
ンプとペアを組むチューナーにおいてもオーソドックスながらすぐれた製
品を送り出してきました。そんなサンスイが,前年に発売したAU-707
AU-607とのペアを想定して作り上げたチューナーがTU-707でした。


NIKKO T-800

1975年に,ニッコーが発売したAM/FMチューナー。ニッ
コーは,1962年に,日本初のオールトランジスタステレオ
アンプをオーディオフェアで発売するなど,すぐれたオーディ
オ機器を発売していました。そんなニッコーが,性能対価格
比でもっとも激戦区といわれる価格帯に,プリメインアンプ
A-800とともに発売したチューナーがT-800でした。


KENWOOD KT-1010F

1985年に,ケンウッド(現JVCケンウッド)が発売したFM/AM
チューナー。FMチューナーで高い評価を受けていたケンウッド
は,シンセサイザーチューナーの発売においてはむしろ慎重で,
後発でした。そうした中,1983年にシンセサイザー方式のチュ
ーナー・KT-1010を発売して新たにDLLD方式を採用し,パル
スカウント方式からの移行を始めました。そんなKT-1010と
KT-1010Ⅱの後継機がKT-1010Fでした。


ONKYO T-455NⅡ

1975年に,オンキョーが発売したFM/AMチューナー。当時,オ
ンキョーは,プリメインアンプとペアを想定したチューナーにおいて
も,しっかりしたモデルを作っていました。1974年に発売された同
社の最高級チューナーT-411の技術を継承しつつ作り上げられ
た高級チューナーがT-455NⅡでした。


LUXMAN 5T10

1978年に,ラックスが発売したFMチューナー。ラックスは,1977年
より,機能単位で性能を追求したコンポーネント「LABORATORY 
REFERENCE(ラボラトリー・リファレンス)シリーズ」を発売し,チュー
ナーとして,最高級シンセサイザーチューナー5T50を発売しました。
その弟機ともいえるバリコン式チューナーが5T10でした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,
 その版権・著作権等は,各オーディオメーカーにあります。
 したがって,これらの写真を無断で転載等することは,法律
 で禁じられている行為ですのでご注意ください。

    
    
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や
印象のある方,そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system