YAMAHA TX-900
NATURAL SOUND AM/FM STEREO TUNER ¥49,800
1986年に,ヤマハが発売したFM/AMチューナー。ヤマハは,1980年代に入り,シンセサイザーチューナーを
次々と開発・発売し,すぐれた技術・性能をもち,コストパフォーマンスにすぐれた中級機を出していました。そして
同社のシンセサイザーチューナーは,「T-1桁」のシリーズから,「T-2桁」,「T-3桁」へと続き,1980年代半ばよ
り,型番にTXのつくシリーズに移行していきました。そしてTXの型番をもつシリーズの中級機として,プリメインア
ンプAX-900のペアとなるチューナーとして発売されたのがTX-900でした。
TX-900の同調システムには,ヤマハ自慢のCSL(Computer Servo Locked)チューニングシステムが搭載
されていました。CSLチューニングシステムは,基本的には,PLLシンセサイザーと,高忠実度・高妨害排除特性
を両立したFMアナログサーボチューニングシステムとを,受信状態に応じてコンピュータがコントロールする方式
でした。CSLチューニングシステムでは,ステップ選局とプリセット選局時の呼び出し時にはPLL動作で非常に正
確な呼び出しが行われ,また,わずかでも入力信号があればアナログサーボ動作に切換わり,IF帯域の中心点
にロックされるようになっていました。そして,そのときには,PLL動作が停止するので低周波数部,高周波部へ
の妨害はほとんどゼロになるというもので,アナログチューニング方式とデジタル方式の良い点を組み合わせた方
式でした。
TX-900のPLLシンセサイザーは,0.01MHzステップで,通常のシンセサイザーチューナーの10倍の精度を持
つファインチューニングシステムを採用していました。0.01MHzステップで同調点を最適ポジションに追い込むこ
とができ,隣接局の影響から逃れられる,最良の同調点にチューニングできるようになっていました。
AM部も,通常の9kHzステップではなく,1kHzステップの微調ができるようになっており,混信の影響を抑え,受
信聴取能力が高められていました。
フロントエンド部は,シングル同調・ダブル同調・OSC(Oscilation)同調という構成で,4連バリキャップが搭載さ
れ,RF段にFET,ミックス段にデュアルゲートFETが搭載され,高感度と高妨害排除特性を実現していました。
IF段は,WIDE/NARROW/SUPER NARROWの3モードIF帯域自動切換が搭載されていました。WIDE時に
は,ユニフェーズ・セラミックフィルター2段(フィードバック制御付き)のみで構成され,これにセラミックフィルターが
1段追加されたNARROW,2段追加されたSUPER NARROWという構成となるようになっていました。これら
の3段階の切換は,妨害信号のない時は広帯域の選択度となるWIDE,妨害信号のあるときは,狭帯域の選択
度となるNARROW,そして,強い妨害波のあるときには,急峻な選択度となるSUPER NARROWと,受信状
況に合わせて自動的に切換えられるようになっていました。
検波部は,伝統のウルトラリニアダイレクトディテクタを継承し,10.7MHzのIF信号をダイレクトに広帯域レシオト
ランスに入力して検波する,広帯域レシオ検波が搭載されていました。IFT(IFトランス)は1段構成ながら,検波歪
を補正する回路も搭載されていました。
MPX部には,フラットな変調周波数をもつ信号が入力されたときにも,38kHzのサブキャリア信号による干渉を防
いだ新開発のMPX ICが搭載されていました。
機能的には,AUTO/MANUALチューニングモード切換,AUTO STEREO/MONOのモード切換,IF帯域3モー
ド切換スイッチ,ハイブレンドスイッチなどが装備されていました。
チューニングは,AUTO/MANUAL以外に20局までのメモリー選局も可能で,FM/AM関係なくランダムにプリセッ
トできる20局ランダムアクセスプリセットとなっていました。さらに,プリセットメモリーは,局周波数のみのメモリーで
はなく,(1)STモード:STEREO/MONO,(2)ハイブレンド:ON/OFF,(3)IFモード:WIDE/NARROW/SUPER
NARROW の受信コンディションも含めたメモリーができる3WAYマルチステートメモリー機能が搭載されていまし
た。
表示部は,大型のマルチカラーLCD(液晶ディスプレイ)が採用され,明るく見やすい表示が実現されていました。メタ
ルマスク方式の新開発のもので,非点灯部分への光漏れがゼロで,ハイコントラストを実現することで,発光素子の
透過率向上が図られ,視野角も広げられていました。表示機能としては,局周波数,プリセットチャンネル,24セグメ
ントバー表示のシグナルメーター,IFモードの表示が設けられていました。LCDは低消費電力であるとともに,パルス
性ノイズの発生が少ないため,信号経路への悪影響,電源余裕度などにより,SN比の向上にも寄与していました。
以上のように,TX-900は,FM/AMチューナーとして,ヤマハのチューナー技術を継承して手堅くまとめられ,実用的
なチューナーとして完成度が高いものでした。ヤマハらしい繊細なデザインの印象どおりの繊細でやわらかな音をもっ
ていました。このチューナーをベースに,後にヤマハ最後の高級チューナーTX-2000が生まれることになりました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



CDシステムと同等の高S/N受信を実現した
CSLチューニング。
スーパーナロー付IF切換装備。
電波ジャングルに打ち克つ都市型チューナー。

◎高S/N比,低歪率受信の
 CSLチューニングシステム。
◎0.01MHzステップの同調精度。
 ファインチューニングシステム。
◎高選択度スーパーナロー付
 3モードIF帯域自動切換回路。
◎MOS FETフロントエンド。
 低歪率,高セパレーションMPX回路。
◎低消費電力・ローノイズの
 高品位・大型マルチカラーLCD。
◎各種受信モードを合せて記憶。
 3WAYマルチステートメモリー機能。

●FM/AM20局ランダムアクセスプリセット
●選択度をマニュアルで切換えられるIF帯域切換スイッチ。
●AUTO/MANUAL・チューニングモード切換スイッチ。
●AUTO STEREO/MONO・モード切換スイッチ。
●ハイブレンドスイッチ。
●75Ω専用FMアンテナ端子。(75Ω/300Ω両用アンテナプラグ付属)
●AMループアンテナ装備。
●RSリモートコントロール端子装備。





●主な規格●



■FM部■

S/N比50dB感度 1.55μV(15.1dBf)/75Ω(mono)
20μV(37.2dBf)/75Ω(stereo)
実用感度 0.9μV(10.3dBf)/75Ω
キャプチュアレシオ 1.2dB(WIDE)
イメージ妨害比 90dB
IF妨害比 110dB
スプリアス妨害比 110dB
AM抑圧比 70dB
実効選択度 90dB
SN比 100dB(MONO),91dB(STEREO)
歪率(1kHz・LOCAL) 0.015%(WIDE・1kHz・stereo)
0.0095%(WIDE・1kHz・mono)
ステレオセパレーション 65dB(1kHz)
周波数特性 20〜15,000Hz,±0.5dB



■AM部■

実用感度 250μV/m
イメージ妨害比 40dB
スプリアス妨害比 50dB
S/N比 52dB
全高調波歪率 0.3%



■総合■

電源/消費電力 100V 50・60Hz/10W
外形寸法 435W×94H×282.5Dmm
重量 3.3kg
※本ページに掲載したTX-900の写真,仕様表等は1986年11月の
 YAMAHAのカタログより抜粋したもので,ヤマハ株式会社に著作
 権があります。したがって,これらの写真等を無断で転載・引用等
 することは法律で禁じられていますのでご注意ください。

 

★メニューにもどる        
 
 
★チューナーのページPART5にもどる

 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
inserted by FC2 system