Victor SX-V7ーM
3WAY SPEAKER SYSTEM ¥190,000
(受注生産)


1995年に,ビクターが発売したスピーカーシステム。小型で高品質なスピーカーを目指した
SX-V1-M
の上級機として,トールボーイタイプのフロア型にまとめられ,ビクターのすぐれた
木工技術,スピーカー技術が生された1台でした。

SX-V7-Mの大きな特徴は,高品質で美しいエンクロージャーでした。型番に「M」がつくよう
に,強靱で響きが美しいマホガニーを無垢材で使用したエンクロージャーでした。マホガニー
は,美しい木目を持ち,高級家具やピアノなどに使用され,音響材としてもすぐれた素材で,
このサイズのエンクロージャーに,無垢材として使用されるのは初めてでした。特にバッフル
は32mm厚,天板は25mm,側板は20mm,地板は30mm厚として強度を高め,響きの良さ
も確保していました。しかも,無垢のマホガニーでいったん組みあげた後,新開発の樹脂含
浸を施し,無垢材特有の経年変化をクリアしていました。さらに,表面を丹念に磨き上げて接
合面をフラッシュサーフェス仕上げとし,マホガニー独特の木目の美しさを引き立たせていま
した。

エンクロージャーの形状は,低域の豊かさを容積で確保できるトールボーイ型で,平行面の
ないテーパード形状によって定在波を減少させていました。さらに,すべての稜に丸みを持た
せ音波の回析現象を抑えて,音像定位の向上を図っていました。

ウーファーは,20cm口径のコーン型で,ドイツのクルトミューラー社製のパルプコーンを採
用していました。パルプの持つ適度な内部損失,微小信号への反応の良さ,豊かな音色,
自然な音場などのすぐれた特性を生かしつつ剛性を強化し,軽さと粘りが高められたもの
でした。エッジにも,しなやかさと剛さをあわせもつクルトミューラー製ラバーエッジが採用さ
れていました。また,蝶ダンパーを基本に,コンピューター解析を繰り返して高精度・高リニ
アリティを求めた新形状としたスパイダーサスペンションが,小振幅から大振幅まで高いリ
ニアリティとロングストローク・レスポンスを実現していました。

スコーカーは,6.5cm口径のソフトドーム型で,自然素材にこだわった麻のソフトドームが
採用されていました。軽くしかも粘りのある麻を弾性のあるエッジが支える構造で,自然な音
を実現していました。



トゥイーターは,3.5cm口径のソフトドーム型で,絹製の振動板が採用されていました。こ
の振動板には,一眼レフカメラのシャッター膜にも使用されている羽二重の絹に薄膜ゴム
を塗布した構造のシルクドームが使用されていました。繊細な羽二重の絹を布から成形し,
成形後に薄膜ゴムを多重塗布したもので,絹のしなやかさはそのままに剛性を高め,艶や
かな高域再生を実現していました。

ウーファー,スコーカー,トゥイーターの3つのユニットすべてに高磁束・低漏洩を特徴とする
内磁型アルニコ磁気回路が採用されていました。特殊熱処理により,さらに磁気特性を向
上させ,しっかりとしたエネルギーバランスを確保していました。また,すべてのユニットのフ
レームにはアルミダイキャストフレームが採用され,強固にユニットを支持する構造となって
いました。

入力端子は,抵抗の少ない金メッキが施された,バナナプラグ対応の入力端子が搭載され
ていました。内部配線には,OFC(無酸素銅線)を使用し,各ユニットへの配線を独立配線
として内部干渉を防止していました。さらに,すべての配線はハンダを一切用いず,カシメ
接続されており,接点ロスをなくしてストレートな伝送を実現していました。

フロア型スピーカーとして,床面に接するエンクロージャーの底部は,不要な振動をアースす
る4点支持方式が採用されていました。脚部に相当する真鍮製のエンドピンを,フロントとリ
アのバッフル板の木口に取り付けていました。特に,前部はバッフル板に埋め込んだエンド
ピンからは,直接アースされるようになっており,音の濁りが抑えられていました。前部の2
点は高さ調整も可能で,床面にぐらつきなくぴったりと設置することができるようになってい
ました。

以上のように,SX-V7-Mは,ビクター伝統のソフトドームユニット,クルトミューラー社製コー
ンを,アルニコマグネットの駆動系,マホガニー無垢材のエンクロージャーと組み合わせて
作り上げた,ビクターらしいスピーカーでした。透明感がある爽やかさを持ちながら,広がり
のある低域までしっかりとした音が特徴でした。何よりその美しい外観も魅力的でした。現
在作ると,あるいは海外製ならいったいいくらのなるのか・・・?などと考えてしまうのは私だ
けではないでしょう。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



無垢マホガニー&トールボーイ
キャビネットから生まれる
 豊かな音場。

◎豊かな低域の,
 トールボーイキャビネット。
◎美しい響きの,
 無垢マホガニーキャビネット。
◎明るさと強さを奏でる,
 クルトミューラー製コーン。
◎新形状スパイダーサスペンション。
◎豊かに音楽を奏でる,
 自然素材スコーカー。
◎羽二重シルクソフトドーム・
 ツィーター。
◎全ユニットを内磁型アルニコ
 磁気回路で,駆動。
◎伝送系を妥協なく追求。
 高純度ネットワーク。
◎フット部にしっかりと支える
 4点支持方式を採用。




●主な仕様●

種類 3ウェイフロア型(防磁形,EIAJ)
スピーカーユニット
低音用:20cmクルトミューラーコーン
中音用:6.5cmソフトドーム
高音用:3.5cmシルクソフトドーム
定格入力 45W(EIAJ)
最大入力 180W(EIAJ)
再生周波数帯域 35Hz~30,000Hz
定格インピーダンス 4Ω
出力音圧レベル 88.5dB/W・m
クロスオーバー周波数 530/4,000Hz
寸法 298W×880H×309Dmm
質量 23kg(1本)
※本ページに掲載したSX-V7-Mの写真,仕様表等は
 1997年5月のVictorのカタログより抜粋したもので,
 JVCケンウッド株式会社に著作権があります。した
 がって,これらの写真等を無断で転載,引用等をする
 ことは法律で禁じられていますのでご注意く ださい。

                        
 

★メニューにもどる        
 

★スピーカーのページ10にもどる

 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や
印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
inserted by FC2 system