GX-R99の写真
AKAI GX-R99
STEREO CASSETTE DECK ¥168,000
アカイが1983年に発売した高級カセットデッキ。3ヘッド・ダブルキャプスタンメカニズムで録再オートリバ
ースを実現したデッキでした。同社はカセットデッキの第1号機でカセットハーフ反転式のオートリバースを
実現し,その後,赤外線センサーを使用したクイックリバースを開発するなど,オートリバースデッキをリー
ドしてきました。そのアカイの執念が感じられるデッキでした。このホームページでも取り上げたシングルウ
ェイデッキのGX−F91をそのままリバース化したかのような完成度の高い高性能デッキでした。                              

GX-R99の最大の特徴は,何といっても3ヘッドダブルキャプスタンというカセットデッキにとって最も高度
で理想的なテープトランスポートメカニズムを録再リバースデッキで実現していたことです。「ACCURATE
REVERSE ヘッドシステム」と名付けられたこのメカニズムは,ヘッド回転式のリバースメカニズムで,往
復とも同一のヘッドギャップと録再アンプが使用できるメリットを重視して,フォワード側とリバース側の総合
特性をシビアに一致させることを目指し,コンビネーション3ヘッドをそのまま回転させるというものでした。
3ヘッドの場合,ヘッドそのものの特性が優れてるだけに,アジマスなどの面でシビアなため,それを回転
させるメカニズムは,非常に高精度なものが必要になりました。その「ACCURATE REVERSE ヘッド
システム」の内容は,(1)ヘッドハウジング材に,通常の亜鉛ダイキャストに比べて2倍の硬度と8倍の耐
摩耗性を持つというベリリウム配合の高硬度亜鉛ダイキャストを使用し,公差数ミクロンという超精密加工
を施す。(2)往復方向のアジマスを正確に保つストッパー部に純度99%以上のアルミナを使った高硬度
のファインセラミック材を使用して長期にわたる耐摩耗性と耐衝撃性を保証する。(3)回転部に滑りのよい
フッ素系樹脂を主体とする固体潤滑剤を,精密塗膜コントロール技術で数ミクロン厚にコーティングし,摩擦
係数を大幅に下げ,200万回以上の耐久性を実現。(4)ストッパーを受け止めるアジマス調整ネジには,
ステンレス鋼に焼き入れ処理を施し,硬度と緩衝性を両立したファインスクリューを採用することにより,耐
摩耗性と耐衝撃性を両立させる。(5)調整ネジはダブルナット方式として,長期にわたりユルミを追放。
(6)薄くて強靱なポリアミド樹脂にリード線をプリントしたフレキシブルプリントボードを採用し,回転部では
螺旋状に巻き上げて,ヘッドに負荷トルクがかからず,低温時の硬化もない高いリードまわりの信頼性を
確保。(7)ヘッドの回転には,摩擦係数の低いラックをモータードライブによって素早く左右にシフトさせる
シンプルなダブルピニオン駆動を使用。・・というもので,アジマスずれに起因する音質の劣化を抑えるも
のでした。

GX-R99のヘッド

ヘッドは,アカイ自慢の「スーパーGX(Glass & X’tal Ferrite)ヘッド」によるコンビネーション3ヘッドでし
た。この「スーパーGXヘッド」は,フェライト素材を独自の加工技術によりローノイズ・クリスタル化(単結晶
化)し,これをヘッドコアとシールドコアに用い全体を高硬度ガラスで固めたもので,(1)従来のフェライトが
抱えていたノイズや粒子脱落などの難点を解決(2)高域でのエディカレントロス(渦電流損失)が極めて
小さく,高い透磁率と広い周波数特性を実現(3)ヘッドギャップの工作精度が非常に高くできる・・などの
利点を持ち,優れた音質と高い耐久性を実現していました。GX-R99では,この「スーパーGXヘッド」を録
音用と再生用に専用化して用い,高精度に一体化したコンビネーションタイプの3ヘッドとして,録音用ヘッ
ドのギャップは4ミクロン巾,再生用ヘッドのギャップは1ミクロン巾とそれぞれにあった理想的なギャップ巾
を実現していました。                                                       

走行系は,リバースデッキでありながら,クローズドループダブルキャプスタン方式となっていました。ピンチローラーの
圧着力が,テープ走行方向の上流側で低く,下流側で高くなるように調整され,さらに,2本のキャプスタン軸には,逆
電ハードクロ−ムメッキ処理を施して,テープグリップ力を強化し,直径も2.5mmと2.3mmと変えることにより,共振
周波数の分散を図っていました。キャプスタン駆動はツインダイレクトドライブとして,フォワード側,リバース側それぞれ
に専用のブラシレス,コアレス,スロットレスのFGサーボモーターを配置し,テイクアップ側のモーターが駆動され,サプ
ライ側はベルトを介して従動するシステムになっていました。リバース時には,FGサーボを一時解除して,2つのモータ
ーに逆電圧を瞬間的に印加してクイックリバースを実現していました。ループ内のテンションを素早く安定させるために,
リバース時には,ピンチローラーが圧着するタイミングをテープ走行の下流側を早めに,上流側を遅めにするという巧妙
なコントロールも行われていました。    

GX-R99のメカニズム部

GX-R99は,GX-F91から一歩進んで,テープ1本1本の特性を引き出すオートチューニングシステムと録音レベル設
定の自動化を組み合わせたCRLP(ComputerRecording Level Processing)コンピューターチューニングシステ
ムを搭載していました。このCRLPは,(1)Quick Auto Tuning,(2)MOL Detector,(3)Best Rec-Level 
Settingの3つの機能から成り,これらが連携して働くシステムでした。

録音操作部
Quick Auto Tuningは,テープをローディングして録音に移る際,REC/PAUSEボタンを押すだけで素早く(約2秒)
そのテープに最適な録音条件を設定するシステムになっていました。このQuick Auto Tuningには,AT(オートチュー
ニング)バイアスという機能があり,ソースのエネルギーバランスに合わせてテープのMOL特性をUNDER/STD/
OVERの3種類を選ぶことができました。MOLディテクターは,約2秒間でテープの中低域MOLと高域MOLを自動的に
検出し,レベルインジケーター下のMOLディスプレイ上に表示される仕組みになっていました。GX-R99のレベルインジ
ケーターは,VU/PEAKの切り替えができるだけでなく,中低域レベルの表示と高域レベルの表示に切り替えることが
できるようになっていたので,このMOL表示とにらみ合わせてシビアな録音レベル設定がマニュアルでできるようになっ
ていました。

ベストレックレベルセッティングシステムは,検出したMOL特性と,高域,中低域別のレベル検出をもとに,デッキが自動
的に録音レベルを自動設定するシステムで,約10秒間録音スタンバイ状態で,入力ソースをモニターしながら中低域及
び高域のピークが検出したMOL内に収まるように録音レベルを調整するものでした。GX-R99では,これら3つのプロセ
スをCRLPキーを1回押すだけで自動的に行う仕組みになっていました。CRLPシステムは,録音開始後,不意の高レベ
ル入力に対してアッテネーターの働きもするようになっていました。当然,マニュアル録音,録音レベルをメモリーしておき
(最大6組)そのデータを活用しての録音もできるようになっていました。

主要アンプには,カップリングコンデンサーを排除したDCアンプを採用し,特に再生イコライザーアンプは,デュアルFET
とデュアルトランジスタによる差動2段+AクラスSEPP回路を採用し,ディスクリート構成でクオリティを追求した作りにな
っていました。この再生イコライザーアンプはスーパーGX再生ヘッドに純度99.99%の無酸素銅のリード線で直結され
ていました。パーツレベルでも,新開発のFBET(Fold Back Electrode Transitor:折り返し電極トランジスター)を信
号の増幅制御回路に採用,ラインアンプには,高速Bi-FETを採用するなど,アンプ系全体のハイスピード化が図られてい
ました。アンプ動作の源,電源部も+側の電源を基準として+,−それぞれにフィード−バックをかけることにより安定な動
作を誇る安定化電源・高速トラッキングレギュレーターを採用し,安定なアンプ動作を確保していました。さらに,ドルビーブ
ロックを電源部から完全にアンプ部と独立させ,相互干渉を防ぎ,それぞれの安定な動作と音質の向上を図って
いました。

機能的にもGX-R99は,ワンタッチで録音の頭へ巻き戻し,約4秒間のミュート録音をした後録音スタンバイとなる「レック
キャンセル機構」,3分間以上の無録音部分を探し出し,約7秒間のブランク部分を作ってストップする「ブランクサーチシス
テム」,イントロを10秒間ずつスキップ再生する「イントロスキャン」,前後1曲の頭出し機構「IPLS」など多彩でした。「オー
トフェーダー」「オートモニター」「オートミュート」「オートテープセレクター」など,録音時の自動化もCRLPとともに全体的に
進んだものでした。テープカウンターは,経過時間,残量時間,4桁数字の3種類の表示が可能な「4デジット電子カウンタ
ー」を搭載し,カセットドアは,GX-F91以来のダイレクトリードイン,パワーイジェクトを採用してここでも自動化と便利さを追求
していました。
GX-R99は,アカイ自身が当時「未来デッキ」と称していましたが,事実,ワンウェイ3ヘッド機の高音質と録再リバースの
長時間録再性能コンピュータ搭載の多機能などをすべて高度に満たしたデッキでした。,このように詳しく見てみると多くの
技術を結集して作られていたことがよく分かります。私自身は,リバースデッキに長い経験を持つアカイの意地が感じられる
名機だと思っています。アカイのカセットデッキもこれ以降,このGX-R99を超えるものは出ていないようです。アカイそのも
のも,残念ながら民生用機から撤退してしまったようですし・・・。


 
●資料編 アカイのリバースデッキ●
CS−50Dの写真
CS-50D(アカイのステレオカセットデッキ第1号機)
1970年に¥49,500で発売。何とハーフ回転式のオートリバース機。
 「INVERT-O-MATIC方式」という名前だった。              
GX−735Dの写真
GX−735D(世界初のクイックリバース機)   
アカイが1978年に世界に先駆けて発売した,赤外線リーダーテープ
検出式クイックリバース方式搭載のデッキ。当時の価格¥99,800 

 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。
 


4つの過激な挑戦を秘め,ここに,    
未来のデッキ・コンセプトが創造された。
1 Super GX 3Head Reverse
 デジタルサウンド時代にこそ,そのクオリティが冴える。
 高音質と長時間録音をめざして鍛え上げられた,
 スーパーGX・3ヘッドリバース。
  ◎ロータリー方式の高精度・高信頼化に挑戦した
   ACCURATE REVERSEヘッドシステム
  ◎優れた動特性と耐摩耗性でデジタルサウンドを
   迎え撃つスーパーGX・3ヘッドシステム   
2 Double Capstan by Twin DD
 テープをがっちり挟み込み,わずかな変動も許さない。
 往復走行特性の均一化をはたした,
 ダブルキャプスタンbyツインDD。
  ◎テープ走行の安定化を図り,
   レベル変動や変調ノイズを著しく低減した
   クローズドループ・ダブルキャプスタン
  ◎高精度の往復テープ走行を実現した,
   ツインダイレクトドライブシステム  
  ◎独自のデュアルワイドテープガイドを採用した,
   BSP(Bi-directinal Symmetrical Precision)メカニズム
3 CRLP(Computer Recording Level
        Processing)system
 テープの特性と,ソースのエネルギーバランスを検知し,
 ベスト録音を約束する画期的録音システム。
  ◎テープ1本1本をジャストチューニング。
   録音スタンバイの常識を変えた
   クイックオートチューニングシステム
    ●AT(オートチューニング)バイアス
  ◎デッキ史上に残る快挙。
   使用するテープのMOL特性を検出,
   表示するMOLディテクター
  ◎テープMOLを超えない範囲で,
   ソースに応じた録音レベルを自動設定する
   ベストレックレベルセッティングシステム
    ●マニュアル録音
    ●メモリー録音
4 High Tuned DC Amp
 主要アンプを直結入力DCアンプとし,電源部を強化。
 動特性と分解能を大幅に向上させた,ハイチューンDCアンプ。
  ◎カップリングコンデンサーを極力排除した
   音質重視設計。再生イコライザーアンプには
   直結差動2段+SEPP回路を採用。
  ◎新開発のFEBT(Fold Back Electrode Transistor),
   最新型高速Bi-FETさらに,
   数多くの特注品を含む良質デバイスを投入
  ◎電源回路に新設計の
   高速トラッキングレギュレーターを採用して,
   アンプ動作の高安定化を達成
  ◎相互干渉による悪影響を断つため,
   ドルビーブロックをアンプブロックから独立。
”まるで体の一部分のように操作できるデッキを−。”
多機能性と使いやすさも,未来デッキの条件と考えます。
  ◎A面からB面へわたってテープを思いのままに
   操るコンピュータサーチ機構
   ●レックキャンセル機構
   ●ブランクサーチシステム
   ●イントロスキャン
   ●IPLS(自動頭出し)
   ●QMSS(クイックメモリーサーチシステム)
 ◎わずらわしい操作を省略し,録音ミスを未然に
  防ぐ先進のオートシステム
   ●オートフェーダー
   ●オートモニター
   ●オートミュート
   ●オートテープセレクター
 ◎デッキの操作状態がひと目でわかる
  大型FL集中ディスプレイ
   ●3Way表示4デジット電子カウンター 
   ●3Way表示2色24セグメントFLバーメーター
 ◎ダイレクトリードイン&パワーイジェクトシステム
 ◎クイック&クワイエットメカニズム

 
 
 

●GX-R99の主要な規格●


トラック方式 コンパクト・カセット・ステレオ
ワウ・フラッター 0.028%WRMS(JIS) ±0.055%WPeak(EIAJ)
周波数特性 20〜18,000Hz ±3dB Normalテープ 
20〜19,000Hz ±3dB CrOテープ 
20〜21,000Hz ±3dB Metalテープ
歪率(1kHz0VU) 0.5% Metalテープ
SN比 56dB(EIAJ) 
ドルビーNR使用時  
  Bタイプ 1kHzで5dB,5kHz以上で10dB改善 
  Cタイプ 500Hzで15dB,1kHz〜10kHzで20dB改善
ヘッド スーパーGX録音ヘッド×1 
 スーパーGX再生ヘッド×1(コンビネーションヘッド) 
消去ヘッド×2
モーター FGサーボDDモーター(キャプスタン)×2 
DCモーター(リール)×1 
DCモーター(メカ駆動)×1 
DCモーター(オペレーションボード駆動)×1
早巻き時間 約90秒(C−60テープ使用時)
入力レベル ライン70mV(47kΩ)
出力レベル ライン410mV(2kΩ以下) 
ヘッドホン1.3mW(8Ω)
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 45W
最大外形寸法 440W×105H×372Dmm
重量 約8.7kg
 ※本ページに掲載したGX−R99の写真,仕様表等は1983年12月のAKAIのカタ
 ログより抜粋したもので,赤井電機株式会社に著作権があります。したがって,これ  
 らの写真等を無断で転載・引用等することは法律で禁じられていますのでご注意くだ
 さい。
   
  
★メニューにもどる        
 
 
 

★テープデッキのページにもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp



inserted by FC2 system