CDプレーヤーのコーナー
PART3
CDプレーヤーは比較的新しいコンポーネントです。といっても
1982年に初めて商品化され,すでにその歴史も20年近くに
なります。CDプレーヤーが登場したときのあの大騒動もずいぶ
ん昔のことになってしまいました。技術の進歩の早い分野ですが
印象に残る名機・銘機も数多くあるように思います。
機種が多くなったので3ページ目に入ります。


DP-X9010のページへ
KENWOOD DP-X9010

1988年にケンウッドが発売したCDトランスポート。同社のD/Aコンバーター
内蔵型プリメインアンプとの組み合わせを想定したモデルで,中級クラスでは
珍しいCDトランスポート専用機で,内部レイアウト,振動対策等基本に忠実に
作られた実力派のモデルでした。


PD-5000のページへ
PIONEER PD-5000

1989年にパイオニアが発売したCDプレーヤー。パイオニアは,レーザーディ
スクの分野で活躍していた,光ディスクの分野では高い技術を持つブランドでし
た。このPD-5000は,ターンテーブル方式以前のパイオニアのCDプレーヤー
の中では,最上級機であった1台でした。

P-2,D-2のページへ
ESOTERIC P-2,D-2

1989年にティアックがエソテリックブランドで発売したセパレート型CDプレー
ヤー。ティアックがデジタルオーディオを核に展開していたエソテリックブランド
で発売されたCDプレーヤーの第2世代の高級機でした。

XC-007のページへ
EXCELIA XC-007

1989年にアイワがエクセリアブランドで発売したCDプレーヤー。デジタル
オーディオで高い技術力を見せていたエクセリアのシリーズのCDプレーヤー
中の最上級機で,ソニー機との共通性もありながら,独自のこだわりが見ら
れる実力機でした。

CD-94+CDA94の写真
marantz CD-94,CDA-94

1986年にマランツが発売したCDプレーヤー。ソニーと並んでCDの
オリジネーターであるフィリップスグループとの関係が深いマランツブ
ランド初のセパレート型CDプレーヤーで,CD-94から発展していく
という形態はソニーのCDP-553ESD+DAS-703ES等とも通じる
ものがありました。

D-107uのページへ
ALPINE/LUXMAN D-107u

1989年にラックスがアルパイン/ラックスブランドで発売したCDプレーヤー。
真空管アンプでも有名なラックスらしく,D/A変換された後のアナログ回路に
真空管を搭載したユニークな1台でした。

X-1のページへ
ESOTERIC X-1

1990年にティアックがエソテリックブランドで発売した一体型CDプレーヤー。
エソテリックブランド初の一体型CDプレーヤーで,セパレート型のP2+D2
に迫る内容を持つ高級機でした。

DP-1000Hのページへ
DIATONE DP-1000H

1986年にダイヤトーンが発売したCDプレーヤー。スピーカーのブランド
というイメージが強いダイヤトーンが自社開発で発売していたCDプレーヤー
で,薄型の筐体にしっかりとした物量と技術が投入された隠れた力作でした。


SL-P2000のページへ
Technics SL-P2000

1992年に松下電器がテクニクスブランドで発売したCDプレーヤー。1ビット
のMASH方式をNTTと共同開発したブランドである同社が発売した一体型
CDプレーヤーの最上級機で,同ブランドらしい歪み感の極めて少ない音は
完成度の高いものでした。

CD-903のページへ
NEC CD-903

1986年にNECが発売したCDプレーヤー。CD黎明期をオーディオ
参入のチャンスとして,力作を発表していた同社が,物量を投入し
作り上げた重量級のCDプレーヤーで,同社の意欲を感じさせる質
実剛健な1台でした。

CDP-555ESDのページへ
SONY CDP-555ESD

1986年にソニーが発売したCDプレーヤー。CDP-553ESDの後
継機として,価格は抑えながら,Gシャーシの採用など,各部に強化
が施された,当時のソニーCDプレーヤーの最上級機でした。

DP-9000のページへ
A&D DP-9000

1987年にA&Dが発売したCDプレーヤー。オーソドックスなデザインの
筐体の中に,しっかりと物量が投入されたA&DブランドのCDプレーヤー
第1号で,アカイの流れを汲むだけに,優れたメカニズム部を持った実力
機でした。

CDP-R10+DAS-R10のページへ
CDP-R10+DAS-R10のページへ
SONY CDP-R10,DAS-R10

1993年にソニーが発売したセパレート型CDプレーヤー。光学系固定方
式を初採用した民生機であり,その中身は,CDのオリジネーターであるソ
ニーならではの高度な内容を満載していました。

DP-S1+DA-S1のページへ
DENON DP-S1,DA-S1

1993年にデンオン(現デノン)が発売したセパレート型CDプレーヤー。デ
ンオンの歴史の中でも最高級機ともいえるCDプレーヤーで,物量をしっか
り投入した正攻法の作りは,デンオンらしいものでした。

DP-90,DC-91のページへ
Accuphase DP-90,DC-91

1992年にアキュフェーズが発売したセパレート型CDプレーヤー。アキュ
フェーズはCD第1号機よりセパレート型を発売し,その可能性を追求して
きたブランドでした。そのアキュフェーズが,同社のセパレート型1号機の
流れを汲むDP-80L,DC-81Lに代わるトップモデルとして発売したのが
DP-90,DC-91でした。

X-10Wのページへ
ESOTERIC X-10w

1995年にティアックがエソテリックブランドで発売した一体型CDプレーヤー。
ティアックはVRDSメカニズムをアメリカのワディア社に供給し,技術的にも交
流がありました。そんな中,両者の技術協力により出来上がったモデルがこの
X-10wでした。

CD-2000Wのページへ
YAMAHA CD-2000w

1985年にヤマハが発売したCDプレーヤー。当時の同社のトップモデ
ルで,前作のCD-1aと異なったシルバーパネルの優美なデザインもヤ
マハらしさを感じさせるものでした。

CDP-777ESJのページへ
SONY CDP-777ESJ

1992年にソニーが発売したCDプレーヤー。当時の「ESシリーズ」のトップモ
デルで,オーソドックスなトレイタイプのメカニズムを持つソニー製のCDプレー
ヤーとしては最終形ともなった1台でした。

DCD-S1のページへ
DENON DCD-S1

1994年にデンオン(現デノン)が発売したCDプレーヤー。前年に発売され
たDP-S1,DA-S1を一体化したともいえる内容を持ったCDプレーヤーで
しっかりと物量が投入された正攻法の1台でした。

CDX-2200のページへ
YAMAHA CDX-2200

1986年に,ヤマハが発売したCDプレーヤー。当時,主流のマルチビット
タイプのD/Aコンバーターの高精度化が競われていた中,トップグループを
走っていたヤマハが,自社開発の素子を始め,しっかりと技術を物量を投
入した中核機でした。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写真
を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注意く
ださい。
        
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる  

inserted by FC2 system