テープデッキのコーナー
                                        PART3
オープンリールから始まった国産テープデッキの歴史。それは
カセットデッキの時代になり世界一の水準に達したと言えるでし
ょう。何より,本来,会話記録用程度にしか考えられていなかっ
たカセットテープをハイファイ録音に使えるほどの性能に引き上
げたのは,国産メーカーのテープデッキたちでしょう。       
そんなテープデッキの名機,銘機を振り返ってみましょう。
取り上げた機種が多くなってきたので表示の時間等を考えて
3ページ目に入りました。ごゆっくりご覧ください。

DD-V9のページへ
Victor DD-V9

ビクターが1982年に発売した3ヘッドデッキ。当時各社が3ヘッドデッキのリバース化に取り
組んでいた時期で,ビクターも一連の3ヘッドデッキのシリーズのリバース化を実現して,発売
しました。DD-V9はその中の最上級機でした。

TC-800GLのページへ
YAMAHA TC-800GL
ヤマハが1976年に発売したカセットデッキ。外国人デザイナーによるスラントパネルの個性
的で美しいデザインが印象的な1台でしたが,中身もオーソドックスにしっかりと作られたデッ
キでした。

DR-750のページへ
DENON DR-750
1977年にデンオンが発売した高級デッキ。同社のオープンリールデッキのデザインイメー
ジを持った縦型のスタイルが一つの特徴でした。2ヘッドながら高性能を誇り,2ヘッドで
最高峰をめざした高級機でした。

PC-6030のページへ
Aurex PC-6030
1976年にオーレックス(東芝)が発売した高級デッキ。当時のオーレックスの最高級機
として当時の最新技術を投入されて発売されたデッキでした。縦型の筐体が特徴的です
が,2ヘッドで徹底して音質を追求した高性能デッキでした。

TA-9Xのページへ
ONKYO TA-9X
1981年にオンキョーが発売した高級デッキ。デッキの分野ではあまりメジャーとは
いえなかったオンキョーが突如発売した本格的3ヘッドデッキで,テープの走行精度
等,当時の最先端を行く内容を持って発売され,驚かされたものでした。

Nakamichi1000のページへ
Nakamichi 1000
1973年に中道研究所(現ナカミチ)が発売した超高級カセットデッキ。世界で初め
てカセットデッキの3ヘッド化を実現した画期的な1台で,ナカミチのその後の躍進
のスタートとなった1台でした。

D-4500のページへ
Lo-D D-4500
1973年にローディー(日立)が発売した高級カセットデッキ。ナカミチに続いてカセ
ットデッキの3ヘッド化を実現した名機として有名です。世界初のコンビネーション3
ヘッドを開発・搭載し,その後のカセットデッキの3ヘッド化の流れを大きく進めた画
期的な1台でした。

AD-F600のページへ
AIWA AD-F600
1980年にアイワが発売したカセットデッキ。1ウェイ,3ヘッド,と非常にオーソドックス
な作りのカセットデッキですが,アイワ初のデュアルキャプスタン採用機で,データ数値
以上にすぐれた走行性能を持った,隠れた名機的な1台でした。

PC-4280のページへ
Aurex PC-4280
1977年にオーレックスが発売した可搬型のカセットデッキ。生録(死語?)用途を
前提としたデッキで,独自の箱形スタイル,ナカミチ等に見られる完全独立型3ヘッ
ド搭載など,非常に特徴的な1台だったと思います。

GX-F95のページへ
AKAI GX-F95
1981年にアカイが発売した高級デッキ。3ヘッド,3モーターの贅沢なメカニズム系
を持ち,コンピュータによるオートチューニングの搭載など,最先端の内容を誇りまし
た。シーリングパネルを採用したすっきりしたデザインも魅力的でした。

5K50のページへ
LUXMAN 5K50
1978年にラックスが発売したカセットデッキ。アンプを中心に製品を展開していたラック
スが本格的にデッキの分野に進出し,発売した超高級カセットデッキ。走行系,アンプ系
など贅を尽くした作りは,ラックスらしいこだわりが感じられました。

RT-9のページへ
OPTONICA RT-9
オプトニカ(シャープ)が1979年に発売したカセットデッキ。「エレクトロニック・テープ・
プロセッサー」とシャープが称していたRT-9は,操作系により複雑な制御を可能とした
LSIを搭載していたことが大きな特徴で,自動選曲のために専用ヘッドを搭載している
など,個性的な1台でした。

680ZXのページへ
Nakamichi 680ZX
1979年にナカミチが発売したカセットデッキ。1000シリーズ,700シリーズの技術を
受け継ぎ,アジマスの自動調整機構を備えた高級機で,当時としては驚異的ともいえる
20kHzを超える高域性能を実現していた高性能デッキでした。

SD-930のページへ
MARANTZ SD-930
1983年に,マランツが発売したカセットデッキ。音質重視型の1ウェイ3ヘッドデッキで
ナカミチ以外で初めて(あるいは唯一)自動アジマス調整機構を搭載したデッキで,マラ
ンツの高いデッキ技術を示した記憶に残る,しかしレアな名機でした。

PC-X88ADのページへ
Aurex PC-X88AD
1980年にオーレックス(東芝)が発売したカセットデッキ。オーレックス自慢のアドレス
デッキで,しかもアドレスデッキ初の3ヘッドデッキでした。アンプ部とアドレスの性能の
良さか,すっきりとした繊細な音が魅力的な1台でした。

AD-F80のページへ
AIWA AD-F80
1978年にアイワが発売したカセットデッキ。早くからカセットデッキの分野で技術の高さ
を示し数多くの機種を送り出していたアイワの当時の最高機種としてオーソドックスに作
り上げられた3ヘッドデッキでした。2針式のアナログメーターがいま見てもかっこいい1台
だと思います。

TC-D5のページへ
SONY TC-D5
1978年にソニーが発売した可搬型カセットデッキ。「デンスケ」の商標で,可搬型デッキ
の分野で圧倒的な強さを発揮していたソニーが,それまでのものに比較して大幅な小型
化を実現するとともに,その小型の筐体で高性能な録・再性能を実現した名機でした。


AKAI GXC-570D
1975年にアカイが発売した,当時の同社の最高級カセットデッキ。既にGXヘッドによる
3ヘッド,デュアルキャプスタン方式など,同社の高級デッキの基本技術が搭載された高
性能デッキでした。水平型のデッキをそのまま立てたようなデザインも特徴的でした。

A-450のページへ
TEAC A-450
1972年にティアックが発売したカセットデッキ。水平型ながら,操作部を前面に配置
し,コンポーネントデッキとして,システムの中に位置づけて使うことを意識した設計が
特徴的でした。ドルビーNRを最も早く搭載したカセットデッキで,そのために高められ
た各部の性能は,当時の時代の水準を大きく超えた優れたものでした。

EL-7のページへ
SONY EL-7
1976年にソニーが発売したエルカセットデッキ。「オープンリールの音をカセットで」の
うたい文句で登場したエルカセットデッキの第1号機で,カセットの上位規格として開発
された技術は優れたものでしたが,種々の理由により普及するには至りませんでした。
しかし,カセットにはない余裕ある音はアナログテープデッキとして優れたものでした。


 
※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・著作権
等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写真を無断で転載
等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注意ください。        
  
   
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      
 

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp



 
 

メニューにもどる

inserted by FC2 system