セパレートアンプのコーナー
PART6


現在,セパレートアンプを出しているメーカーは限られて
いますが,かつて多くのメーカーが意欲作を発表し,魅
力的で個性的なモデルがたくさんあったのがこのセパレ
ートアンプ部門です。各メーカーが各々こだわりをもって
やりたいことをやったというものが数多く見られ,音の上
でもメーカーごとの特徴が最もよく表れていたかもしれま
せん。このコーナーもついに6ページ目に入りました。ど
うぞ,ごゆっくりご覧ください。




SY-Λ90のページへ
Aurex SY-Λ90

1982年に,オーレックス(東芝)が発売したプリアンプ。CDスタートのこの
年,同社はCDプレーヤーXR-Z90を発売し,そのシリーズ機種としてセパ
レートアンプをはじめとした「90シリーズ」を発売しました。その中のプリアン
プが,このSY-Λ90でした。


SC-Λ90Fのページへ
Aurex SC-Λ90F

1982年に,オーレックス(東芝)が発売したパワーアンプ。同社の「90シ
リーズ」のパワーアンプで,プリアンプSY-Λ90とペアを組むモデルでした。
すっきりとクリーンなイメージのデザインも印象的でした。


TA-E86のページへ
SONY TA-E86

1978年に,ソニーが発売したプリアンプ。上級機TA-E88の設計思想
や技術を受け継ぎつつ,回路や信号経路のシンプル化によって高音質
を実現しようとしたコストパフォーマンスの高いプリアンプでした。

TA-N86のページへ
SONY TA-N86

1978年に,ソニーが発売したパワーアンプ。TA-E86とのペアを想定さ
れたパワーアンプで,パルス電源ならではの薄型でシンプルな筐体が特徴
的な1台でした。

DMA-X1のページへ
STAX DMA-X1

1987年に,スタックスが発売したパワーアンプ。総重量90kg以上にも
及ぶ巨大なパワーアンプで,低インピーダンス負荷にもものともしない
強力な電源部を持つ超弩級機でした。

M-60のページへ
Accuphase M-60

1975年に,アキュフェーズ(当時はケンソニック)が発売したパワーアン
プ。アキュフェーズ初のモノラルタイプのパワーアンプで,当時の国産ア
ンプとして(海外を見ても)数少ない大出力アンプでした。

C-300のページへ
LUXMAN C-300

1980年に,ラックスが発売したコントロールアンプ。当時の同社のセパレー
トアンプとして,主力となる中級機クラスのコントロールアンプで,ラックスらし
いデザインの筐体に,機能と音質のバランスがとれた設計がこめられた1台
でした。

M-300のページへ
LUXMAN M-300

1980年に,ラックスが発売したパワーアンプ。型番から分かるようにC-300
とのペアを想定されたアンプで,ラックスらしい落ち着いたデザインの筐体の中
にしっかりと物量と技術が投入された同社の主力の中級機でした。

A-100のページへ
Accuphase A-100

1991年に,アキュフェーズが発売したモノラルパワーアンプ。アキュフェー
ズとしては,初のモノラルタイプのA級専用パワーアンプで,その後の同社
A級機の流れを作った1台でした。

C-6のページへ
YAMAHA C-6

1980年に,ヤマハが発売したコントロールアンプ。同社のセパレートアンプ
のエントリーモデル的存在で,比較的手ごろな価格ながら,多機能なコントロー
ルアンプに仕上げられていました。

PRA-2000のページへ
DENON PRA-2000

1979年に,デンオンが発売したプリアンプ。デンオンが1980年代に
向けて発売した中核機で,充実したフォノ入力系が備えられ,デンオン
らしさがあふれる1台でした。

POA-3000のページへ
DENON POA-3000

1979年に,デンオンが発売したパワーアンプ。PRA-2000とのペアを
想定したパワーアンプで,1980年代に向けて作り上げられた中核機で
モデルチェンジを受けながら,ロングセラーモデルとなりました。

PRA-6000のページへ
DENON PRA-6000

1982年に,デンオンが発売したプリアンプ。PRA-2000シリーズの技術を
継承しつつ,より贅沢に仕上げられた,最上級機でした。

POA-8000のページへ
DENON POA-8000

1981年に,デンオンが発売したパワーアンプ。モノラルの筐体を持つ
大型のパワーアンプで,技術的にも物量的にも贅沢に作られた,当時の
デンオンの最上級機でした。

JP-V1000のページへ
Victor JP-V1000

1975年に,ビクターが発売したコントロールアンプ。ビクターの高級
機シリーズ「ラボラトリーシリーズ」のコントロールアンプで,「1000」
の型番を持つ一連のシステムを成すビクターの意欲作でした。

JM-S1000のページへ
Victor JM-S1000

1975年に,ビクターが発売したパワーアンプ。業務用向けに特別開発
された高信頼度高性能をめざしたシステム「ラボラトリー1000シリーズ」
のパワーアンプで,堂々たる筐体と力強い音を誇る1台でした。

C-220のページへ
Accuphase C-220

1977年に,ケンソニック(現アキュフェーズ)が発売したプリアンプ。
フォノ入力専用として設計されたプリアンプで,機能を絞り,音質を
追求した設計は,比較的多機能なアンプの多いアキュフェーズの歴
史の中では珍しい1台でした。

TA-ER1のページへ
SONY TA-ER1

1991年に,ソニーが発売したプリアンプ。CD等のデジタルオーディ
オの時代となり,パワーアンプへのダイレクト接続など,プリアンプの
存在意義が問われはじめ中,ソニーから発売された高級プリアンプ
がTA-ER1でした。

TA-NR1のページへ
SONY TA-NR1

1989年に,ソニーが発売したパワーアンプ。ESPRITブランドの製品が
なくなって以来,久しぶりのソニー製の高級セパレートアンプの製品として
登場したのが,このTA-NR1でした。A級動作の大型のモノラル機という
思い切った高級機の登場は,当時驚きをもって迎えられました。

ME-1000のページへ
Victor ME-1000

1991年に,ビクターが発売したパワーアンプ。同社の実験的高級機
「ラボラトリーシリーズ」のパワーアンプで,歴代のパワーアンプの中で
も重量,規模とも超弩級といえる1台でした。



※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
 著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
 真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
 意ください。
         

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp



メニューにもどる
inserted by FC2 system