セパレートアンプのコーナー
PART8

現在,セパレートアンプを出しているメーカーは限られて
いますが,かつて多くのメーカーが意欲作を発表し,魅
力的で個性的なモデルがたくさんあったのがこのセパレ
ートアンプ部門です。各メーカーが各々こだわりをもって
やりたいことをやったというものが数多く見られ,音の上
でもメーカーごとの特徴が最もよく表れていたかもしれま
せん。このコーナーもついに8ページ目に入りました。ど
うぞ,ごゆっくりご覧ください。







SANSUI C-2105VINTAGE

1996年に,サンスイが発売したコントロールアンプ。外観はごく
シンプルな感じですが,内部は高品質パーツが多く投入され,価
格を超えた高度な内容をもった1台でした。


SANSUI B-2105 MOS VINTAGE

1996年に,サンスイが発売したパワーアンプ。同社が1988年に
発売した高級プリメインアンプAU-X1111MOS VINTAGEのパ
ワー部をもとにスタートしたパワーアンプのシリーズの最終型で,
その名の通り,MOS FETの魅力を発揮した1台でした。


YAMAHA C-4

1978年に,ヤマハが発売したコントロールアンプ。C-1,C-2
などの高級セパレートアンプでも独自性を示し,高い評価を得て
いた同社が,性能と機能のバランスがとれたコントロールアンプ
のエントリーモデルとして発売した1台でした。


YAMAHA B-4

1978年に,ヤマハが発売したパワーアンプ。B-4の型番が示すとおり
B-1,B-2,B-3に次ぐヤマハブランドのパワーアンプとして4号機で,
最もオーソドックスなエントリーモデル的1台でした。


STAX DMA-X2

1990年に,スタックスが発売したパワーアンプ。1987年発売の超弩級
パワーアンプDMA-X1に次ぐパワーアンプで,これもコンデンサー型ス
ピーカーを十分に駆動できるように設計された強力なパワーアンプとして
仕上げられていました。


Nakamichi410

1977年に,ナカミチが発売したプリアンプ。この頃,アンプの分野にも進出し
始めたナカミチのセパレートアンプとしては第2弾のシリーズのプリアンプで,
機能的にはシンプルながら,基本性能を追求し,すぐれた性能を実現した1
台でした。


Nakamichi420

1977年に,ナカミチが発売したパワーアンプ。ナカミチのセパレートアンプとし
ては第2弾のシリーズ「400シリーズ」のパワーアンプで,大出力よりも質を重視
した設計で,すぐれた特性と色づけの少ない音質を実現していました。


YAMAHA C-2

1976年に,ヤマハが発売したプリアンプ。薄型の筐体に機能はシンプルに
まとめつつ,高度なフォノ入力系を備えるなど,音質重視の設計ですぐれた
性能を実現した,ヤマハのアンプの評価を大きく高めた1台でした。


Victor P-2020

1977年に,ビクターが発売したプリアンプ。当時,ビクターはセパレートア
ンプのシリーズとして「3030シリーズ」を発売し,それに次いでより手頃な
価格のエントリーモデルとして「2020シリーズ」を発売しました。エントリー
モデルながら内容的にも機能的にもオーソドックスにしっかり仕上げられた
コストパフォーマンスにすぐれたプリアンプとなっていました。


Victor M-2020

1977年に,ビクターが発売したパワーアンプ。「2020シリーズ」のパワーア
ンプで,エントリーモデル的な存在ながら,しっかりした内容を持つ,コストパ
フォーマンスにすぐれたパワーアンプでした。


Nakamichi630

1977年に,ナカミチが発売したFMチューナー・プリアンプ。当時ナカミチが展
開していた「600シリーズ」の1つで,本格的なプリアンプにこちらも本格的な
FMチューナーが内蔵されているという珍しい形のコンポーネントでした。


Technics SU-9600

1974年に,テクニクスが発売したコントロールアンプ。テクニクスらしく
多機能と音質,使いやすさなどを兼ね備えたアンプでした。業務用機
を思わせる精悍なデザインもテクニクスらしい特徴でした。


Technics SE-9600

1974年に,テクニクスが発売したパワーアンプ。SU-9600とペアを
成すパワーアンプで,業務用機を思わせる精悍で力強いデザインと
理詰めの設計はテクニクスらしいものでした。


STAX CA-Y

1979年に,スタックスが発売したプリアンプ。薄型の筐体の中に,高品
質なパーツを投入し,独自のシャント電源を搭載するなど,機能的にシン
プルながら,高品位な音を実現した,同社のプリアンプ第2弾でした。


STAX DA-80

1976年に,スタックスが発売したパワーアンプ。同社のパワーアンプと
してはDA-300に続く2号機にあたり,純A級動作,強力な電源部など
スタックスのアンプの特徴をしっかり持った1台でした。


LUXMAN C-08

1994年に,ラックスが発売したコントロールアンプ。ラックスが創業70周
年を迎えるにあたって,開発・発売したコントロールアンプで,音の面でも
新しい方向性が見られた1台でした。


LUXMAN M-08

1994年に,ラックスが発売したパワーアンプ。C-08とのペアを想定した
パワーアンプで,しっかりと物量が投入された正攻法の設計で,音の面で
もC-08同様に新しい方向性が示されていました。


Accuphase C-280L

1987年に,アキュフェーズが発売したプリアンプ。1982年に発売した
C-280は,そのすぐれた性能で高い評価を得ていました。そして約4年半
ぶりにモデルチェンジされ,登場したのがC-280Lでした。


Accuphase P-500

1985年にアキュフェーズが発売したパワーアンプ。アキュフェーズは製
品化第1号のパワーアンプP-300から伝統で,大出力のパワーアンプ
を製品として発売していました。そうした系譜の中,当時の同社のパワー」
アンプの中核的な1台であったのがP-500でした。


EXCLUSOVE M3

1973年に,パイオニアがエクスクルーシブブランドで発売したパワーアンプ。
パイオニアがこの年,高級機専門のブランドとして立ち上げたエクスクルーシブ
ブランドの第1号のパワーアンプとして発売されたのがM3でした。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
 著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
 真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
 意ください。
         
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp




メニューにもどる
inserted by FC2 system